オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

起業する方には特別なパッションがあるのだなぁ。

»

夕べ、知人を介して30代で起業し20年近くご自分でビジネスをなさっている女性とお会いした。

凄いエネルギー。

「会社員のなり方がわからなかった。
でも、
社長のなり方ならわかっていた」

だから、最初から起業を目指して、10年ほどは会社員を体験されたという。
社長になるために必要なことを会社員としてがむしゃらに体験していったそうだ。

やりたいことが溢れ出て、それを形にするために会社をおこして、次々実現しているとおっしゃる。


もちろん順風満帆ではなく、当然苦労もたくさんなさっているのだけれど、それでも、
「会社員には戻れない!」
とおっしゃっていた。

そうなのかーと目からウロコだったのは、
「会社員にはなれないが、社長にはなれるとずっと確信していた」
という言葉。

一般的には逆だろう。
「社長にはなれないが、会社員にはなれる」

・・・・。これなら、大勢が言いそうだ。私もその一人だ。

「会社員」より「社長」になるイメージなら強く持てる。

20代ですでにそう考えていたというのは、なんというエナジー。

仕事とは、Callingともいうんだよ、と内田樹さんがブログに書かれていたが、まさに彼女にとって「会社経営」はCallingなんだろう。

刺激的で楽しい夜であった。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する