オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

3年生から就職活動に時間を取られるよりも、鳥人間コンテストに青春を掛けられるような学生時代を送らせてあげたいと真剣に思った。

»

まだやっているんですねぇ。というか、ずっとやっていたのですねぇ、鳥人間コンテスト。 記録もスゴイことになっているのですね。 ちらっとしか見ませんでしたが。

こういうことしようと思ったら、かなりの時間を「鳥人間」のために費やさねばならないでしょう。スゴイ研究、実験、練習、訓練・・・あるんだろうな。

毎日体力消耗しそうなほどの酷暑の中、黒いリクルートスーツ来ている学生を見かけるので、なんとなく、学生というと就職活動している存在というイメージまで持つようになってしまいました。(オフィス街で見かける学生が黒い服しか着ていないからなんですが)

でも、学生は、勉強したり、鳥人間コンテストに挑戦したり、アルバイトしたり、何やらくだらないことに取り組んだりしているものではなかったのかしら、とふと。

学生の就職事情にはあまり詳しくないのですが、私が入社した86年ごろと比べたら、もううんと大変な状況になっていることはよくわかります。

就職が4年生の夏からの半年くらいで決着が付き、そこまでの3年半は学生時代というか青春時代を十二分に満喫させてあげたいものです。

国や企業がそろって決意し、ガンバらないと就職事情、改善されないのかなぁ・・。

鳥人間に挑戦できるような、そんな学生時代を送らせてあげたい。 飛行機の飛ぶ姿を追う真剣なまなざしを見ているとそう思いました。さて、私にできることは何だろう?




Comment(2)

コメント

kitakaze

私、出場したことありますよ!
まさに寝食を忘れてひたすら飛行機作ってました。
就職活動の面接の時、当時それなりにメジャーな番組だったこともあって鳥コンの話をすると受けが良かったですね。
大学の学科も航空系だったので就職活動にはいいアピールポイントとして使えました。

超就職難の今、焦る学生の気持ちもわかりますが、やはり「今まで何をやっていたか」を自分で語れるネタがないと差別化は難しいですよね。
そういう意味でもおっしゃるように何かに没頭できる時間と環境を作ってもらいたいです。

TanakaJunko

kitakazeさん:うわうわうわ。こんなところにリアル出場者が!! 腰抜かしそうに驚きました。で、寝食忘れないと出来ないことですよね。 「今まで何していたか」「何に没頭したか」は、就職だけでなく、何か先に進むために大事な気がします。 (とエラそうに言いつつ、私は学生時代、何もしなかったなあ、と今更ながらに反省・・)

コメントを投稿する