オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

気になるアイテム【どこでもWi-Fi】

»

2月19日に、ウィルコムから「どこでもWi-Fi(WS023BF)」が発売されます。

ウィルコムのWebサイトでは、利用方法としてどこでもWi-Fiとゲーム機の組み合わせが紹介されています。ゲーム機専用の周辺機器のようにも見えますが、実は、どこでもWi-Fiの正体は、IEEE 802.11b/g準拠の無線LANルーターです。当然ながら、802.11b/g準拠の無線LAN機能を持ったノートパソコンと組み合わせて、無線LANの親機として使えます。他にも、iPod touchなど、IEEE 802.11b/gの無線LANモジュールを内蔵している機器からインターネットを利用できます。

一般の無線LANルーターは、WAN側がADSLや光ケーブルです。どこでもWi-Fiは、WAN側がウィルコムのPHSになっている所がポイントです。さらに、電源に三洋電機の充電池「eneloop」を採用していて、電源のない所でも使えます。

どこでもWi-Fiをゲーム機で使うだけではもったいないです。実用的な利用方法を考えてみます。

ある会社で実際にあったことですが、オフィスを引っ越しした直後に、社内LANの工事が間に合わなくてしばらく使えなかったそうです。幸い、この会社は全員がノートパソコンとイーモバイルの通信カードを持っていたため、自席から社外に接続して急場をしのいだそうです。こんな時にどこでもWi-Fiがあれば、便利かもしれません。

他にも、電源が使えない場所での利用シーンとして、

  • 工事現場などの仮設事務所で使う。
  • オフィスが停電した時に使う。
  • フリーマーケットに出店する時に使う。
  • 運動会の本部テントで使う。
  • 公園でバーベキューをする時に使う。

など、いろいろな使い方が考えられるのではないでしょうか。

なお、ノートパソコンを持っているなら、通信カードを直接差して使えば同じだろ、という突っ込みはナシでお願いしますね。

Comment(2)

コメント

> なお、ノートパソコンを持っているなら、
> 通信カードを直接差して使えば同じだろ、
> という突っ込みはナシでお願いしますね。

いや、複数の人が同時にネットに出られるという意義は大きいと思います。
たとえば、無線LANを提供していない喫茶店などで、取引先の人と打合せするような場面で、
もし複数の出席者がノートPCを持っていたとして、
それぞれが臨時にネットに出て、お互い見せたいページを参照することができるわけです。
これは便利です!

あと、臨時にファイル共有もできるのかなあ?
即座にLAN経由でファイルを渡せれば便利ですよね。

ファイル共有はセキュリティ的に問題あるだろ、
そもそもうちの会社はPC持ち出し禁止なんだよ、
だいいち260gもあるもの常時持ち歩いちゃいられねえだろ、
という突っ込みはナシでお願いしますね。

テクネコ

通信カードを使ったルータは他の会社からも出ていますが、バッテリーで動作するのは「どこでもWi-Fi」だけですね。
ファイル共有の件は、あの人が詳しいと思われます。
いろいろおもしろい使い方ができそうです。
手持ちのSIMカードを差し替えて使えるのかなあ。できるとさらに便利ですね。

コメントを投稿する