オルタナティブ・ブログ > 「ゲーム大好き!アツめもん」 >

そのゲームコレクターの名前は酒缶。1万本以上のゲームソフトを所有するゲームコレクター。でも、彼には秘密があります。それは……ゲームの知識は全部、未来から来たみんなの人気者・アツめもんに教えてもらっていたのです! ゲームコレクターの視点でゲームについて色々と書いていきますのでよろしくお願いします。

第2話「『シェンムー街』の関連作品ってなんだったっけ?」

»

 ゲームコレクターが困った時には、いつでもアイツが助けてくれます。

 実は11月15日に『シェンムー街』の制作発表会に行ってきました。

000201.jpg 000202.jpg 000203.jpg


 ゲーム雑誌やWeb媒体向けの発表会なのに、なぜボクが呼ばれたのでしょう。きっとゲームコレクターだからですかね。

 『シェンムー街』はYS NETがゲームを開発し、サン電子が配信と運用を担当し、セガが監修しているソーシャルゲーム。モバゲータウンとYahoo!モバゲー向けに配信される予定です。詳細はニュースでチェックして下さい。

 最近のゲームは、コレクションできなくて困ってしまいます。ソーシャルゲームは絶対にパッケージ化されないし、人とのつながりが重要なゲームで、ルールが常に変化していくため、後で同じものを楽しめる保証はありません。でも、確か『シェンムー街』には過去に関連作品があったような......。


 「アツめも~ん、『シェンムー街』の関連作品ってなんだったっけ?」

 「しょうがないな、さけかんくん。ハイ、『シェンムー』~!!」

 

000204.jpg

 『シェンムー』は1999年12月にセガ(当時はセガ・エンタープライゼス)が発売したゲームソフト。当時、「制作費70億円」をアピールするCMが作られた伝説のソフトで、ゲームのジャンルはFREE、英語版の『US Shenmue』と続編の『シェンムー2』が発売されています。

 こういったゲームの情報は、ネットでも調べることができます。映像もYOUTUBEで見つかるかもしれません。しかし、ゲームを実際にプレイするには、ゲーム機とゲームソフトが必要になります。ダウンロードコンテンツで供給されてないタイトルは、現物を持っている必要があるのです。

 続編や関連作品を開発する時には、過去の作品を振り返る必要があります。記事を書く人も過去の作品をプレイしておいた方がいいでしょう。今後、何らかの形で仕事になる可能性があると思ったら、ゲームコレクターはゲームを手元に持ち続けるのです。もっとも、今回の『シェンムー街』にボクは全く関わってはいませんけど。

 ちなみに、『シェンムー街』の制作発表会では、プレス向けに「バッグ」「クリアファイル」「ノート」「USBメモリ」が配布されました。これもコレクションとして保管しておきましょう。

 

000205.jpg 000206.jpg

 「さけかんの ゲームコレクターレベルが あがりました!」

【関連サイト】
『シェンムー街』公式サイト
『シェンムー』公式サイト

Comment(1)

コメント

デュビルダビッド

こんにちは

シェンムーのグッズを集めているので、シェンムー街のグッズに興味があります。

もし、よろしければ、売って下さいませんか。カバン、USBメモリ、ノートでも買いたいんです。

それでは、宜しくお願い致します。

コメントを投稿する