オルタナティブ・ブログ > Software Development >

ソフトウェア製品開発現場の視点

全社で Gmail を導入して約1年の感想

»

リアルコムで Gmail を全社的に導入して約1年になる。この機会に Gmail の感想を書いておく。

結論から言うと、Gmail に移行したのは、成功であった。具体的は事例については以下参照。

  1. 高い可用性
    Gmail は当然のことながら、Google のサイトでホストされている。このため、現在の会社のネットワークトラブル、マシントラブル、オフィスの引越し、停電などのトラブルが全くなくなった。オフィスの引越しで会社のマシンがすべて止まっていても、電気設備の点検のときでも、インターネット経由でメールには常にアクセスすることができる。
  2. メールを紛失する不安からの開放
    明示的に削除しない限り Gmail のサーバー上にはすべてのメールが消されずに残っている。通常は、POP によってローカルにメールを持ってきて読んでいるが、通常の POP サーバーとは違って、POP でメールを download してもメール本体は Gmail サーバー上に残ることになる。これで、PC のディスクが死んだとしてもメールを失うこともなくなった。約1年で約 2.4GB のメールが溜まっている。25GB まで溜められるので、計算上はあと9年間大丈夫ということになる。
  3. 強力な Spam フィルター
    Gmail 自体が、かなり強力な Spam フィルターを持っているため、Spam Mail の数が大幅に減った。ときどき必要なメールも Spam としてはじかれていることがあるので、時々は、Web から Gmail にアクセスして、Spam を整理して必要なメールが含まれていないかどうかを調べる必要がある。
  4. メールアクセスの広がり
    Gmail 導入前は、自分の PC にメール本文を持ってきていたため、メールを download した後は、その PC でしかメールを見ることができなかった。Gmail は Web からのアクセスが基本なので、メールを download した PC が手元になくても、別の PC から Web 経由でメールを読み書きすることができるようになった。

以上、若干の問題はあるが、非常に便利に使っている。Gmail と一緒に提供されている Google Doc も業務で頻繁に利用している。スプレッドシートでの同時編集機能は、アメリカオフィスとのミーティングにおいては、手放せないものになっている。

Comment(4)

コメント

大変興味のある情報、ありがとうございます。
「若干の問題」というのは、どのようなことでしょうか?

Katsushi Takeuchi

ooki 様、

導入初期に、「自分に cc を入れても自分にメールが送られない」ということが問題になりました。私は、自分に cc を入れないので、現状はどうなっているか把握していません。Spam フィルターが正常なメールをフィルタリングしてしまう現象は今でもときどき起きて問題になっています。まめにフィルターで取り除かれたメールを見ておかないと、見逃してしまうことがあります。

私も仕事用メールをGmailに転送し、POPで読むようになって1年半くらいになりました。携帯からも読めますし、PCを持ち歩かなくてもメールチェックがどこからでもできるのも大きなメリットでした。

ですが、一度大きな問題が。
Gmail側のトラブルと思われるのですが、メールの不達がありました。ぽつぽつと届くのでなかなか気づかず、転送元に直接メールを取りに行って気づいたのですが、こうしたトラブルに関する情報が全く手に入らなかったのです。復旧がいつなのかも。

それ以降、Gmailと併用して冗長性を持たせていますが・・。

Katsushi Takeuchi

ako 様、

コメントありがとうございます。確かにサポートの不安はあります。現在使っているサービスは、Google Apps Premier Edition というもので、99.9% の up-time を保障するというサービスレベルになっています。年間一人 $50 (USD) ということのようですが、問題があったときどのようなサポートが受けられるかまでは、理解していません。私の blog の中に書いた、25GB というサイズも Premier Edition のサイズで、Free のものは 6.4GB だそうです。

混乱した方、情報が不十分で、申し訳ありません。

コメントを投稿する