オルタナティブ・ブログ > Software Development >

ソフトウェア製品開発現場の視点

Apple Lisa から iPhone, iPad までの変わらない思想

»

iPhone の価格が下がって、他の携帯電話よりも安いという状況になってきているようです。その影響で、通常の携帯電話への「慣れ」や多機能を捨てて iPhone に乗り換える人が増えているそうです。

Apple の製品には独特の思想があります。「癖がある」という人もいます。ただ、この思想は、Apple の初期の段階から継承されてきているものです。途中で、この思想が崩れた製品が出たこともありますが、iPod や iPhone, そして最近の Macintosh では、初期の思想を取り戻しているように感じます。

Apple が初期に作った製品に Apple Lisa というコンピュータがあります。これは、Apple が最初に作った bitmap display に表示して mouse で操作することを実現したコンピュータです。発売当初の価格は、アメリカドルでも $1,000 近くで日本では、150万円以上していたと思います。私は非常にラッキーなことに、Apple Lisa を使う機会がありました。会社で研究用に買った(と思われる)けれども、その後誰も使わずに埃をかぶっているのを、見つけたのです。それを使った時の衝撃は、今でも忘れられません。

当時から現在にわたって、Apple 製品を明確に差別化しているものは、ハードウェアとソフトウェアのバランスよい融合性です。たとえば、Apple Lisa では、シャットダウンは、Windows や Macintosh のようにメニューを使って指示するのではなく、ハードウェアについているボタンを押すことによって実行されました。このボタンは、ハードウェアのボタンですが、それが押されたということが検知されると、ソフトウェアが画面に表示されているウィンドウをすべて閉じて、アプリケーションを停止して、その後電源が切れるというものでした。次に使うときにそのボタンを押すと、Lisa は前回シャットダウンした状態まで完全に戻してくれました。当時のコンピュータのスピードと技術でここまでやったのはやりすぎとも思えましたが、徹底的にユーザの使いやすさを考えた結果だと思います。

現在の Macintosh にもユーザの使いやすさを追求する思想は継承されています。書き出すときりがないのですが、一つだけ上げると音量調整です。Macintosh は、スピーカーで音を出す時の音量と、ヘッドフォンで音を出す時の音量が別々に設定されます。ヘッドフォンをジャックにさした時には、ソフトウェアがジャックにさされたことを検知して、ヘッドフォンに音を出すように切り替え、音量もヘッドフォンを前回使った時の設定に変えます。ソフトウェアが間に介在することで、これまで期待もしていなかったことができるようになります。その可能性を見つけて一つ一つ実現していく姿勢が、多くのファンを引きつけている魅力だと思います。

Comment(4)

コメント

Lisaに脊髄反射です。(笑
僕も、ヘッドフォンの切り替えには助かっています。
今日、MacBook ProにWin7を乗せましたが、やはりMacOSのほうが直感的に使える気がしています。

ooki さん、Lisa への反応ありがとうございます。いいマシンでした。むちゃくちゃ遅かったですが。出たのが早すぎたのでしょう。Windows on MacBook は、デバイスドライバーをうまく作れば、面白いと思いますが、MacBook 用のデバイスドライバーに、そこまでコストをかけてやるところはないだろうと思っています。

genchorin

大学で出された課題をやるのに参考にさせていただいてよろしでしょうか?

Katsushi Takeuchi

genchorin さん、

返答遅くなりました。もし間に合うようでしたら、どうぞお使いください。

コメントを投稿する