オルタナティブ・ブログ > 点をつなぐ >

触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

私がセミナーで後ろのほうに座る理由

»

オルタナブロガーの大木豊成さんと田中淳子さんが、セミナーでは一番前のほうに座るという話をされていました。

セミナーではペースメーカーになろう:「走れ!プロジェクトマネージャー!」
セミナーでも研修でも社内の会議でも「前」に陣取る。:田中淳子の”大人の学び”支援隊!

自己啓発書やビジネス書でも、たいてい一番前に座ることが推奨されています。それで一番前に座るメリットはわかっているつもりですが、それでも私は小学校の教室で授業を聞いていたころから、できるだけ後ろのほうに座る派です。

なぜ後ろのほうに座るかというと、一つは生理的な問題で、自分の見えない背後に人がいるのが落ち着かないということです。あとは、教室全体の雰囲気を把握できて、ほかの人も観察しやすいということもあります。もちろん講義に集中することも大事ですが、個人的には人を観察することが面白いので。

後ろのほうに座ると、たまに聞きにくいこともありますが、たいていは問題ないし、問題があるとしたら運営側の問題です。今まで後ろのほうに座っていて、特にデメリットを感じたことはありません。

これは大木さんや田中さんへの反論というわけではなく、感じ方や考え方は人それぞれなので、本や他の人の意見などを参考にしながらも、自分で感じて、自分の頭で考えて、自分にあったやり方をすればいいのではないかということです。他の方のセミナーの受け方についても、話を聞いてみたいですね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する