オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

続:こんな時、何を使って作るか?

»

こんな時、何を使って作るか?」で「理想は、Accessがブラウザ上で動くことです。データをクラウドのSQL Azureに置いて、ブラウザで動くAccessで簡単にアプリケーションを作れるようになるといいですね。」と書きました。

イノベーションの新時代を読む」でご紹介したM・S・クリシュナンとC・K・プラハラード共著の「イノベーションの新時代」の中で、ウェブアプリケーションの開発プラットフォームとして「コグヘッド(Coghead)」が挙げられています。この本を読んだ感じでは、どうやらこれがブラウザ版Accessに近いようです。

「そろそろ日本に上陸してくるかな~」と期待してWebで調べてみたところ……残念ながら会社がなくなっていました。

こちらの記事によると、この分野は「Online Access(MS Accessのオンライン版)」と呼ばれるようです。Cogheadは2006年10月頃から注目されていました。2008年1月にはCoghead 2.0をリリースして、Amazonのクラウドサービス「Elastic Compute Cloud (EC2) 」上で、5ユーザーまで月額49ドルのサービスを提供していたようです。

しかし、2009年2月にSAPがCogheadの知的財産を買い取って、操業停止になっていました。すでにCogheadのWebサイト(http://www.coghead.com/)も消えています。

2008年秋以降の不況で経営が厳しくなったのか、将来は有望とみてSAPが買収したのか、詳細は不明です。いずれにしてもこのようなサービスを自分のアプリケーションを作りたいユーザが使えなくなったのは残念です。

こうなると、やはりマイクロソフトにMS Online Access for Azureをリリースして欲しいところです。砂金さん、よろしくお願いします

Comment(2)

コメント

最近、サイボウズのデヂエがちょっと見直されてるらしいすですね。あと、Salesforceも「ちょっと賢いAccess、でも覚えればAccessより簡単」にカスタマイズできるとあるSIerの人から聞きました。

テクネコ

jniinoさん、
私の印象では、サイボウズ デヂエはよいですよ。表形式のデータをブラウザで複数ユーザで共有して一覧と詳細の表示を切り替えて使う感じですね。いわゆるカード型データベース。

複数ユーザでWebブラウザで使えるところが、エクセルのファイル共有と違います。

多対1のリレーションは作れる(例 顧客データに担当社員コードを埋め込んで社員テーブルから名前を選択)はできますが、多対多の本格的なリレーショナル(例 1件の顧客データに複数の購入商品データが関連付くイメージ)はできないみたいです。このへんはEXCELのVLOOKUPと同等ということで。

レポート機能で日本的な凝った帳票が作れるようになることを期待です。

コメントを投稿する