オルタナティブ・ブログ > 点をつなぐ >

触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

「準備」をするための大切なものは「想像力」

»

昨日『「ほこ×たて」と「イッテQ」の違いに学ぶ「準備」の重要性』
という記事をアップしました。
この「準備」をするために何が大切かを考えてみました。

何かをするにあたって、準備をするために大切なものは、
あらゆる事態を想定できる想像力だと思います。
そして、その想像力の基盤の一つが、自分がやってきた経験です。
できるだけ多様で幅広い経験をすることが大事です。

ただ、経験してきただけではダメで、
その経験のどこがよかったのか、どこがわるかったのか
その経験から何を学んだのかをきちんと考察しておくことが重要です。
ここで、自分の過去を振り返ってまとめるという
「自分史」の視点が活用できます。

もちろん、自分が経験できることは限られているので、
読書などで幅広い知識を得たり、
それでも足りないところをリサーチできる能力も
想像力の基盤の一つとして重要になります。

そして、多様な経験をしたり、知識を得たり、
リサーチしたりするための推進力となるのが、
旺盛な好奇心だと思っています。

年をとると、ある程度知識が増えるので、好奇心を失いがちですが、
いつまでも好奇心を失わず、幅広くいろいろなことを経験し、
読書やリサーチをすることで、
想像力を磨いていけたらと思っています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する