オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

電車で席を譲られそうになった、件。

»

秋のシルバーウィークを堪能し、最終日に関西出張があり、平日の2日間は関西で仕事でしたが、新幹線に乗るというだけで楽しい気分になってしまうこともあり、仕事しつつもシルバーウィークがずっと続いているような感覚に陥りそうでした。


さて、今日はとてもびっくりな経験をしました。

渋谷で、井の頭線に乗りました。すべての席が埋まっていて、各車両、数人がつり革につかまっている程度の状況です。

どこに立とうかなぁー、と奥へ奥へと進んだら、そこは、優先席でした。

「ここでいいわ」とつり革をつかみ、持っていた本を読み始めようとすると、目の前に座っている、私よりちょっと年長に見える女性が立ち上がろうとしました。それも、私のほうをちらちらと見ながら。

彼女は立ち上がる前に隣に座っている小学5-6年生くらいの男の子と楽しそうに会話しており、お孫さんのように見えました。立ちあがったのはその男児ではなく、女性の方です。

腰を浮かせ、私に向かって、「どうぞ」とおっしゃるので、

私は、頭の中に「?????」が大量発生しました。

「え?えっと、わたし、ですか?」

と思わず訊いてしまいました。

「ええ」

と彼女は言い、「席、明けた方がよろしいですか?」とまで尋ねるので、さらに「???????」となってしまったのです。

●選択肢① 妊婦に見えた (まさかー)
●選択肢② 高齢者に見えた (ないことはないかも知れない)
●選択肢③ 怪我をしているように見えた (軽やかに歩いていたつもり)
●選択肢④ 体調不良に見えた (軽やかに歩いていたつもり)

・・・何だろう?

「えっとー、私、大丈夫ですよ」

と答えると、

「あ、あの、この子がこの席に座っていていいって言うもんですから、いいのかな、と思ったのですが、わたし、日本に帰ってきたばかりで、この席に座っていていいのか悪いのか、分からなくて」

・・・と謎の言い訳までされました。

むー、なんだろう?

海外暮らしの長かった女性が帰国して、お孫さん(と思しき小学生)とお出かけ。

「優先席となっているけど、座っていいんだよ、と男児に言われたので掛けていたが、私が目の前にどーんと立ったため、座りたいのかと思い、慌てて立ち上がろうとした」?

そういうこと?

・・・解せない、解せない、解せない。

そんなこんなで、今宵は中秋の名月。

満月の夜は、色々あるんでしょうかね。


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する