オルタナティブ・ブログ > Speed Feed >

モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

「ガラパゴスで何が悪い」と言う前に、もう一度考え直してほしいこと。

»

■ 日本のケータイメーカーは生き残りたいなら iPhoneに学ぶべきだ

僕は、前にも何回も書いているが、iPhoneに勝てるケータイを開発するチャンス(と資金)を与えられたとしたら、嬉々として全力を投じてこれに取り組むだろう。今の日本の携帯電話開発者で、志を一つにしている人は決して少なくないと思うが、違うのだろうか。

iPhoneの筐体には、ボタンと言えるような存在はわずか3つだ。電源スイッチ、マナー切替、音量変更、の3つである。その他の機能はすべてソフトウェアで制御されている。
なんという潔さだろう。ここにはスティーブ・ジョブズの美学と、OSとハードウェアを一貫して造っているAppleならではの”仕事”がある。

iPhoneを制御しているのはiPhone OSと呼ばれるOSだが、基本構造はMac OS Xと同じとされている。
現代のOSはほとんどがマルチランゲージシステムであり、一つのOSで簡単に利用者の居住国に合わせた設定が可能だ。(また、ハードについても100 - 240V対応の電源が標準でつく)つまり、一つの製品を、仕様を変えずにどこにでも輸出することができる。

iPhone以外のケータイおよびスマートフォンは、ほとんどが物理的なキーボードを持っているので、ここまではうまくいかない。が、それでも英語圏であれば問題ないし、配列が近いQWERTYキーボードをJIS対応させたりすることは簡単だから、まあなんとかなる。しかし、日本のテンキーとなるとややこしくなる。

どのような機能、どのようなUIを与えるか、OSを自分で開発するか、AndroidもしくはWindows Mobile(PalmのWebOSはオープンにはならないんだろうな)を選択するかは分からない。また、機能やデザインはどう造っていくべきか、それは一概には今決めがたいが、少なくとも タッチパネルとソフトウェアキーボードだけで操作させるべきだろう。それだけは間違いない。
間違ってもハード的なキーボードも同時に載せようなどと思わない方がイイ。どっちつかずはやめること。その潔さこそがiPhoneから学ぶすべてだ。


■ 恐ろしいことにガラパゴス化はこれからが本番

ガラパゴス市場のどこが悪い、と開き直る人がたまにいるが、これは本当に哀しい。
こういう人たちは分かってない、ガラパゴスはたまたま奇跡的に生き残っているからガラパゴスなのだ。周囲から孤絶しているからこそ、独特の生態系のままいられただけだ。長い歴史の中で、独自の生態系を持っていた地域はたくさんあった。しかし、それは人間の大陸間の長距離移動が頻繁に行われた結果、どんどん消し去れて平準化されていった。(例えばオーストラリアは人間と犬によって多くの生物が絶滅した)

つまり、今の日本のケータイ事情は、まだまだガラパゴス化が突き進んで、その結果絶滅するのか、隔絶した状態で小規模で生き残るかという途の岐路にある。同時に、まだ世界標準をリードする存在として立ち上がるチャンスもまだある。いまならまだ間に合う、と僕は思っている。だからこそ声を大にして言いたいのである。

ノキアが日本から撤退したという事実を、業界の中にいる人でもあまり深く受け止めていないのは困ったことだ。
閉鎖的な日本市場をこじ開ける努力をするよりも、撤退して別の市場に投資した方がはるかに効率的だと彼らが考えたということは、我々がノキアに見捨てられたということに他ならない。「君たちは勝手にすればいい、僕たちは他の国でたくさん売るよ」、というわけだ。(もしAppleにも見捨てられたらどうする?)

日本のケータイが、日本国内の特殊な事情によって独自の進化を遂げてきたことはいい。それによって過去何年もの間、僕たちは快適なモバイルライフを送ってこれたということことも否定しない。しかし、日本市場は、ケータイの普及率からすれば十分に成熟しきった。これまでのような急成長はありえない。あるとすれば、二つ。これまでとは違う、買い替えを促進させるような強力な商品力を持ったケータイを造るか、それとも 海外に輸出することを考えるか、だ。あるいは、その両方、つまり国内だけでなく海外市場にも売れる商品を開発するか、なのである。

しかし、それは容易なことじゃない。例えばテレビ。地デジ対応か否かという大きな境目にあって、しかも2011年にはアナログ放送が終わるとさんざん脅かされても、なかなか買い替えが進んでいない。どんな機能が必要なのか、どんなサービスとの連携がいるのか。iPhoneのマネだけではなく、真似た上でそれを超えるにはどうするかを真摯に考えないとならない。それは相当難しい。

だが、それでも、いまこそ方向転換をすべきだと僕は思う。そしてユーザーとして、そういう”ケータイ”を待ち望んでいることを大きく声を上げて叫ぶべきだと思う。そんなクールなケータイを造ってくれれば買うぜ!と。

+ 僕はもひとつ別の叫びを。僕に造らせてくれ、と^^
だれか、呼んで^^;


+2. うーん。誰もUIの話、してないですよね。よく読んでもらえるとうれしいなあ

Comment(50)

コメント

うーん
UIじゃないんですよ、ガラパゴスと言われているのは

たとえば
N905iとN906i、この2機種は中身は一緒でソフトと外観が違うだけと思われます
N906iを出すのは悪くない
問題はN905iをN906i相当にアップグレードされないこと
です

NECには他にも外観とソフトの更新だけという機種があります
LGや富士通にも見当たります

ソフトだけでも最新版にできるのにそれをしない

「できるのにしない」これが問題だとおもいます

ガラパゴスでも進化していれば大丈夫です
変化した環境にも適応できるから
しかし進化をとめてしまったら滅ぶのみです
今、日本のケータイはある一面において停滞してます
それに気づければ、
世界市場に適応した新世代の「日本のケータイ」が
世界で普及できると思います

(なぜ、中国に日本のケータイが密輸されるのか?
そこに日本のケータイが世界で普及する鍵があります)

akio

何で日本の文化を必要以上に低く評価しようとしているのか理解に苦しみます。
PCで出来る事を携帯に組み込まなきゃいけないという発想がおかしいでしょう。

我々が欲しいのは携帯電話であってモバイルPCもどきじゃないんですが。
大多数の人に取って重要なのは携帯やメールやカメラ機能ですよ。webやゲームなんてのはその下のおまけ。

タッチパネルが取り立てて使いやすいとも思わないし。
携帯として欠陥だらけのiPhoneを棚に上げて日本の携帯を貶めているのは何なのでしょう。

「日本が特殊で間違ってる」という洗脳を受けてる技術者が多いとしたら逆にヤバイと思いますけどね。

通りすがり

全く同感です

特に問題なのは、日本の携帯がソフトウェア的にあまりにもクローズ
していることだと思います

PC98からAT互換機への移り変わりを目の当たりにしてきた者としては
現在の携帯とPC98がかぶって見えます
(といっても現在のPCのように主流になるのがiPhoneとも思えませんが)

日本の携帯にしかできないことは確かにまだたくさんありますが、
何かオープンなプラットフォームが出てきてその上でそうした機能が
全て実現可能になれば、今の日本の携帯は全て駆逐されてしまうん
じゃないかと思っています

木南です。
 小川さんの叫びにとても共感するところがあります。日本の動きはとてもとてもゆっくりですね。特に、今、世界中でモバイルインターネットの波が動いているのを見ると、日本の企業が、1たけた以上違う時間のオーダーで動いているような気がします。たとえば、日本以外の企業が3日で決めることを、日本の企業は一か月以上かけて決めているいるような気がします。それが、吉とでるか、凶とでるかは、別の問題ですが…
 今、新しいケータイを自分達で作れる環境ができつつあるような気がします。そういったオレオレケータイみたいなのは、すでに中国などではたくさんでてきていると聞いています。
 後は、どれだけ潔く、本質的なシンプルさを追求できるかだと思っています。小川さんのいう「どっちつかずはやめること。その潔さこそがiPhoneから学ぶすべてだ。」というところでしょうか?僕は、ケータイの本質は、コミュニケーションだと思っています。もちろん通話だけではなく、メール、映像、Webなど、すべての媒体を使ったコミュニケーションのツールです。だから、コミュニケーションをシンプルにするケータイを作ってみたいなぁとか思っています。そんなケータイを作るときには、ぜひ、声をかけてください!

trmd

小川さんのエントリーに共感します。
木南さんの書かれている「本質」にも強く共感します。

MobilePCもどきの携帯電話はいらないというのもわかります。
でもSmartPhoneはMobilePCの延長ではなく、従来の電話機とInternetの要素とを組み合わせた新しいコミュニケーションツールです。

この記事は、日本独自に発展した携帯文化を貶めているものじゃないと思います。
むしろ、ここまで成熟したものが、このままでは停滞・衰退してしまうと危機感を訴えているのだと思います。

日本で発展したものが、外国の手によってグローバルなものになってしまう。
すごいもったいない。
でも、まだまだ残ってる部分があるんだから、それを巧く世界に広めていく意識を持ちましょうよ!ということじゃないかと感じます。

iPhoneの成功は認め日本の携帯端末に取り入れるべき部分は取り入れ、さらに良い端末を作って欲しい。
1ユーザとして期待しています。

Ifreeta

着うた等の権利関係に縛られているケイタイというのが日本のケイタイの実情だと思います。

iPhone も持っていますが、全世界仕様として SIM FREE の日本語入力可能なケイタイを出してくれればそちらを使いますよ。

日本のケイタイは制限が多すぎます、キャリア等の制限を取り払うことで魅力あるものに変わると思います。

MARS

『PCで出来る事を携帯に組み込まなきゃいけないという発想がおかしいでしょう。
我々が欲しいのは携帯電話であってモバイルPCもどきじゃないんですが。
大多数の人に取って重要なのは携帯やメールやカメラ機能ですよ。webやゲームなんてのはその下のおまけ。』
日本のメーカーにこそ言ってほしい言葉ですね。今の国内メーカーが重視しているのは、webやゲームやワンセグなどのおよそ携帯電話でなくてもいーじゃないって機能なんじゃないですか?
そこにあってなぜiPhoneを指して『我々がほしいのは・・』なんて言えるのだろうか?
携帯電話以外の機能は国産携帯のほうが充実していますよ。でも、国外では売れない。中国で密輸してまで日本製が売れるのは、単なるステータスなだけなんじゃ?
機能が豊富なのに売れないのはなぜなのか?凝り固まったUIと複雑な仕様・・一度、全てを捨てて、新たに一から造り出してみると世界に売り出せるモバイルツールができるのかもしないと感じます。日本の技術者もそうしたいと思ってる人がいっぱいいるんじゃないかなぁ・・・

まるぶん

国内市場からみれば国内の消費者へ対象を絞ったハードの仕様は評価できますし、魅力もあります。一方、世界市場からみればその独自性によってピントがずれていることも確か。各企業の描く将来の事業規模の大きさによってとるべき戦略が変わることを考慮にいれると、国内メーカーは世界市場を狙っていないハード仕様なのだということなのでしょうね。
 成熟・停滞した携帯市場から考えて、今後とっていく戦略は2方向。さらに国内市場を活性化するため新サービスの開発を進めるか、ターゲットを世界市場まで広げるか。
 小川さんが提唱しているUIはとても面白いですね。ソフトによるハードの補完によって世界標準化と各国対応を両立させる、つまり前者と後者を同時に狙える興味深いUIだと思います。しかし現在の多くのリスクを抱える経営環境を考えると、既存の国内メーカーはそれを選択しないのではと想像します。とすると、業界の新しいイノベーターが躍進する機会かもしれません。たとえば、UIに優れた他業界のメーカーとか、目が離せませんね。

yohata

擁護する人間が好んで使う「独自の進化」とやらが、消費者の選択した結果なら問題無いけど。
徹底的な自由の排除と囲い込みの結果でしかないのが現実。
その点wo
履き違えていたり,
意味不明なiPhoneアレルギーを抱えた人達というのは、本当に理解しがたいですね。

はみ

iPhoneが特異なのが端末の機能だけだと考えているようで、お笑いだ。
オープンハードウェアで開発された携帯電話があるんだから、
それかって勝手にiPhoneを目指すソフトを開発すればいいじゃん。
言うだけじゃなくてやってみれば?

通りすがり

iPhoneの真似をしたと同じような電話がお望みですか?
ガラパゴスと批判する前に少し見方を変えてみたら如何ですか?


見方を変えると、独自のアイデアで作られた独自サービスが展開・熟成されて居るという見方も出来ます。
これを国際的に展開出来るように工夫するのは大変かもしれませんが、不可能では有りません。
(今googleは日本の携帯電話の絵文字をUNICODEに入れようとして居ますよね)


国内市場を批判するのは簡単ですが、少し見方を変えたほうが良いと思います。
この国内市場をガラパゴスと切って捨てる考え方が国内から独自性の有る商品が出ない原因その物だと思います。


まあ、iPhone自体機能的には旧来のPDAから発展したスマートフォンその物でUIとAPPStore以外は
珍しくも無い物なんですが。
自分はAPPStoreはAPPLEは良く実行を決心したと感心しています。
(iPhoneがアプリケーションを追加する前提の商品である以上、商品に見切りをつけても
APPLEにランニングコストが発生する危険性が有る。これはメーカーとしてかなり危険な選択です)


あと、日本の携帯がソフトウェア的にクローズだと言っている方々
一応日本のでも良く使われている
synbian OSは携帯電話では世界でもトップシェアのOSですよ。
傍目にそうと解からない用にUIをカスタマイズして、色々と使わない機能を削っているだけです。


拡張アプリ系関係はスマートフォンのアプリは機種ごとに作られるのが普通なので
(当然ですがCPUや環境が機種ごとに違うから)
日本のほうが異機種間の互換性が高いくらいです

通りすがり

後、この手の製品が好きな人間には周知の事実なんですが、日本語入力可能な
SIM FREEの携帯は既にノキア他何社かから発売されています。
余りに売れないので撤退してしまった会社も多いようですが。
(以前はビックカメラの店頭でも販売して居ましたが最近見掛けなくなってしまった所を見ると撤退したのでしょうか?)
 
また、自分で海外から輸入して日本語入力が可能になる様に改造して使っている人も居ますね。
現在はW-CDMAに以降して居るのでユーザーがその気になればSIM LOCKに関係なく
海外の端末を利用することも可能です

DIM

>iPhoneの真似をしたと同じような電話がお望みですか?
誰もそんなこと言ってない。
>これを国際的に展開出来るように工夫するのは大変かもしれませんが、不可能では有りません。
不可能でないのはあたりまえ。現実には国際的なニーズ/規格にあっていないので、売り込めない。
>この国内市場をガラパゴスと切って捨てる考え方が国内から独自性の有る商品が出ない原因その物だと思います。
逆。独自性が有りすぎる。故に国内でしか使えない。
>synbian OSは携帯電話では世界でもトップシェアのOSですよ。
だから何?という話。グジャグジャにいじって、分け分からんようにしてしまっている。OSが同じでもその上のソフトウェアが重要。
>拡張アプリ系関係はスマートフォンのアプリは機種ごとに作られるのが普通なので
>(当然ですがCPUや環境が機種ごとに違うから)
>日本のほうが異機種間の互換性が高いくらいです
機種間では当然の話。でも、日本ではさらにキャリアごとに要求仕様が違う。これにどれほどの人員とオカネがかかるか・・・

S-kuma

要するに日本の携帯電話は、ビジネスモデルが日本独自で特殊すぎるうえに、
それに合わせて作られている端末そのものも特殊すぎるということですよね。
ただ、
その2段構えの特殊さゆえに、両方同時に改革しなければ
その特殊性からの脱却はできないが、すでにそれができないところまで来てしまったと。

そして、
今までの海外メーカーは今ひとつブランド力や機能で日本国内のユーザーに
アピールできなかったため、あまりその特殊性も表には出て来なかったが、
iPhoneはそれをAppleというブランド力と、タッチ式のUIというわかりやすい魅力、
そしてApp Storeで、あからさまに見せてしまったということですね。

ということで
国内メーカーがiPhone否定に走るのも「よけいなことしてくれた」というだけの話。
端的な例として、会社が潰れそうなときでさえも、建設的な発言を封じようとする
日本企業の風土みたいなものだと考えればよいのでは。

ちなみに私、いまだに携帯電話は通話専用です。

ATSU

「ガラパゴス」という言葉がかなり一人歩きしているように思えますが・・・
今の日本の携帯電話端末に関して、ここで言われている程絶望的で先がないのでしょうか?

皆さん、なんだかんだ言ってガジェットフェチだなぁ、と思いました。
日本においての携帯電話を取り巻く状況は、「ガラパコス」かどうかは別として、かなり特異なんだろうなぁ、とは思いますが、
それはモノとしての「携帯端末」に関して、ではなく、コトとしての「ケータイ文化」にあるのでは、と私は認識してます。

だから、UIが優れているだとか、新しいOSがどうした、ということよりも、

・若い女性がケータイをデコレーションするのが流行して、そのデコレーション専門のショップが渋谷に存在すること
・小学生等によるプロフを巡る社会問題が存在して、「携帯電話不要論」のような議論が白熱していること

・・・といったような文化状況の方が、社会に与えるインパクトは強いだろうと思います。
善し悪しは別として、上記のような状況は世界においてかなり特異であり、そのベクトルはどうあれ
海外と比較して、いろんな意味で高度で先端な状況だと思っていいのではないでしょうか。

この国においては、「モノによる革新」フェーズから、「コトによる革新」フェーズに
ケータイを取り巻く状況は移行していると思います。私個人としては、新しい端末の発売や発表よりも
上記のような混沌とした文化状況の方が、よっぽど面白いし希望を感じますね。

>これまでとは違う、買い替えを促進させるような強力な商品力を持ったケータイを造るか、それとも 海外に輸出することを考えるか、だ。
>そしてユーザーとして、そういう”ケータイ”を待ち望んでいることを大きく声を上げて叫ぶべきだと思う。そんなクールなケータイを造ってくれれば買うぜ!と。

メーカーにとっては「強力な商品力」も必要でしょうし、「海外に輸出」することも大切でしょう。
また、「クールなケータイを造ってくれれば買うぜ!」と「大きく声を上げて叫ぶ」ようなユーザーさんも
メーカーにとっては有り難い存在だとは思います。が、今後を鑑みるには、少し素朴て無邪気すぎる観点なのでは?
(スタパなんちゃら的な視点には、状況を引っ張る力はすでにありませんし)

なので、「日本のケータイメーカーは生き残りたいなら iPhoneに学ぶべきだ」かどうかは私には正直よくわかりませんが、
メーカーの方々はユーザーによる「コトによる革新」からは目をそらさないでね、と思います。

ひろ


10年がかりで取り組んできたiPhoneに追いつくのは無理です。
せいぜいタッチパネル携帯が関の山。

これからも携帯端末を作り続けるのなら、日本は通話とメールに特化した安価な携帯で生き延びるしかないと思うなあ。

通りすがり

残念なのは日本のメーカーの世界戦略みたいなものが全く見えてこないことです
(お得意のウォッチしてるだけでほとんど何も考えてないに等しい状態だと想像は
つきますが)

まぁ、一社だけではどうにもならない気がするのでお互いに手を組んで
AndroidかSynbianあたりと利害を一致させながらAppleと対抗するなんて
戦略がとれないものかなどと思います

ばけっそ

誰にでも使えるUIを実装したという意味では、iPhoneを見習うべきでしょうね。
直感的に操作できるということは素晴らしい!
iPhoneのUIは年輩者にも薦めることができますよね。
(PCが必要となるという問題はおいといて)

しかし、タッチ機能だけでは不便なのもまた事実です。
使いこなせればガラパゴス携帯の操作はiPhoneより圧倒的に高速なのです。
ケータイのテンキーショートカットをご存じですか?
PCではマウス右クリックでコピーよりCtrl+CとCtrl+Vを使うでしょう?

ベル打ちの入力速度を見たことがありますか?
タッチパネルでは反応が遅すぎるのです。

テンキーを残しつつタッチも取り入れて、日本人得意のいいとこ取りでがんばって欲しいものです。

坪根 崇典

日本のケータイ文化を考える上で、以下の件において暗澹たる思いにかられます。 逆に・・・。

絵文字は日本語環境でしか通用しない。 その上、同じキャリアであっても機種が異なれば正確に伝わるものでもなく雰囲気だけを伝えているだけに過ぎない。
確かに絵文字自体は面白いものかもしれないが、通信としてはかなり危うい。 GoogleのUnicode化は面白いが、文化として大事にするのであればキャリア同士が規格を統一する努力が国内から欲しい。

i-modeやez-webに代表されるケータイサイトだが、cssによる対応など別にHTMLであっても構わない。 キャリアによる囲い込みでレガシーな技術が散見される。 勿論それ自体が悪ではないが、ケータイサイトでしかできないサービスなどないのに未だにキャリア依存性が高い古い技術で囲い込みをかけていること自体、納得がいかない。

そもそもケータイ文化はi-modeやez-webでないと成立しないのか? モバゲーなどはcHTMLサイトでケータイ向けのゲームやサービスしかないが、ケータイでなければ成立しないという性質の物でもない。
プロフや出会い系サイトなども別にcHTMLサイトでなければできないものだろうか。 cHTMLやi-mode、ez-webは舞台であり、ケータイサイトや利用者こそが文化足り得る。 舞台が変わっても文化は成立し得る。

限られた空間だからこそ成り立つ文化なのか、手近にあって、それ以外を知らないからそこで成り立った文化なのか見極める必要がある。 かつてcHTMLでいっぱいいっぱいだったケータイサイトがHTMLに進出した時に新たに見せるかもしれない可能性を過小評価していないのか?

端末番号による認証技術により簡易化されていることが大事だと言う向きもあるが、一長一短がある。
現在の技術水準に合わせてアップデートしていく気はないのか?

日本に特化して商機を失って淘汰されるのは携帯製造者の勝手だし、別に構わない。 携帯でテレビが見れたって、オサイフ代わりに使えるのも悪くない。
問題は、それしか選択肢がないことであり、技術的な挑戦を長期に渡って欠くことである。

ただ、ケータイがどうなろうと構わないが、使う人間の国際競争力を削ぐ方向に進んでいる様な気がすることが気になる。

ケータイ文化は箱庭ネット内の専用サイトでしか育たないものなのか? わたしは、そうは思わない。

坪根 崇典

すみません、続き・・・。

で、日本のケータイとそのサービスの何が不満かという確信の部分だが。

日本のケータイはつながらないことを前提としているところが不満だ。
コミュニケーションツールのはずなのにつながらないことを前提としている。 絵文字は他社との互換性は無い。(最近は一方的に送れるデコレーションメール系のサービスもあるが)
あくまでも他社向け変換サービスがあるだけだ。

i-modeやez-webも他社や外部とつながないことを前提としている。 そういう背景もあってかケータイ文化も閉鎖的だ。 多分、海外の人はこの日本という孤島のサービスの存在も知らない。 何やってるか、外からは見えないんだし。

オサイフケータイもワンセグもスタンドアローンの機能だ。 別にオサイフケータイのサービスだって、一手間を省くサービスであって無ければなんとでもなる。 ワンセグだって2011年からサイマル放送の義務化が無くなればどうなることやら・・・。 高解像度のカメラだって基本的にスタンドアローン向けだ。 通信用なら2Mピクセルで十分だろう。

日本のケータイはあまりにもつながるという通信端末という側面を軽んじ過ぎているのではないだろうか思う。
個別の単機能を磨き上げ、ライバルより高性能な部品を搭載していることを追求した日本製のケータイは、様々なことができるスタンドアローンの簡易通信機能つきの携帯電話である。

中国の人が日本のケータイを欲しがるのは、携帯電話として欲しがっているのではなく、通信を必要としてない高機能を満載した自慢のガジェット足り得るからであり、電話機としての機能は存在しないが、通信機能を否定して高機能化した日本のケータイであるからこそ欲しいのである。
要するにケータイとして優れているから欲しいのではない。(使えないから当たり前か)

iPhone 3GをはじめとするSmart Phoneは通信を前提とした端末だ。 常時パケット通信できる環境を小型の端末が手に入れたら何が出来るかという理想をiPhone 3Gは突き進んでいる。
この新しい流れを表面だけ捉えて、タッチパネルにしたり、アプリを追加できるようにしてみたり、浅はかな対応でなく、もっと携帯電話の有り様を根底から考え直して欲しい。 iコンシェルジュは悪くないが、もう一段のブレイクスルーが欲しい。

通信、繋がるということによって産まれる新たな可能性を日本から切り開いて欲しいと思う。

あほあほ

みなさんのおっしゃっていることは、どれも一理あるかと思いますが、筆者の指摘は、所詮個人の認識の問題で、iphone崇拝も甚だしいかと。日本の携帯電話の、特に携帯ネイティブといわれている世代の人達の利用方法を知らない、単なる時代錯誤、とさえ感じます。

そもそも、iphoneと日本の携帯を同列にかたっているが、これ事態に私は違和感を感じ、これに納得しえない。

↑で別の誰かも、行っていたが、日本の携帯電話は高度に発達したコミュニケーション端末であり、iphoneはその領域に到底達しえていない。

逆にiphoneはブラウザフォン(PCのサイトを携帯端末で閲覧する、若しくはそれに順ずる行為)とみれば、これまでにない、秀逸の端末である。

が、日本の大多数のいわゆる"携帯ユーザー"は、PCのサイトなんぞ携帯電話で、見たくもないし、海外の(一部の日本の)いわゆる"スマートフォンユーザー"はそもそも、PCサイトをブラウジング、する以外でのコミュニケーションなんぞ、求めてもいないし、また、”日本的な携帯コミュニケーション”の価値なんぞ、知りはしない。"iphone"は日本限定でいうと、現状、日本の携帯電話コアユーザーのニーズにあっていない、と断言できるし、逆に、世界のユーザーに"日本的携帯コミュニケーホン"の土壌なんぞ育っていないので、見向きもされない。(そもそも、そんなニーズは育たないかも知れないが)

つまり、そもそも、"日本の(ガラパゴス)携帯⇔iphone"を同列に語っている時点で、現状把握違いである。
また、今後の市場という意味でいけば、"日本の携帯電話メーカー"の視点からいえば、世界に対して"現日本の携帯コミュニケーション"の良さをいかに演出・プロモートしていけるか、また、世界のスマートフォンメーカーからすると、いかに日本のユーザーに対してスマートフォンの優位性を演出・プロモートしていけるか、それだけの話である。
もっというと、スマートフォンを利用したキラーアプリがひとつでも出現すれば、簡単に現状は覆る状況とも言える(価格等の要素もあるが)

要は、どちらの陣営でも、その場にあった現状把握と戦略が立てられなければ、意味がない、ということですね。だから、日本で"iphone"は売れない。これは、日本の携帯のガラパゴス化が問題ではなく、マーケティングの問題だとも思っている。

なので、正直、筆者の見解には、アメリカかぶれの印象しかなく、だから、日本でも世界でも有益な商材が生み出せない、と深く納得させられる記事だと、断言せざるおえない。

KON

iPhoneのことは別にいいんですが、ノキアのくだりは完全に勘違いというか、ハッキリ言って間違っていますね。

ノキア本社は日本のケータイの技術、文化、ビジネスモデル、そのすべてをむちゃくちゃよく研究していますよ。
理由は「日本のケータイは非常に先進的」だからです。
実際、ノキアのNシリーズなんかは日本のケータイを大いに参考にして生まれたと聞いていますし、
ノキアが海外で展開している独自のサービスやアプリケーションは日本のものに倣ったものも多くあります。
彼らは当然、今後も日本のケータイの動向には注目していて、その証拠に、市場としては撤退しましたが、
日本にR&D部門をちゃんと残していますよ。

彼らとしては、そうした日本の先進的な部分と、遅れていたグローバルのレベル感・方向性がやっと近づいてきたからこそ、
ここ数年、ソフトバンクやドコモから(以前に比べれば)積極的に端末を投入していたのであって、
方向性としてはそっち(日本的な進化)に当然持って行きたかったわけです。
実際、彼らの出していた端末はだんだん日本人が使いやすいものに「進化」していましたよね。
当然グローバル企業ですから、日本向けに作ったわけではないのに、ですよ。

しかしながら、ノキアはグローバルでの業績不振と金融危機が予想以上に経営にきつかった。
遅れているグローバルが日本の市場に追いつくまでは、どうしても出て行くお金が多くなります。
それが待てなかった。ゆとりがなかった。非常にビジネスライクな経営判断です。
それ以上でも以下でもない。
「日本が閉鎖的だから」「独自すぎるから」なんて理由は、
ノキア関係者からは聞いたことはありませんね。

通りすがり

>DIMさん

>逆。独自性が有りすぎる。故に国内でしか使えない。

どうも観点が僕と違っているようですね、僕が問題にして居るのは、技術的な独自性でなく、サービスやコンテンツのアイデア何ですよ
技術的にそのまま使えないのは当たり前です、日本の携帯のサービスはキャリア側が立てたネットワーク上に存在している、囲い込みの手段なんですから。

僕が言っているのは、そのアイデア自体もガラパゴスと言って切って捨てるのは問題じゃないですか?って話です。(そしてもう片方ではiPhoneのアイデアを絶賛して居る事実への皮肉でも有ります。symbian os云々とかも皮肉です)

それに現在はキャリアが出している端末を何が何でも使わなきゃ行けない状況でもないですし(事実好きな人は個人輸入して使っています)、
ここで語られているiPhone自体がキャリアの囲い込みを前提にした端末で有ることもお忘れなく(アメリカではATT限定の端末ですよね)

DIM

>通りすがりさん
皮肉屋さんなんですね(苦笑)

>どうも観点が僕と違っているようですね、僕が問題にして居るのは、技術的な独自性でなく、サービスやコンテンツのアイデア何ですよ
>技術的にそのまま使えないのは当たり前です、日本の携帯のサービスはキャリア側が立てたネットワーク上に存在している、囲い込みの手段なんですから。
ガラパゴスと言われないためには、imodeなどのサービスのオープン化をどこまで進められるか。オープン規格を求められる中でクローズドなimodeがどこまで太刀打ちできるか・・Nokiaとの連携がうまくいけばいいですね。

>それに現在はキャリアが出している端末を何が何でも使わなきゃ行けない状況でもないですし(事実好きな人は個人輸入して使っています)、
>ここで語られているiPhone自体がキャリアの囲い込みを前提にした端末で有ることもお忘れなく(アメリカではATT限定の端末ですよね)

いや、キャリアの囲い込みなんてなくなってきてますよ。タイや香港はSIMロックフリーだし、フランスでもキャリアを選べる様になるみたいです(独占禁止の裁判判決が出ているハズです)その気になればドコモでも使えます。輸入してね。パケホーダイが出来ないので、パケ割で使う事になりますが。
後、個人輸入した携帯ではimodeなどの独自サービス受けれるんですかね?受けれないなら、ガラパゴスで生きる為にはちょっと不自由なんじゃないですか?

kurukuru2

iPhoneに完全移行して、とても快適です。
個人的に日本の携帯はカッコイイけど、正直もういいかな。

もう携帯サイトや携帯メールなんて使いたくないし。
日本の携帯を買うなら、iPhone買えるし。

iPhoneが嫌いな人は一度使ってみたらと思いますよ。
やっぱり、同じ土俵に上がってからコメントしましょうよ♪

iPhoneは本当に楽しいよ♪

iPhoneとかガラパゴスにこだわることが大切なのではなく、素晴らしいアイデアと技術で、世界に通用するものを作るかだと思います。

ひろ

http://www.gpara.com/kaigainews/eanda/2009032601/

http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20090324_76273.html
こういう記事を読んでも、本当に流れがiPhoneやグローバルなモバイルアプリプラットフォーム化の流れの中にある。
世界のスマートフォン市場は、エンターテイメント要素を取り込みながら劇的な進化を始めていると思うね。

さて、よく日本だとiPhoneのここが駄目!みたいに騒がれるけど、iPhone OS 3.0を眺めてみても、
地味に弱点を克服して強みを際だたせる内容になっていると思う。
そんな時に相手の弱点だけを騒ぎ立ててる日本の携帯業界やユーザー達は、
本当に未来への展望があるのだろうか?今のままが最高と思うかも知れないけど、
果たしてそれがこの先ずっと通用するのだろうかとか疑問に思うよ。


・Webkitが世界のモバイル端末で重宝されているのはHTML5や高速なJSなど、
国際的に通用するウェブアプリの基盤であるから(日本のウィジェット化の流れすら幼稚に思える)
・AppStoreがこれだけ盛り上がるのは、国という枠に縛られたキャリア主導のサービスとは独立しているから
(だからiモードは、ドコモが世界征服か全世界のキャリアとの提携でもしない限り同じ事をまねすることすら出来ない)
そもそも携帯ネットワークにすら依存していないからiPod touchのような電話レスの製品も同時に普及促進の役割を担うことが出来る。
・iPhoneのUIは、デザイナーが優秀というのもあるが、それを支えるソフトウェア技術を有しているから
際立つことが出来る(FlashでUIを構築している限り、リニアな操作感や自由度的にも勝負にならないだろう)
・日本の強みである絵文字も、GoogleとAppleが共同提案しているUnicode規格化の流れの中で、
日本の独自文化という枠から解放しようと動いている(つまりガラパゴス文化として外圧を食い止める役割はもうすぐ効力を失う)


よく考えて欲しいのは、日本のケータイは機能面で成熟しているから凄いのであって、その部分で追いつかれた場合、何ら独自の強みなんてないということだ。お財布ケータイとかで防衛するくらいしか出来ない。(それだって外付けアクセサリーで解決されてしまうだろうけど)

GG

小川さんのこの記事は、ケータイメーカーへの提言と称して経営的な視点を匂わせつつ、開発者の願望で市場を語るので、読み手を論理的に混乱させているような気が。しかも「ガラパゴス市場」という物言いは、日本市場を構成する消費者が不幸であると、決めつけているかのような印象を与えます。


iPhoneライクな端末でケータイの未来を語り、そこに賭けたくなるのは、開発者の願望としては理解できます。


しかし経営的には、グローバル市場をターゲットとするiPhone(アップル)の追従戦略は、数ある選択肢の一つでしかないはずです。仮にグローバル市場を狙うにしても、iPhoneライクな単一製品を売ることが唯一の戦略ではないですし、単一製品を売るにしてもiPhoneライクな端末はオプションの一つに過ぎないでしょう。また、例えばサムスンのように、技術と部品を外部調達しつつラインナップを多様化し、市場ごとに異なる製品を投入する、マルチドメスティック戦略だってありえます。あるいは国内市場での生き残りと寡占化を狙い、その後は市場特性を参入障壁として利用するといった、国内市場最優先の戦略もありえます。この場合、ノキアのようにアップルが日本から撤退したら、生き残った国内メーカーは大喜びでしょう。いくつもの生き残り戦略がありえる中で、小川さん自身がアップルのフォロワーを狙うならともかく、ベスト戦略として大上段に「iPhoneに学べ」と断言するのは短絡的過ぎますよ。


最後に、コアなファンを除く多くの消費者にとって、将来iPhoneが無くなろうが、アップルが撤退しようがどうでもいい話ですね。他の端末と比較検討の上で、選ぶか選ばないかだけですよ。

うーん

iPhoneとケータイを同列に論ずる事自体、iPhoneの本質を勘違いされているのでは...。iPhoneに電話の機能は期待してませんよ。普通のケータイとiPhoneを両方持つ人が多いのはその証左。


で。


仮にiPhoneから日本のケータイが学んだとしても iPhone を取り巻く世界を真似できると思いますか?iTunesとAppStoreの存在を忘れてませんかね。iPhoneのボタン数が少ないとかタッチパネルだとか...デバイスがcoolだから売れたのではありませんよ。ハードの話じゃないんですよねぇ。iTunes, AppStore のいずれかが欠けていたとしてここまで iPhone が売れたと思います?


仮に国内ケータイ業界がiPhoneから色々学んだとしてもiTunesやAppStoreは作れませんよ。そして大量の魅力的なアプリ(糞アプリもありますが)が現れてくる強力な理由となっている、有り得ないぐらい使い易い iPhone SDK や開発環境を国内企業が提供できるとは思いません。いわゆるデバイス系のアプリ開発環境としてXcode(と一連のツール類)の完成度は半端じゃありませんから。このへんは開発者ではない小川さんには体感出来ない事でしょうけど。AppStoreの広がりと iPhone SDK、Xcode..。これらも相当重要なんです。


そもそもですね、iPhoneから学びを得て真似をしたとしてもiPhoneは超えれませんよね。形を真似するだけでしょ。所詮二番煎じ。模倣から創造へなんて言葉はありますが、国内携帯市場の創造って地デジ対応とかそういう事ですよね(笑) 忘れてはならないのは、iPhoneが市場の3%をおさえたとしても97%はiPhoneの真似になるって事じゃないですか。...だから、無駄な事はやめてiPhoneから学ぶことすら放棄して国内は国内で独自路線を突っ走る事にリソースを費やせば良いんじゃないかなぁと思います。ガラパゴスだろうが何だろうが客はいる訳ですし。変にiPhoneへ誘導するのはやめて頂きたいですね。リソースの無駄遣いを助長してもしょうがない。国内文化を徹底追求して頂いた方が良いんじゃないですかね。

何だか今回のエントリは、e-mobile がTouchDiamondを発表した時に「タッチパネル搭載だからiPhoneには負けない」と関係者が言ってたような痛々しい勘違い発言に近いような気がします。iPhoneの真価って目に見えない所にあると思うんですよね。うーん、Modphiから何故 Native な iPhone App が出ないんだろうとずっと疑問に思ってましたが、やっぱり iPhone の真価に対する理解が異なるからなのかも知れないなぁと思いました。

サカえもん

なぜハードウェアをワールドワイド向きにすべきなのか、なぜOSをマルチランゲージにすべきなのか、という点において、今の日本の携帯ハードウェア・OSの否定的な点をもっと明確に書いてほしいところ。iPhoneの日本語入力は、リリース当初は使いやすいとは言えなかったのでは?

でないと、「ただのiPhone信者の独り言」と言われても仕方がないのではいかと思う。

通りすがり

>ネットワーク上に存在している、囲い込みの手段なんですから。
>ガラパゴスと言われないためには、imodeなどのサービスのオープン化をどこまで進められるか。オープン規格を求められる中でクローズドなimodeがどこまで太刀打ちできるか・・Nokiaとの連携がうまくいけばいいですね。
 
やっぱり通じていないですね。
iMODEが売れたのは
・手軽なWEB端末
・キャリア経由での支払手段
・パケット毎の課金制度
この3点と言われていますよね。

手軽なWEB端末とパケット課金は現状でもどうにかなりそうですから、
後は「クレジットカードの情報をネットに放流するような事をしなくても良い支払手段と、それに対応したコンテンツ」を
iMODEとは別の手段でWEBで使えるように展開すれば良いとは考えられませんか?
(日本のキャリア並の集客力が無いと無理だからiMODE的なサービスの海外展開は通信キャリアか大きな端末メーカーで無いと無理でしょうけど、
オサイフケータイ関係は今後の金融機関の動き次第で行けるかな?)
 
僕が言っているのはそういうことです。技術的にiMODEがどうのとか、ガラパゴスがどうのとかはどうでもいいんですよ。
 
ついでに、既にサービスが存在する国内で無理矢理オープン化する必要がどれほど有るかも疑問ですが。
iMODEに関して言えばどちらかと言うとiMODEメールをPCから使いたいと言う側面から、開放されそうですけどね
 
僕が言いたいのは「技術的部分に拘りすぎて何か見えづらくなっていませんか?」って事です。
 
 
余談ですが、根本的な事を言えば機能制限されたPC・データビューアとして発展したPDAに電話機能を付ける事で誕生したスマートフォンと、
家電である音声通話用の携帯電話を機能拡張する事で誕生した日本の携帯のアプローチが異なるのは当然なんですけどね。
 
日本の携帯電話は家電と言う前提が有るが故に、iMODEの支払いはクレジットカードでなくキャリアから請求と成っているわけです。
そして、60歳や70歳を超えた田舎の母・伯父その知人も簡単ケータイでiMODEを使い、一度は支払いに驚く事になる訳です。

のの

iPhoneとケータイ(国産携帯電話)の違いの一つはiPhoneは世界戦略の一部でしかなく、(2バイト言語圏を意識した)マルチランゲージ化が土台となっている前提上、日本でたとえ余り売れなかったとしても全世界的に見れば一端に過ぎず、Appleにしてみれば欲を言えば売れて欲しいものの、そこそこ売れれば十分というスタンスでしかないから、フランクに客に接することができる、ああ、日本人には合わなかったのね、という程度な点、
そこのところ日本のケータイにしてみれば市場は現状、国内にしかないわけですから、守るしかないわけです。

さらにもう一点、完全に違うところはiPhoneは発売開始が「始まりの終わり」であるのですがケータイは発売か開始が「終わりの始まり」であることではないでしょうか。
共通規格でソフトを開発したところで端末の仕様にないFlashのバージョンであればゲームが(此の端末では未来永劫)動かない、という現実に対してiPhoneはアプリ、ゲーム、ユーティリティに限らずOSまでもが発売以降にブラッシュアップを重ねています。

それでなくても端末価格が高くなった今、購入直後の端末に向ける意識の高さをケータイでは意識しずらいのではないでしょうか。

ケータイにゲームがあって当たり前の世代の人たちにはその世界が一つの世界なのでiPhoneの世界観は相容れないところが多いのでしょう。実際にケータイでしかインターネットに触れない世代もいます。ですが私はインターネットが普及する前からそれらに触れてきた経験からいうとケータイから触れることのできるインターネットは狭くて自由度が低くて、最近の端末こそ、そこそこWebブラウザなどを意識してきたたものの、iPhoneのそれと比べるには値しない代物としか思えません。

iPhoneの正しい認識が出るのはこれからです。
力関係を言えばインターネットが普及することでテレビの業界が戦々恐々としているのに似ているように思えます。
これからケータイもインターネットもiPhoneも全てあることが前提の世代の人たちが選ぶ時に初めてiPhoneは評価されることになると思います。ケータイのように手では捨てられ、新しい機種に変化するのではなく、2世代目、3世代目のiPhoneが発売されてもiPhoenはiPhoneであり続けます。Appleが発売する、iPhoneという文化はつい此の間始まったばかりですから。

DIM

うむむむぅ・・・
やはり世界を相手にしようという気はないのですかね。

>iMODEが売れたのは
>・手軽なWEB端末
>・キャリア経由での支払手段
>・パケット毎の課金制度
>この3点と言われていますよね。

だれが言ったんですか(笑)?
これってimodeに限らずですよね?日本の他キャリアもやってますよね?

>後は「クレジットカードの情報をネットに放流するような事をしなくても良い支払手段と、それに対応したコンテンツ」をiMODEとは別の手段でWEBで使えるように展開すれば良いとは考えられませんか?

それってPayPal?

>オサイフケータイ関係は今後の金融機関の動き次第で行けるかな?

そこはもうNFCが標準になりそうな。残念ながら、日本のメーカーは乗り遅れている感があるのですが・・SONYの技術も入っているというのに。NFCを使う事によってオサイフケータイ以上の事が実現されようとしています。

>僕が言っているのはそういうことです。技術的にiMODEがどうのとか、ガラパゴスがどうのとかはどうでもいいんですよ。

ど、どういうこと??結局は海外展開は無理ってことですか?技術的にiModeがどうとかは僕もほんとにどうでも良いです。

僕が言いたいのは、キャリアから要求された仕様を作っているだけじゃメーカーは生き残る力がなくなるっていうことですよ。その点ではあきらかにiPhoneは異質です。キャリアからの制限を受けずに開発したのですから。そして、日本市場で売っている。docomoから出ないのは頷ける話です。imodeに対応してくれないのですから。(対応しても、きっと困るでしょうが・・・)

別にdocomoに規格をオープンしてもらう必要はこれっぽっちも感じません。ただ、携帯製造各社はもっと世界に目を向けないとヤバいんじゃないの?ということです。
いくらiPhoneを真似しようが、日本の1キャリアの制限の中でしか動けないんじゃ、収益にも限界がありますよね、ということ。結局はここに帰結するのです。

DIM

>KONさん
「日本が閉鎖的だから」「独自すぎるから」なんて理由は、
ノキア関係者からは聞いたことはありませんね。

ノキアジャパンのプレスリリースには、『現在の厳しい世界的な経済傾向の中では、日本独自の製品展開のための投資を続けていくことは出来ない、との判断を下しました。今後、日本ではグローバルR&D活動と、Vertu、ソーシング活動の更なる発展に焦点を当てることになります。』
とあるんですが、これは建前ってことですかね??
あなたのご存知のノキア関係者は何と言っているのですか?

つーかNokiaは携帯製造にはもはやこだわってないんじゃない?Symbianを買収して、オープンソースを策定しようとしてますよね。Oviといい、ソフトウェアやサービス事業に本腰を入れるつもりなのでは・・

てーつ

iPhoneはカッコイイと思う。でもそれを引き合いにして日本の携帯をガラパゴス化といって悲観するのはどうかなと思う?

あくまで私個人のライフスタイルでの判断ですが、現状は日本の携帯(私はdocomo)が一番便利です。あたり前の事ですが。
ニュースや天気などのチェックはimodeで十分だし、もちろんメールも。銀行、証券会社のサービスもimodeやiアプリに満足しています。ゲームは殆どやりませんがよくできていると思います。
コンビニやその他対応しているお店ではおサイフケータイで買い物してます。電話としてのデバイスだけではなく、もう携帯なしではとても困ってしまう程生活に密接してます。

インターネットを海でimodeをプールや池とか言っている人がいますが、それの何が悪いんですかね?
私は携帯のような小さい画面でPCサイトと同じウェブページを見たいとは思いません。
iPhoneはまだ見やすいですが、それでもやはり見ずらいです。会社や家での使用は大画面化している液晶でさらにマルチディスプレイで使用していてとても快適に使っています。
そもそもPC向けに作られているサイトを携帯で見ようとする事に無理があるかなと。携帯で見るには携帯向けに作られたページが一番です。(imodeなど)
私は細かい事はわかりませんが、imodeが独自仕様で悪いところがいっぱいあるのなら、携帯用サイトの世界的な共通仕様を作るべきだと思います。
それがない現状は今一番便利で使えるimodeを使用しているのです。
みなさんがおっしゃるように先を見据えた展開も大切ですが、それで今が不便になるのは違うと思う。

そういえばiPhone3.0のニュースで知ったのですが、iPhoneってコピペ出来なかったんですね。
びっくりしました!ありえないというか、ダサ~(笑)

OK牧場

昔、「国民機」とまで言われたパソコンがありました。あれはパソコンを取り巻く状況がある程度変化した時点でぱったりなくなってしまいました。
他にも、パソコン通信はインターネットで置き換わったりしました。
i-mode、結構いろんな国の会社にライセンス供与されましたが、現在はどこも苦戦しているようですね。
さて、ケータイにおいて歴史は繰り返す... のか?

個人的には、技術的要素以外にも日本人の心情も重要かなと思っています。外圧が来た際の... がこれはちょっと長くなるので略(笑

あと、「今の技術ではこんなの不適当」みたいな話は、その技術が改善されたときに無意味になることがあります。

そういえばアップル自身も昔は完全にガラパゴスでしたが、現在は、独自性を打ち出すべきところとそうでないところをだいぶ意識できるようになった感じがします。
もちろん完全ガラパゴスでも十分に成功していた時期はあったのですが、続けていたら会社はなくなっていたでしょう。

そもそも論

我々が日本語を使い続ける限り、この話題は永遠に終わらないんじゃない?
iPhoneだって英語圏で使わなければ真の価値は見出せないと思いますが。

> 2世代目、3世代目のiPhoneが発売されてもiPhoenはiPhoneであり続けます。
画面解像度や処理速度やメモリ容量は未来永劫変わらないということであれば安心してゲームソフトも作ることができますね。
遅いとかゲーム画面が小さいとかメモリが足りなくて動かないとかいうクレームに対応することになったらたいへんだと思います。

そうなると大きい画面でWebページを快適に見れるようにして欲しいといった方向は我慢してもらうことになりますね。

1~2年後にどうなっているか楽しみなところです。

のの

理解したくないのか、していて勘違いしているのか理解できませんが、
Applが売っているのはiPhoneという端末の新しい文化を売っているのであって、あれがあーなったら大変、これじゃあ買えない。これではソフトが作れないというのはいかにもガラパゴス的ですね。

ただ発売されるのを待って受身で発売されたままのものを提供されるままに利用することに我慢が出来なくなったユーザーが
メーカーの側に使われることをある程度容認した上で殻を破って新しいメディアに挑戦することで得た一種の"成功体験"は、次に買う端末もまたAppleを選ぶ大きな要素になることは言うまでもないでしょう。

ただひたすら完璧を追い求めて一つのミスでも許さないという私正義を振りかざしてにらみを利かすのも日本というガラパゴスの傾向の一つの形でしょうが、メーカーに賛同して不完全であることも容認したうえで成長する自由度に未来を見るというのも新しい端末のあり方になったということです。
文化を創るということはそういうことだと私は思っています。

日本で発売されてから半年、やっと最近正しい評価をされるようになってきました。
国産携帯では通用した出来ないことリストがiPhoneに至っては無意味だったということもそろそろ理解されてきました。
そういう意味では私も1-2年後にどうなっているか楽しみですね。

あえて

当方、出会い系やモバゲーをやっています。
iphoneに乗り換えたとき、あまりの不自由さに愕然としました。

コピペは当然のことながら、
・ストラップ穴
・線1本1picの極細フォントの搭載
・safari標準の、携帯サイト用ブラウジング・モード

これだけでも随分と、一般層・学生層には受けがいいはずですが…いかがでしょうか。

のの

ええっと、そういう方がアレだけ出来ないことリストが散々出回った時期に調べもせずにiPhoneに手を出したのか理解できませんが
そういう方は普通に国産携帯を購入すればいいのだと思います。 

そもそもここで言われているのは国産携帯が国内では売れるが、そのままでは海外でうれませんよ。そこで世界的にも評価される端末について何か学ぶべきことはありませんか?という問題提起で「ここがだめだよ!iPhone」のコーナーではないですしね。

MAS

>・ストラップ穴
>・線1本1picの極細フォントの搭載
>・safari標準の、携帯サイト用ブラウジング・モード

もはやiphoneである必要がない(笑)
出会い/モバゲ/グリーな方々は国産ケータイのほうが・・・
まぁ、”あえて”の意見なのかもしれませんが。

なぜか、iphoneがらみの話題では国産携帯 vs iphoneみたいになって、やれコピペできないだの、文化がどうの・・という話になるんですけど、ここで言ってるのって、『携帯電話メーカーが生き残る道』であって、docomo等携帯キャリアの事では無いでしょ?
キャリアの意向に縛られたまま、裏をかえせばキャリアの販売戦略におんぶにだっこ、の携帯メーカーでは、そのうちどん詰まりになるってこと。海外展開する余力もないし、ノウハウもない。
いくら国内シェアがあっても、採算が取れない事業形態なんておかしいんだから、どうにかしないと・・

さらに、最近はキャリアも外資系のメーカー端末にも力を入れ始めているし、このままではほんとに国内メーカーはやばいんじゃないかい?

ぱぱ

外需過多な日本において、こんな巨大な産業が内需で賄ってるって。ある意味良いことだと思います。個人的には無理して海外に行かず国内で頑張ってもらいたいです。

ひろ

それでも、日本の携帯技術は世界一と
本気で思ってる人もそこそこいるらしい。

井の中の蛙ですね~。

Juggler

タッチパネル携帯は iPhione 以前にもありましたが(日本でもJ-PE02とか)、「クリック感がない」「キーを触覚で判別できない」という UI 上の短所は解消されているのでしょうか?。言語や状況に応じた UI(キーパッドやタブレット)を用意できる長所があるとはいえ、常に目で確認したりピープ音が鳴っているようでは使用環境の制限や身体面でユーザに負担を強いることになりませんか?(もしこれが負担にならないのなら、PC用のタッチパネルキーボードが大ヒットしててもおかしくない気がします)。
凄まじい速さでキー入力する方だけでなく、全盲の方にとっては、タッチパネルは優しいとは言いかねます。
タッチパネルを全否定しているのではありません。商品としての iPhone が諸々の制限の中で、使用環境や身体状況を選ぶ商品になったことは理解していますし、多数のユーザの選択の対象の一つになると思います(個人的には、iPhone がアメリカの障害者法をどうクリアしているのかが気になります)。しかし、多くの人に使われる商品を開発する上で、ユーザの使用環境や身体状況の多様性を無視して、キーボードが悪(または時代遅れ)、タッチパネルが善と決め打ちするのは、乱暴なんじゃないでしょうか。


ところで、タッチパネル携帯で「クリック感がない」「キーを触覚で判別できない」という UI 上の短所を解消する方法は本当にないのでしょうかね?。外付けキーボードを BlueTooth 接続する方法を除いて。
もしある技術ならご教授いただきたいし、まだ存在しないけど可能ならどなたかに開発していただきたいのですが、キーパッドの表示域に合わせてタッチパネル表面の固さを変えることができれば(キーの周囲を柔らかく、キーの領域を硬くする、またはざらざらにする)、キーを触覚で判別できそうです。また、キーにタッチしたときに、キーの領域がいったん柔らかくなり、次いで硬くなれば、クリック感として感じると思います。通電することで硬さが変わる材料があれば、可能な気がします。もしくはクリック感の代償として、パネルの鉛直方向にバイブを発生するとか、キーの領域だけに限定して音をだすとか(15Hzくらいの低周波音なら指先だけで感じて、聴覚への負担にならないでしょう)、いろいろな UI を考えてみたのですが。

MAS

それほどまでにタッチパネルだとUIに問題がありますかね?一部の人は携帯でブラインドタッチができますけど、僕はできないし、結局はキーと画面を確認しながらなので、タッチパネルだろーが、変わらないです。十字キーをカチカチしなくていい分楽だとさえ思いますが。ま、クリック感があったほうが使いやすいのは間違いないでしょうけどね。
タッチパネルが良い悪いではなく、手っ取り早く世界中にバラまくには良い方法ってだけでしょう。コストも減らせるし。

視覚障害者向けのタッチパネルの研究、実用化はいたる所でやってますよ。ディスプレイを凸凹させるものから、振動でフィードバックするもの等々ありますし、アップルも振動フィードバックで特許申請出したってどっかで見たなぁ。

それどころか、iphoneつかって聴覚障害者向けの要約筆記の実験も行われているぐらいなので、どちらかと言うと障害者に対しては希望が持てる端末なんじゃないかなぁ。

通りすがり

DIMさん
>うむむむぅ・・・
>やはり世界を相手にしようという気はないのですかね。

それはこちらが伺いたいところですね。
自分には既に世界規模で存在する他所と同じサービスを作ることが世界を相手にすることに成るとはとても思えません。
世界を相手にしたいなら新しい物サービス(直ぐに技術論議に持ち込みたがる人が多いですが、技術じゃあ有りません)を提案した方が早いですよ。

後、諸々の問題をキャリアお仕着せの開発体制だけのせいにして他の問題から目を背けていませんか?
日本のメーカーはサービス提案と言う側面からすると家電的な部分がどうしても出てしまいます。これは避けようの無い事実で、かつ日本の製品の特色でも(更に売りでも有る)有ります。

APPLEのAPPストアのようなインストール自体に規制を掛けて自社のランニングコストに増大させるようなサービスは日本の企業は絶対行わないでしょう。
OSやファームウェアのアップデートで対応可能ですが、日本のメーカーはアップデートして貰えない可能性に注目してしまいますからね。そして、アップデート無しでもサービス可能で有ることを先ず優先します
(アップデートを強制する方法は次善の策と考えるでしょう)

自分は技術的なことは一切言っておりません。

通りすがり

DIMさん

何かiMODEにやたらと拘っていますが、もしかして、DIMさんはiMODEの接続先のゲートウェイサーバーがOSで決め打ちされて居ると思っていませんか?
あれはユーザーが設定可能な項目です。
(単に他にサーバーを建てる人が居ないので死に項目に成っているだけです。ついでに複数個設定出来る機種も存在します。企業が社内で独自のネットワークを構築するケースを想定した機能だとは思います)

通りすがり

>うーん。誰もUIの話、してないですよね。よく読んでもらえるとうれしいなあ
と書かれてますが、本文中に
>少なくとも タッチパネルとソフトウェアキーボードだけで操作させるべきだろう。それだけは間違いない。
とあります。これはUIの話ではないのですか?
しかも世界で売れるためには必須条件として書いてるようなのですが、ここまで書いて「誰もUIの話をしてない」というのはさすがに無理があると思うのですが。

のの

>ひろ
>それでも、日本の携帯技術は世界一と

技術レベルは世界一ですよ。
それは間違いないです。
疑うべくも無いです。
世界の何処の国にもこの小さく、薄い端末にコレだけの機能を埋め込む技術を持つ国は日本しかないです。

ただここで起きてる問題は技術面だけではだめだという論議ですよ。

コメントを投稿する