オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

「アルコール0の飲料をオフィスで飲んではいけない理由」を考えた

»

一年ほど前に、Twitterで”「アルコールフリーのビールもどき」は分類上、ソフトドリンクなのであれば、オフィスで仕事中に飲んでいてもいいのか?”とつぶやいたところ、10個くらいの反応があったことがあります。

●ダメ。だって、ビールに似ているもの 派
●OK。だって、ノンアルコールだもの 派

に見事に分かれました。

じゃあ、ここから発展して、未成年者が「アルコールフリービールもどきを飲んでいいのか?」と問うと、やはり、同様に2つに分かれるような気がします(この質問はしませんでしたが)。

あれは、オフィスで仕事中に飲んでいいのか?悪いのか?ずっと考えていましたが、そのうち、そのことも忘れました。

先週、電車の中で後ろに立っていた会社員風男性2人がこの議論をしていたのです。

「あれさー、仕事中に机に乗せて、飲んでていいわけ?」
「だめだろう?」
「え?いいんじゃねぇの」

と。(うう、会話に加わりたい!)

それをきっかけに、また、この疑問が頭にわらわらと増殖しまして、そして、ついに私なりの結論を出しました。

いきますよ!

★「アルコールフリービールもどきを仕事中、オフィスで飲んではいけない!」

です。

ソフトドリンクのカテゴリだから、ビールもどきであっても、コーラと同じようなもんじゃないか、社則で禁止されていないじゃないか、という言い分も成り立ちます。

が、理由は、

★「紛らわしいからダメ!」

です。

それを説明するのに、とてもわかりやすい言葉を思い出しました。

李下に冠をたださず。 瓜田に履をいれず

「疑われるようなことはするな!」という意味ですね。

ノンアルコールだからビール風だけど、ソフトドリンクと同じカテゴリだよね、は、飲む側の論理かもしれませんが、それを見た人が「あれ?ビールじゃないの?」「そうだよね」と気に掛けるとか、「あれは、違うんだって」といちいち解説したりとか、なんだか余計な手間がかかりますよね。

その他者の目に見えない「余計な手間」は、全部、不要な時間だと思うのです。

だったら、最初から「紛らわしいことするな!」です。

いろんな考えがあると思いますが、私は、「李下に冠をたださず。瓜田に履をいれず」だから「ダメ!」と自分で腹に落とすことができたので、これからは、誰かに訊かれても、堂々と自分の言葉で「ダメ」と答えたいと思います。(当社にそういう人間がいるわけではありません。キッパリ)

会津藩の教え
「ならぬことはならぬことです」というのがあるそうです。

社則、法律によらなくても、「なにがなんでもダメなもんはダメ」という領域だってあるはずですよね。

(ご意見あれば、お聞かせくださいませ)


Comment(14)

コメント

kitakaze

個人的には会社でわざわざ波風を立ててそんな物飲むような人は、間抜けだと思います。
自分で「私はお酒の味が一時も忘れられません。そりゃもう我慢できません。」って公言してるようなものでしょう。
会社で飲む是非云々より、そっちの方がおかしいだろう?と思ったりします。

開発側の意図も、みんなが楽しそうにお酒飲んでる場で一人だけウーロン茶は可哀そうだから気分だけでも何とかしてあげたいという場合や、お酒は好きだけど体が受け付けないという人の為だと思いますし。
お酒は労働の後の楽しみに取っておいた方が有り難みもあるので、けじめ無しにダラダラ飲むのは逆に損してると思いますがあえて反論者となってみます。

見た目が紛らわしいのであれば、缶のデザインがいかにもコーラやコーヒーで一見分からないなら良いのか?とか。
名称もノンアルコールビールなんて名前が一般的ですが、これが「スパークリングモルツ」とかもっと清涼飲料水的な名前だったらどうなんだろう?とか。
もう屁理屈の言い合いになりそうな気がしますが。。。

「ダメなものはダメ」と一刀両断されてしまえばそれで議論は終わりですが、どうでしょうか?

僕はお酒が大好きなのと同時に、人と飲むのが好きなので、デスクで独りぼっちで「飲んでいるつもり」になるのは考えられないです。(笑)
であれば、とっとと仕事を終わらせて、早い時間から飲める場所で「ホンモノ」を飲みたいですね。
ということで「飲むならホンモノ」を「堂々と飲める場所」で飲むほうに一票です!

TanakaJunko

kitakazeさん:商品の位置づけが「お酒の席で呑むことを想定」なのですよね。(缶にそう書いてあるものもありますね)だから、やはり、「それは酒の席で」なのでしょうね。

TanakaJunko

ookiさん:確かに! とっとと仕事終わらせて!ですね。笑

洸弘

こうして新しい技術や製品に対応した「新しい常識」「新しいマナー」が
過去の例をもとに出来上がっていく・・・
これもひとつの歴史的瞬間ですね。

Ifreeta

マグカップに移して飲むとか、カバーを掛けるとか方法を考えることが重要な気がします。○●だからダメというのは極力なくしたいです。

TETSU

自分もわざわざオフィスで飲むべきでないとは思いますね。まぁネタで飲むことはありだと思いますが、それが出来るオフィスであることが必要ですねw(プロジェクト終了時に祝って飲むとか)
でも一つ問題点が、アルコール0やノンアルコールといっても本当に0%なのか怪しいということ。カロリー0とか無糖とか果汁100%が嘘(法律的には正しいが、実際は違うということ)ですからね。実際少量のアルコールが入っていてもノンアルコールとして売ることが出来るので、本当にアルコールが駄目な人の場合は問題が出ることもあります。まぁウイスキーボンボンよりはましだと思うけど。でもわざわざオフィスで飲む必要性もないでしょう。

TanakaJunko

洸弘さん:たしかに、「●●ができたから、新しいマナー・新しい常識」というのは、ノンアルビールの世界でもありますね。携帯ができたから、携帯マナーのように。

TanakaJunko

Ifreetaさん:なるほど、そう考える上司や企業もあるかも知れません。私はそういう部下・後輩を見たら、それでも「ダメ」と言いますねぇ。あくまでも、私は、ですが。

TanakaJunko

TETSUさん:そうなんですね。わざわざそんなものをオフィスで飲むことないですよね。プロジェクトの打ち上げをオフィスで、ケータリングもとって、というのなら話は全然別ですが。

電脳奥様の旦那

定時後、残業時間帯までの30分間に軽い食事と一緒にノンアルビール飲んでます。上司からも「この時間帯なら…」的な擁護の言葉をいただいたことがあります。それからは当たり前のように嗜んでいます。

あとり

一時の流行にすぎなかったのか最近あまり見かけませんが、電子タバコが流行ったときに「電子タバコだから喫煙所以外(実質禁煙の場所)で吸ってもいいのか」という話が身近にあったのを思い出しました。
そのときも、実際の匂いや煙ではなく、紛らわしい、というのと、あとは「紛い物とはいえそういうものを許してしまうと、『あの人も吸ってるし』と平然と本物を吸い出す人間が出かねない」からダメ、というような話をした記憶があります。
法律やその場所の決め事の線引きのギリギリまで近づく前に、その方向に踏み出していることをまず注意しておかないと、気が付いたときにはとっくに一線を越えて向こうがわに行ってしまっていることがあるのだと思います。

TanakaJunko

電脳奥様の旦那さん:なるほど、なるほど。

TanakaJunko

あとりさん:そういえば、電子タバコも! 「一線」を引く場所がきっと組織によっても個人によっても異なるのでしょうね。そこをきちんと決めるのは、マネジメントだったりするのかも、です。(話し合って決めることでもないような・・・笑)

コメントを投稿する