オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

松尾睦先生監修の新刊『OJT完全マニュアル』(ダイヤモンド社)に協力しました!

»

本日(3/13)発売・・らしい、松尾睦先生監修の新刊『OJT完全マニュアル---部下を成長させる仕事術』(ダイヤモンド社)に、実践事例の提供という形で協力しました。
「OJT」は私のライフワークなので、こういう本が出たのはとても嬉しいことですし、そこに自分が関われたことも大変光栄なことでございます。ありがたいことに、「あとがき」には私の名前を入れていただきまして、これまた非常に嬉しい出来事です。

さらに嬉しかったことは、私の名前の次に博報堂の白井さんのお名前を発見したことです。

白井さんと言えば、「OJT」界では有名人で( 「OJT界」ってのがどこにあるのかはまあおいといて)、以前からその著書を読んでは直接お話しを伺う機会がないかなぁーと念じていたら、先日、HR系のイベントでやっと白井さんの「OJT」に関するプレゼンを拝聴する機会を得ることができました。博報堂のOJTの取組みは本でも予習はしてありましたが、直接生の声で聴くとあらたに「なるほど」と思うことも多く、また、博報堂で使っているOJTトレーナー用のテキストやハンドブック(すべてオリジナル)を見せていただき、そのあまりの素晴らしさにしばし呆然としたものでした。さすが博報堂の作るものはデザインから何から全然違う!と。

白井さんは、ご自分のことを「世間では、OJTのオタクと呼ばれていますが、それは違います。ボクは、"OJTのヘンタイ"です」と自己紹介なさっていて、そのヘンタイぶりは、見せていただいた資料からもうかがい知ることができるものでありました。

で、今回発売される松尾先生の『OJT完全マニュアル』には白井さんも関わっていらして、だから「あとがき」に謝辞が載っているのですね。私と白井さんの名前が並んで記載されていているなんて、もう光栄の行ったり来たり。(←「昭和」なこの表現、ご存じでしょうか?)

まだ本が手元に届いておらず、中身を拝見していないのですが(ほんの数ページだけゲラで見せていただいただけで)、私が提供した「現場の事例」があちこちに散りばめられているのかなぁー、いや、ちょこっと登場するのかなぁーと楽しみにしております。

「OJT界」とその周辺にお住まいのみなさま、ぜひぜひ、松尾先生監修のこの『OJT完全マニュアル』、お手にとってみてくださいませ。
読了してから、また感想をここでお知らせしたいと思っております。

===================================

【松尾先生の『「経験学習」入門』と白井さんの『「自分ごと」だと人は育つ』は共にHRアワードを受賞しています。】

     

【私のOJT本も是非読んでくださいね! (ベストセラーではなくロングセラーなのがジマンです。笑)】
※サブタイトル的に「ITマネジャーの」と入っていますが、中身は全然ITに関係ありません。業界問わずに「若手育成」の現場で拾い集めた実践例と解説で出来ています(左)
※右の青い本は、「はじめて後輩を持った2-30代の方」が気がるに読めるエッセイということで出版したものです。

 




Comment(0)

コメント

コメントを投稿する