オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

Google Data APIを18分20秒で理解する動画

»

先日の株式会社キャッチボール・トゥエンティワン・インターネット・コンサルティング主催「第5回CMSビズ」でGoogleの方のプレゼンを聴いて以来、Google Data APIが気になっています。

ネットをいろいろ探していたら、短時間でGoogle Data APIの概要を説明するビデオを見つけました。

まず1本目です。これでGoogle Data APIがどんなものか、雰囲気をつかむことができました。

「Google Data のご紹介」12分19秒

続いて2本目です。

「Spreadsheets API をクラウドなデータベースとして利用する方法」6分1秒

こちらのビデオでは実際にプログラムを作って、Python経由でGoogle Spreadsheetsを操作する様子をデモしています。外部プログラムからスプレッドシートを操作できると、ちょっとしたデータベース代わりに使えて、応用範囲が広がります。このデモではPythonを使っていますが、他の言語からAPIを利用することができるようです。サイボウズ「デヂエ」のようなWebアプリケーションを簡単に作れそうです。

マイクロソフトのExcelはデータがファイルの単位で存在するため、複数の利用者が最新のデータを共有することが難しかったです。Google Spreadsheets APIで新しい使い方が出てきたと思います。

残念ながら私はPHP等のプログラム言語を知らないので、実際に試してみることができません。私がメインで手がけているSugarCRMやNetCommonsはPHPで書かれています。そろそろPHPをまじめに勉強する時期が来たのかもしれません。

3月11日追記:

Googleは、企業向けにサードパーティーのビジネスアプリを販売するオンラインストア「Google Apps Marketplace」を発表したとのことです。Google Data APIを使ったアプリケーションを開発して、オンラインで世界中に売ることができますね。ビジネスチャンスです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する