オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

「あきこ姉ちゃん」自身のメリット。

»

昨日(2016年6月28日火曜日)、「あちこちで、デビューしている新人さんっぽい人を見ますなぁ」という内容のエントリーを書いたが、今日は「あきこ姉ちゃん」のほうに向けてみたい。

たとえば、JR西明石駅で、トレーニング中の新米駅員さんの後ろにずっと立っていたトレーナーと思える先輩(新米さんも先輩さんもどちらも女性だった)、手にチェックリストのようなものを持っていた。(挟むタイプのバインダー、を持っていたので、チェックリストそのものが見えたわけではないのだが、新人の動きに合わせて何やら書き込んでいたので、おそらくチェックをつけていたのだろうと想像する。)

「お客様のご要望を復唱したか?」
「笑顔で応じたか?」
「●秒以上お待たせしたら、"お待たせいたしました"と言ったか?」

なんてことが書いてあるんじゃないかと思う。

このチェックをしているトレーナー側の「あきこ姉ちゃん」は、新人のチェックをしていながら、自分のふりかえりにもなっているはずである。

『あ、私、時々、笑顔じゃなくなっていることあるかも』
『●秒以上お待たせしたら、"お待たせいたしました"って、言ってるかな。言ってるな、大丈夫!』

などと、心ある「あきこ姉ちゃん」であれば、新人を見ていると同時に自問自答し、自らのふりかえりも行っているに違いない。

どこで出会う「あきこ姉ちゃん」も、キリッとした表情をしている。

この「キリっとした顔」というのもまた大事なポイントだ。

「先輩になったのだ」
「後輩の指導をするのだ」
「先輩らしく振る舞わねば」

こういう思いがまた人を成長させるのだと思う。

あきこ姉ちゃんは、さらにさらに「姉ちゃん」になるのである。(もちろん、兄ちゃんでも同じことである)

Comment(1)

コメント

かおん

立場が上になればなるほど他人から指導が入る事が減っていきますよね。
課長、部長、支社長ともなると直接部下を教育するという機会が無くなると思います。
そうなるとどうしても今までの経験の積み重ねから我流になる事って多いと思います。

こうやって自分自身をチェックする機会欲しいですよね。
上役の方は嫌がると思いますが、たまには皺くちゃになったスーツにアイロン掛けた方が良いですもんね。

コメントを投稿する