オルタナティブ・ブログ > 「ゲーム大好き!アツめもん」 >

そのゲームコレクターの名前は酒缶。1万本以上のゲームソフトを所有するゲームコレクター。でも、彼には秘密があります。それは……ゲームの知識は全部、未来から来たみんなの人気者・アツめもんに教えてもらっていたのです! ゲームコレクターの視点でゲームについて色々と書いていきますのでよろしくお願いします。

第9話「地震対策に使っているモノって何だっけ?」

»

 ゲームコレクターが困った時には、いつでもアイツが助けてくれます。

 3月11日以降の大震災による被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。東北地方および北関東の皆様の被害状況は主にテレビ映像で見て知り、自然災害の恐ろしさを認識するとともに、現状回復の厳しさを感じております。関東地方においても、東京電力の福島第一原子力発電所の事故により、放射能問題はもとより、電力やガソリン、食糧など、様々なエネルギーの供給状況がパニックになり、やっと少しずつ正常に戻りつつある状況にあります。

 北関東のゲームコレクターさんの話によると、棚が倒れたり、大事なゲーム機が落下したりとかなりの被害に遭われている方がいるらしく、とても心苦しく思っています。

 ボク自身も関東地方の神奈川県の横浜に住んでいるため、今回の地震に対して全くの無傷ではなかったのですが、部屋のモノが数点棚から落ちる程度の被害で済み、棚が倒れたり、高価なものが落下したりするような、大災害には至りませんでした。

 ふと自分の地震対策について思い返してみると、1つしかやっていなかったため、その1つについて紹介しておきましょう。

 「アツめも~ん、地震対策に使っているモノって何だっけ?」

 「しょうがないな、さけかんくん。ハイ、耐震マット~!!」

 

000901.jpg

 この超粘着振動吸収素材を積み上げている棚やコレクションケースの下に敷くだけで、若干の揺れでガタガタは鳴るものの、倒れたりずれたりすることはありませんでした。万能ではないかもしれませんけど、このような便利グッズを使うだけで、多少は地震対策になるので、今回の地震で棚やコレクションケースが倒れた方は、少しは対策をしておくことをお勧めします。100円ショップとかで手軽に買えるものですので、ぜひ探してみて下さい。

000902.jpg
000903.jpg
000904.jpg
000905.jpg

 あと、単なる実体験ですが、棚の中にはなるべくモノが詰まるようにぎゅうぎゅうに入っている方が、地震でモノが飛び出る可能性も減るみたいです。

000906.jpg

 今後、これまでの日常に戻るには時間が掛かると思いますが、ゲームを仕事と趣味にしてしまった以上、しっかりとゲームをしながら、現状回復に努めますよ。ゲームを買って遊んで経済を回復させましょう。電力使用は抑えつつ。

 

「さけかんの ゲームコレクターレベルが あがりました!」

【関連サイト】
家庭での耐震マットの導入事例

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する