オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

結婚する前はあんなに話したかったのに、結婚すると「聴いているフリ」をするのはなぜだろう?(笑

»

恋愛と結婚は、必ずしも結びつかず、恋愛は恋愛で終わってしまうケースもありますが、まあ、なんとか結婚まで漕ぎつけようと思えば、まずは、恋愛があるわけですね。

恋愛は、古くから、「変しい変しいあのお方」と言われるように、ウソです、「恋しい恋しい」と書くように、恋焦がれてみたりして、何とか相手に触れたい。触れられないなら、せめて顔を見たい。でもできれば、会話したい。

話したい!

あ、そうだ。電話でもいい、声を聴きたい!

叶うなら、やはり逢って話したい‼ ・・・・なんてことで、シンデレラエクスプレス(古いな)なんてものも流行ったりするわけです。

話したい、話したい。
声聴きたい・・・。

そうやってやっとの想いで結婚したものの、なぜか、夫婦になると、「会話」の優先度、ぐーんと下がりますね。

コミュニケーション関連の研修には、必ず「傾聴」「共感」という話が出てきて、ロールプレイなどで演習もします。ふりかえりで「ああ、ちゃんと聴けた」とか「共感がうまくできなかった」とかいろんな声が挙がるわけですが、その流れで必ずと言っていいほど男性が口にするのは、「これ、仕事場じゃなくて、嫁に使えそう」「まずは、奥さんにこれを使わなければ」「妻にいつも叱られるんですよね、聴いてないって」・・・という「夫婦でも使えるぞ」問題です。

あんなに恋焦がれたのに、結婚すると、「聴いているフリ」になっちゃうんですよね。

いつも、面白いなぁ、と思いながら、こういう反省を聴いています。

反省した方の一部は、自宅に帰ってさっそく試してみます。

普段は、スポーツニュース見たり、スマホいじったりして、妻の話なんか空返事しているのに、
研修で反省した流れで、実践してみるわけです。

手を止めて、妻のほうに身体も向け、「ふむふむ」「なるほど」と受容的に聴く・・・。

3分もしない内に、こう言われます。

「あなた、何か悪いことでもしたの?」
「あなた、何か隠していることあるんじゃないの?」

・・・・アワアワアワアワワワワワ。


妻の勘は鋭い。異変に気付く。

この時、「あ、えっとぉー、研修で習って、それで実践してみようかなと・・・ぶつぶつ」と言い訳すると、

「ふーん、なるほどね」

となり、場合によっては、

「どんな研修なの?教えて!」

となり、そこから夫婦の会話が盛り上がる、ということもあるようです。

これまで何百人何千人という男性が、似たようなことをおっしゃるので、日本の夫婦の典型は、まあだいたいそんな感じなのでしょう。ふふふ。

なにはともあれ、世の「夫」な皆様、頑張ってください!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する