オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

VGAポート終了のお知らせ

»

先日の話になりますが、AMD、Dell、Intel、Lenovo、Samsung Electronics LCD Business、LG Displayは、DisplayPortやHDMIをパソコンに採用することを促進すると共同発表しました。これに伴い、VGA、DVI、ノートPCの内蔵パネルに使われるLVDSは、2015年までに段階的に撤廃される方向です。

プレスリリース:

Leading PC Companies Move to All Digital Display Technology, Phasing out Analog

PC/AT互換機の時代に標準的だった入出力端子の中で、ATキーボード・コネクタは早い時期にPS/2キーボード・コネクタに交代しました。ほぼ同時期に、マウスはシリアルポートではなくPS/2マウス・コネクタに接続するようになりました。さらにUSBが普及するにつれて、シリアル・ポート、パラレル・ポート、さらにPS/2ポートがなくなりました。通信関係では、モデム・ポート(RJ-11)が使われなくなって、代わりにイーサネット・ポート(RJ-45)が標準装備になりました。

旧世代の最後の生き残りが、VGAポート(ミニD-Sub 15ピン・コネクタ)です。一時期はDVI-DがVGAに取って代わるかと思われましたが、今ひとつ普及していません。今回DVIも同時に廃止ということで、ミニD-Sub 15ピン・コネクタは、最後まで王座を守りつつの引退になりそうです。

コンシューマ向けノートパソコンではVGAに加えてHDMIを装備している機種が増えてきています。完全廃止までまだ時間がありますし、アダプタで変換可能とは言え、ミニD-Sub 15ピン・コネクタしか付いていないノートパソコン、モニター、プロジェクター等を購入する際は、2015年問題を頭の隅に置いて決めていくことになるでしょう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する