オルタナティブ・ブログ > 中小企業の情報活用と地域活性化 >

中・小規模企業のIT活用と地域活性化に関する情報を発信していきます。

おばあちゃんと地域活性化

»

神奈川県南足柄市でとある地域活性化に
  取り組んでいる方からお話を伺いました。

「おばあちゃんと山菜摘みを楽しもうツアー」です。

K_img_render
【引用:朝日新聞 ゆったり地域おこし】

・何もない集落
南足柄市地蔵堂は、
  標高約400メートルにある集落で、20世帯が暮らしています。
  金太郎の里で、夕日の滝というのがあるのですが
  これっといって観光名所も無く
いわゆる「何もない」という場所です。

そこでは、おばあちゃん達がみんなで元気に
  水かけ菜を収穫し、塩漬けの作業をしています。
  また、おばあちゃん達がつくる山菜天ぷらが
  すごく美味しいとのこと。
自然そのままの素材ですからね。

地域おこしを何でしようか?と考えました。
  「何もない」場所で。

・おばあちゃんに焦点
普通は、何か建物を建てたり
  観光地を作ったり、変わったものを行ったりして
  人目を惹くようなことを行うのですが
ここでは「おばあちゃん」に焦点を当てました。

村のおばあちゃん達と自然を触れ合うことを
ツアーとしたのです。

ツアーを企画し、告知をしたら
  ものすごい人気で、問い合わせの電話が鳴り止まず
  その日に定員50名は満員御礼。
  急遽80名まで募集したのですが
  「このままだと、おばあちゃんが危ない(汗)」
  ということで、渋々締めきったとのことです。

もちろんイベントは大成功。

・地域そのままの資源を活用する
自然を破壊し道・建物を作るハードではなく
  地域そのものの資源(自然・人)を活かしたソフトで
経済効果や交流に繋げていることが素晴らしいと思います。

もう一つすごい所は、おばあちゃんを優先して締めきったこと。
  利益を追求する企業の場合、おばあちゃんを無視して
ツアー出来る極限まで企画したことでしょう。

村を大切にする方がコントロールすることで
  おばあちゃんは、いろんな人と楽しく
  参加している方も新鮮でふれあいを楽しめたのだと思います。

そして、ツアーに参加して村を知った何人かが
  村を好きになって、村のために何か行動を起こす
  連鎖が生まれれば、長期的に村おこしが続いていきます。

私は、そういう地域経済の形が好きですし
  これからも考えていきたいと思ってます。
  Webマーケティングは、地域や人の魅力を
  必要としている誰かに届ける力があると思ってます。

湘南アイティケアFacebookページこちら

中小企業のIT活用支援・サポート 湘南アイティケア(神奈川県藤沢市)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する