オルタナティブ・ブログ > 隠れた財産 >

Make Applications More Valuable

small data

»

2014年は「スモールデータ」元年に--10の理由を解説

最近のIT業界でビッグデータがナンバーワンのバスワードであることを否定する人はあんまりいないと思います。

ここまで業界が大騒ぎをすると、それに対するアンチ的なメッセージが発せられるケースがよくあります。

このスモールデータもそういう類の話かと思っていたのですが、かなり的を突いた論点だなと思います。

データサイエンティストがIT業界における花形的な職業になることを否定するつもりはありませんが、データサイエンティストに求められるスキルセットのハードルが高すぎる故、そんなに人材育成がうまくいくかなという懸念は持っていました。

しかし技術に専門家は必要にしろ、それが広まるためにはスキルがない一般的な人々が使いこなせることが重要である点はまさにその通りだと思います。

そして分析というものはデータ分析に限らず、アプリケーションを設計する際の要件分析などでも良く見られるようにやりだしたらきりがないという性質があります。
(分析中毒 Analysis Paralysis)

救急車で担ぎ込まれた救急の患者さんを緊急医(ER)が診察するに当たり、その患者さんの既往歴等の情報が非常に重要ですが、ただ単に膨大な過去の診療録を見せられても正しい判断を得られるわけではなく、いかに重要な情報をコンパクトに素早く伝えらえるかという観点でビッグデータから導かれるスモールデータが重要であるという点納得できます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する