オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

ハンカチが大きくなり、バッグもまた大きくなった。

»

いつの頃からか、お店でバッグを見ていると、店員さんがこう言うようになった。

「これ、A4入りますよ!」

「これ、A4入りますよ!」というのは、「働く女性」に対するメッセージの象徴のようなものだった。あれからたぶん、20年ちょっと経ち、最近、ふと気づく。

「これ、A4入りますよ!」といちいち言われなくなった。

どのバッグも基本的に大きくなり、A4が入るのは当たり前になったからというのが理由じゃないかと思う。もちろん、以前として小さいバッグは小さいバッグであるけれど、それは、別に書類を入れるために使うわけではないから。用途が違うから小さいものは小さいものでいいのだ。

似たように大きさが変化したものにハンカチがある。

女性用のハンカチといえば、「これで何を拭けというのか」と思うような、15㎝角くらいのものも多かった。代表的なものは、「スワトウ」のレースだろう。

あれ、手を拭くわけでもなく、きっと、「見せハンカチ」だったのだろうなぁ。

「これ、大きめに作ってありますよ」・・きっと20年くらい前はそう言わていたと思う。

女性のハンカチも、この20年間、どんどん、巨大化している。たぶん、今では30㎝角くらいのものも多々あるはず。私も男性用よりも大判のハンカチを何枚か持っている。

それに、ハンカチでは用が足りないので、タオルハンカチ(25㎝角、おしぼりサイズ)も毎日持ち歩いている。

戦後強くなったのは、靴下と女性だ。
均等法以降大きくなったのは、ハンカチとバッグである。

バッグ売り場で店員さんから「これ、A4入りますよ!」とわざわざ言われなくなったことがは、「女性が働くのはもはや当たり前になった」ことの一つの象徴なんじゃないか、と思ったりする。

Comment(4)

コメント

かもちゃん

この話は男性用でも同じでした。もう昔話になっちゃうんですね(笑)

昔はカバンの内寸表示は、B5が縦2列で入りますとか、B5ファイルサイズが……という表示でしたが、徐々にA4とB5が併記になり、最近はA4サイズやA4ファイルサイズだけになりました。
最近はA4が入るというより、「XXインチのノートPCが入ります」という表示が増えた気もします。

そういえば、昔のカバンにはケータイポケットもありませんでした。
今後は5インチ対応スマホポケットとか、kindle用の電子書籍ポケットが付くんでしょうか?

人間の身体のサイズは変わってないのに、持つ物が増えたり、持つ物が大きくなって、辛くなってきた気がします。これは歳とともに体力が落ちたせいもあるのでしょうけど(^^;

Ifreeta

iPad が日本発売された時にバッグを変えたのですが、ほど良い大きさのバッグで欲しいものがない状態ですね。車で通勤しているので、バッグの重量は関係ないのですが程よいものが欲しいです。

TanakaJunko

かもちゃんさん:男性用も「A4」を強調された時代があるんですね。ほぉ。持ち物がどんどん増えますよね。あと充電器とか!w

TanakaJunko

Ifreetaさん:スマホとかタブレットとかPCとか大きさにもバリエーションがあるので、バッグも、バッグのポケットもさらに多様化しそうですね。

コメントを投稿する