オルタナティブ・ブログ > Software Development >

ソフトウェア製品開発現場の視点

電力不足に対応するための「夏時間」採用は難しい

»

東京電力が供給できる電力が足りないことで、計画停電が実施されています。電力が足りないならば、できるだけ自然のエネルギーを利用した方が良いということで、欧米諸国が実施している「夏時間」(アメリカでは Dayiight Saving Time) を実施したらどうかという意見が出ています。ちなみにアメリカのほとんどの週では、すでに3月の初めから「夏時間」になっています。

日本の西のほうに住んでいた人が東京に来ると、朝、明るくなるのが早く、夕方すぐに暗くなることに驚きます。もっと早く起きて活動を始めれば、夕方暗くなる時間を遅くできるのです。オフィスでの計画停電が夕方に行われると最悪です。午後4時頃ならまだ外の明かりがあるので、ミーティングをしたり資料を読んだりすることはできるのですが、その後だんだん暗くなって、仕事どころではなくなります。もし、1時間早く活動を開始すれば、明るい時間をもっと多く使うことができます。

日本でも、過去に夏時間が実施されたことがあります。終戦後、アメリカ軍が駐留していた時期に数年間行われたようですが、それ以来実施されていません。夏時間の概念自体は単純であり、欧米諸国で実施されている訳なので、きちんと調査さえ行えば、実施しても良いように思いますが、ことは簡単ではありません。

最大の問題はコンピュータです。最新のオペレーティングシステムは、夏時間に対応しているので、アプリケーションはオペレーティングシステムの機能を正しく使っていれば、(アプリケーションの特性で、少し変更が必要だとしても)大きな問題はありません。しかし、この「オペレーティングシステムの機能を正しく使っていれば」という条件を満足しないケースがかなり多いのではないかと危惧しています。ソフトウェアを海外で販売すると、夏時間の問題は必ず出てくるので、当然対応しているはずです。しかし、日本で作られているソフトウェアの輸出比率は非常に低いという現状から、国内だけで販売されている物が多く、国内で売っている限り夏時間を考慮しなくても、プログラムは問題なく動作します。特注で作られたソフトウェアはさらに危険で、要件に「夏時間対応」とでも書かれていない限り、対応するようには作られません。このような状態で、夏時間の採用などが決まってしまうと、ソフトウェア業界は、2000年問題の再来のような状態になることが容易に想像できます。

夏時間問題によって、2000年問題の時と同様に雇用が送出されて、経済に良い影響を与えるのであれば、それも良いことかもしれません。

Comment(10)

コメント

夏時間の採用の仕方ですが、日本標準時そのものを切り替えるのではなく、現行の日本標準時に則ったワーキングタイムを2時間前倒しにすることで、混乱を回避しながら対応できるんじゃないかと考えます。今の利便性を維持しようとすると、システムの自動バックアップ時間はどこに持ってくるか?とか細かいことが気になりますが、今は非常時の混乱時期でかなりのプロセスに手作業が入っていることも考えると、「下手に自動化せずに人災を起こさないよう人間の優先する」という状況ではないかと考えます。「朝4時から働き始めるときにも銀行のATMが動くのは9時からでいいじゃないか」という割りきりさえすればどうでしょう。

Katsushi Takeuchi

森島さん、

コメントありがとうございます。おっしゃる通りだと思います。下手に自動化をしないということは重要ですので、今の段階では、ワーキングタイムのシフトなどが現実的ですね。できるところから始めるというのも良いかと思いますが、たとえば、テレビ局が一斉に番組を1時間か2時間ずらして放送するというのはいかがでしょうか? いまでもテレビの影響力が強いという前提の話ですが。

みず

サマータイムによる節電効果は本当にあるのでしょうか。
夏場の一日の電力需要のピークは14~15時頃です。
時計をずらしたところで、一日のうち最も暑い時間に空調利用によって電力需要が増加することに変わりは無いでしょうし、電力を多く消費する企業活動が日中に行われていれば尚更、電力需要のピークが小さくなることはないでしょう。
日本の気候を考えれば、太陽の出ている明るい時間を活用するよりも、真昼の暑い最中の活動を避ける方が効果があるのではないでしょうか。
可能ならばいっそのこと、製造業等を中心に、夏場は夜行性の企業を増やしてもいいのではないかと思うくらいです。
騒音とか治安の問題がありますけれど。

Katsushi Takeuchi

みずさん、

コメントありがとうございます。夏時間を採用しても、ピークは変えられないので、計画停電は避けられないというのは、確かにその通りですね。夏時間の採用について書いたのは、計画停電があることを前提にしていました。活動時間が明るければ、停電の影響を少なくできるのではないかと思ったわけです。

できるだけ電力需要を平準化して停電を避けるという方向で考えると、みずさんがおっしゃるように、夜行性の企業を増やすのは効果的ですね。個人的な事情を考慮しなければ、夜行性企業は良いと思います。夜行性ででなくても、土日に出勤など、休みの日をずらすというのも良いかもしれません。これまで当たり前と思っていたことを前提にするよりも、前提から変えて考える良いチャンスかもしれません。

なが

>国内で売っている限り夏時間を考慮しなくても、プログラムは問題なく動作します。特注で作られたソフトウェアはさらに危険で、要件に「夏時間対応」とでも書かれていない限り、対応するようには作られません。このような状態で、夏時間の採用などが決まってしまうと、ソフトウェア業界は、2000年問題の再来のような状態になることが容易に想像できます。

もうちょっと具体的な例を挙げて想定される具体的なトラブルを書いてもらわないと素人にはさっぱり「容易に想像」できないんですが。

katsushi Takeuchi

ながさん、

確かにおっしゃる通りです。「容易に想像」できませんね。コンピュータ内部の時刻の扱い方の解説を書いてみましたが、トラブル例は入っていませんでした。たとえば、ここに書いた Suica の例だと、改札を出た時刻が、改札に入った時刻よりも前だと、不正使用と判断されるかもしれません。

http://blogs.itmedia.co.jp/takeuchi/2011/03/post-5604.html

greens

サマータイム導入については確かに様々な問題があるのが事実だとは思います。
しかし、政府が全くリーダーシップを発揮できないまま、
時間だけが過ぎていき東京電力・東北電力(夏は計画停電やらざるをえないとの発表がありました)エリアの計画停電が始まってしまうのだけはなんとか避けたいものです。

経済的損失といった漠然とした言葉では表現できない、より具体的で個人的な、まさに我々一人一人の生活(場合によっては生命まで)を脅かす事態になりかねない といったら少し大げさ なのでしょうか?

震災直後なら仕方ないとしても、夏までまだ広範で強力な有効手段を実行できる時間的猶予はギリギリ残されていると思います。

アイエム

IT技術者の立場として言わせてもらいますと、記事にも書いてあるように日本のプログラムはサマータイムにはほとんど対応していません。
一部海外とのやりとりがある業務については当然対応していますが。

サマータイムに対応するためにはシステムの調査からしないといけないので
すぐにサマータイムになんて移行できるはずもありません。

というかこの手の話って3年ほど前にも出てきて、結局反対多数で消滅したんですよね
(サミット絡みだったはす(当時は自民政権)
政治家は簡単に話してくれてますけど、「なにバカなこと言っているんだよ」って言いたくなります。

今、サマータイム導入とかいっている企業がありますけど
これってサマータイムではなくて単なるタイムシフトにすぎず
サマータイムとは全く別物ですしね。

もっとも現実的なところとしては、今企業が個別でやっているタイムシフトや夜間操業
IT企業の場合には開発拠点を関西に移すといったところだと思うんですけどねぇ。

Katsushi Takeuchi

greens さん、コメントありがとうございます。
夏時間の導入が、電力のピーク時の消費量を下げることにつながらないと意見が強くなっているように感じます。私もそのように思います。とりあえず、性急な夏時間の導入は危ないということからブログを書きました。どのくらい役に立ったかはわかりませんが、役割ははたせたと思います。

アイエムさん、コメントありがとうございます。
今回は、夏時間の導入が決定的な手段とは言えないことがわかってきましたので、この夏に導入されることはないと思いますが、もし夏時間の採用が取りうるベストな手段だったとしたら、日本の夏時間は「想定外」としてきたソフトウェア技術者は、非難を浴びたかもしれません。海外では、当然のことの上に、OS のサポートもある現在だからこそ、今後のソフトは、夏時間を「想定内」にして開発してほしいと思います。

確かに当然のことといえばそれまでかもしれませんが、このサマータイム制度はそもそも
コンピューターが発達する以前に出来たもので、実施国ではコンピューターが浸透する以前から存在していたわけで、あとから発達したコンピューターが対応するのは容易なことでしょう。

翻ってわが国は、サマータイムは実施してないわけで、それをいきなり実施しろなんて
言ってもどだい無理な話です。

さらにいえば、2007年にアメリカでサマータイムの実施が繰り上がったときに
IT機器でトラブルが続発したとの報告もあります。
(http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0703/13/news015.html)

アメリカでこれなのですからまったく実施していない日本で実施となったら
どれだけの工数がかかることやら・・・・・・・。

というか日本のような低緯度にはサマータイムは向いてないので、サマータイムはやめてほしいですね。

ロシアは年2回の時刻変更をやめていますし、緯度の高いヨーロッパでも廃止の運動が
盛んだそうです。

やっぱり時計をむやみにいじるのは考え物ですよ。

コメントを投稿する