オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

All you need is Love♪

»

昨日12月17日(木)を持ちまして、私の年内出社日は終了いたしました。といっても、仕事を納めたわけではなく、来週はずーっと出張なのでありまして、出張といっても都内だったりするのですけれど、まあ、そのぉ、このぉ、会社には行かないのであります。(たぶん。戻ってこいと言われることもなさげだし....

2015年1月からすごーく猛スピードで駆け抜けた1年があとちょっとで終わろうとしており、とりあえず、生きててよかった(自分が)と思っています。

会社のほうの仕事と共に、執筆活動も「連載もの」に関しては、先日、年内最後の回が終わりました。

@IT自分戦略研究所 「言葉のチカラ」です。

2年前、このお話を頂戴した時は、「2年くらい続けばいいなぁ」と呟いていた様子ですが(FBの「過去を振り返るコーナー」で思い出す)、なんと3年目に入りました。
お蔭さまです。ありがとうございます。

この連載は、色々疲れている、悩んでいる、自分よりは若い世代に、私がこれまでに聞いた、あるいはかけられた言葉をモチーフに「応援歌」的なエッセイができないか?という編集者さまのお声掛けからスタートし、私としては、甥っ子(現在6歳、年長)が、成人し、社会の荒波にもまれまくり、心折れそうな時、その時でもネットにこのコラムが生き残っていたら、「おお、今は死んでしまったおばちゃんが、こんなメッセージを残してくれたのか」と思ってくれるようなものを書いていこう、と具体的なイメージを持ちながら、来し方振り返りつつしたためているものであります。

甥っ子が成人したら、「今は亡きおばちゃん」って、私は、66歳くらいなはずなので、まだ生きているかも知れませんが、ま、何はともあれ、そんな気持ちでペンを持っています。実際には、キーボードをたたいているのですけれど。

Tweetを拝見すると、異論反論ももちろんたくさんあるの一方で、「これで、気が楽になった」という声もまた多く頂戴し、それなりに誰かの役に立てているのかなと思ったりしています。

人は誰かの役に立つこと、つまり、貢献がとても重要な大きな生きる力なんだ、みたいなことをたしかアドラー心理学では言っていたような気がします・・・。どこかに誰かが私の書いたものを見て、ちょっと気持ちがなごんだりするのであれば、もうそれだけで本当に嬉しく、なので、来年も頑張っていろいろなことを思い出し、色々な方とお話しながら、ネタ集めに邁進しようと思います。

今年も1年、「言葉のチカラ」をお読みいただき、ありがとうごじざいました。

=========================================

第25回 「良い仕事をするために必要なたった一つのもの

編集者さんが、「これは、All you need is Love♪だぜ」とおっしゃるので、このブログエントリーのタイトルに据えました。


Comment(1)

コメント

hera

3年間お疲れ様です。
このページ、コミュニケーションの良いお手本の一つとしてプロジェクトであう若手に紹介しています。

笑える話ですが、書籍購入まで勧めるのですが、
購入までする若手はお客様からも、高評価。
私もそんな彼らに負けずと。大変と思いますが楽しみにしています。

コメントを投稿する