オルタナティブ・ブログ > 「ゲーム大好き!アツめもん」 >

そのゲームコレクターの名前は酒缶。1万本以上のゲームソフトを所有するゲームコレクター。でも、彼には秘密があります。それは……ゲームの知識は全部、未来から来たみんなの人気者・アツめもんに教えてもらっていたのです! ゲームコレクターの視点でゲームについて色々と書いていきますのでよろしくお願いします。

過去を遡ってみると恥ずかしい

»

 先週に引き続き、Gamerさんのサイトで、『海腹川背』の開発者、酒井潔さんへのインタビューが公開されましたので、ぜひぜひご確認ください。

 

ゲームコレクター・酒缶のリコレクションアーカイブス第10回:実況を見ているともどかしくなる「海腹川背・旬 セカンドエディション」酒井潔氏(後編)

http://www.gamer.ne.jp/news/201212020001/

 

 仕事が落ち着き、さくら学院も落ち着いてきたので、ふと足を止めて、過去をさかのぼってみたりしています。

 

 一応、さくら学院のアルバムは全部購入したので、ライブに行っても聴いたことがない曲はなくなりました。でも、父兄さん(さくら学院のファンのこと)と話をしていると、今ではライブで見れない曲、というか、ユニットがあるんですよ。

 

 先日、さくら学院の科学部、科学究明機構ロヂカ?のデビューシングルのリリースイベントに行ってきました。その前には、重音部、BABYMETALのライブにも行っているので、現行のユニットについてはきちんと押さえているのですが、今年の3月で完全に休部状態になった部活があり、この部活について父兄さん達が話をしているのを聞いていると、羨ましい気持ちになりつつも、絶対に今後見れないので悔しい思いをしています。

 

 さくら学院には、バトン部というユニットがありました。このユニットのセンターはさくら学院の初代生徒会長の武藤彩未さんだったため、今年の3月に武藤彩未さんがさくら学院を卒業した時点で休部になっているんです。

 

 でも、見れないと言っても、デジタルで見れないわけではないので、過去の商品を探してみると、デビューシングルが出てきました。

 

20121203ディアーミスターソクラテスCD.jpg

 さらに、遡ると、DVDまで出てきました。

 

20121203ディアーミスターソクラテスDVD.jpg

 公式のPVがYOUTUBEに上がっているので、ここにも貼っておきます。

 

 

 職場で見ていたら、ちょっと恥ずかしいですか? そうですか。2011年の1月に発売されたDVDのPVなので、制作時期を考えると、2年くらい前の映像になるわけですが、この年代の成長は恐ろしいですね。ボクも今見ていてちょっと恥ずかしかったです。ただ、コレクター的にはとりあえず映像が見れて、CDもDVDも手に入ったので満足です。中身の詳細については、また別の機会に紹介します。

 

 で、ゲームについて、アイドルの映像が出ているモノって何かあったかな、と思って、色々と探してみると、こんなものが見つかりました。

 

20121203プラドル.jpg

 元気がSadaSoftブランドで発売していたプラドルシリーズ。色々と怪しいソフトに見えるところがありますが、藤崎奈々子さんや吉田里深さんがメインのモノもあり、当時としてはそれなりに目立ったタイトルだったような気がします。ちなみにソフトは、写真集+ミニゲームというような内容になっています。

 

 セガサターンだけだとバランスが悪いので、プレステからもこんなものを見つけてきました。

 

20121203EPSシリーズ.jpg

 こちらは、アンティノスレコードが発売した音楽ソフト。あの頃、プレイステーションは「全てのゲームは、ここに集まる」状態だったのですが、このソフトは帯に「[音楽ソフト]このソフトはゲームではありません。」と書かれている、かなり特殊なソフト。

 

20121203EPSシリーズ帯.jpg

写真集とプロモーションビデオが収録されていて、仲間油紀恵さんのタイトルがちょっと貴重かもしれません。

 

 そんなわけで、あえて結論を書くとすると、アイドルの過去をさかのぼるといろんな意味で恥ずかしい気持ちになる、というところでしょうか。でも、皆さん、お好きでしょ?

 

20121203さくら棚.jpg

 「さけかんの ゲームコレクターレベルが あがりました!」

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する