オルタナティブ・ブログ > パティシエを目指していたサミーの営業日記 >

夢が持てる次世代を創るために企業の人材の採用、育成などを支援しているビジネスコーディネータの日々の奮闘をつづります

ゴールデンウィーク恒例行事と言えば!

»

こんにちは。ゴールデンウィークは、
神戸新潟でたっぷり充電してきたサミーです。

今年も恒例となった”勝保”田植えをしてきました。
植えるのはモチロン!五百万石という酒米ですw
ここは、朝日酒造さんのお酒を作るお米を育てる田んぼです。
あさひ日本酒塾の卒業生としてサミーも毎年参加しています♪

1本、1本、手で苗を植えていると・・・
だんだんと愛着がわいてきます。
泥の中に手を入れるたびに、
「ちゃんと根を張って、丈夫に育ってね!」と、
願いを込めながら田植えをしている自分がいます。
農家の方は、いつもこんな想いでお仕事されているんだな。
そう思うと、食べ物がとても貴重なもののように思えてきます。
感謝して、味わって食べないと!!そんなことを感じました。

そして、今回の田植えをして知ったこと。
それは・・・。このマークです。

Photo_2

みなさん、このマークなんだと思いますか??

これ”サクラの花”のように見えるのですが、

実は・・・”お米”なのです!!

新潟県には、酒造りで”新潟”にこだわった商品には
新潟清酒産地呼称のマークがつけられるそうです。
でも、意外に知られていないのが現状。

お酒造りは、その土地の米、水、そして技!で磨かれ造られます。
お米造りの段階から色んな人の想いが込められ、美味しいお酒が
できるんだなぁ。と、田植えをしてみて再認識しました。
この土地で作った!そのこだわりの証がこのお米マークなんだなぁ。
それを消費者に伝わるようにブランディングしないともったいないなぁ。
そんなことを思いました。

 清酒の産地呼称でがんばっているエリアとしては、
 佐賀・長野も有名だそうです。(知らなかった・・・)

お酒に限らず「美味しい食材が完成したらおしまい」ではなく
それを消費者に伝えていかないといけない!!

ということで・・・

弊社では、消費者を見つめ、 さまざまな業種と連携をしながら
食の新しい価値を創りだし、消費者に届ける力を養うために
「食業塾」を開講します!!
すでに定員を超える応募が殺到しています。
今回で2回目となる食業塾。
新しい出会い、連携により、何がうみ出されるのか?
ワクワクするサミーなのでした。

余談ですが・・・
今回、サミーが田植えしたお米たちは、秋に”勝保”というお酒になります。
無事にお酒になるよう、来月は草取りです♪
Katsuho

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する