オルタナティブ・ブログ > データイズム >

記録するジャーナリズムから、測って確かめるデータイズムへ

消費税増税で日本の自殺が増えた論の大間違い

»

安倍政権の消費税増税決断前に、反増税キャンペーンがTwitteなどでありました。そこでの主張の一つに「1997年の消費税増税が、日本の自殺者を増やした」というものがあります。その妥当性を検証してみます。


そもそも、本当に自殺が増えたのか?について:

統計データはおもしろい! -相関図でわかる経済・文化・世相・社会情勢のウラ側の著者、本川 裕氏のサイトでその実像が語られています。結論のチャートを先に引用します。実は、長期的に見て日本の自殺率は下がっています。そして、バブル景気の時期に特に下がりましたが、今は1960年代から1980年代にかけての成長期並に戻っただけなのです。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2758.html

図録▽自殺は本当に増えているのか via kwout

消費税増税が自殺を増やした論者が引用するのは上の、チャートではなく以下のチャートです。上は、人口あたりに直し、また年齢構成の影響を補正した標準化自殺率データです。

単純な、自殺者では確かに増えていて、戦後最高の自殺者数が下がらずに1998年以降続いている状態です。消費税増税が自殺者を増やした論者は1997年から続く条件が消費税5%ということを以って消費税増税が自殺者を増やしたと主張しています。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2758.html

図録▽自殺は本当に増えているのか via kwout

しかし、これには大きな問題があります。自殺者総数なので、人口が増えると増える指標からです。そこで人口10万人あたりに直したのが以下のチャートです。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2758.html

図録▽自殺は本当に増えているのか via kwout

しかし、これにも問題があります。同じ人口でも年齢構成で「自殺率」が大きく変わるためです。10歳未満でほとんど自殺が無いのに対して、中高年は非常に自殺が多くなります。日本の年齢別自殺率推移チャートを見ると、年齢構成が変わると率が変わりそうだと分かるでしょう。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2740.html

図録▽失業者数・自殺者数の推移(月次、年次) via kwout

10代の自殺が社会問題になったりしますが、数としては圧倒的に低く、次に低いのが20代、その次が30代で40代が続きます。一番高いのは長らく50代でしたが、ここ数年は下がり、60代、70代以上と同じような数になっています。古い統計はありませんが、高齢化が自殺率を上げる傾向が理解いただけけるでしょう。

そして、その傾向を補正して時代ごとの自殺傾向を比較可能にしたのが、以下の標準化自殺率チャートです。(再掲)

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2758.html

図録▽自殺は本当に増えているのか via kwout

これで、やっと過去との推移が高齢化要因を除外して比較できるようになりました。するとわかりますが、実は1998年以降の今は、戦後の高度成長期状態並みの「普通」な状態にあると分かります。1994年オリンピックに向けて日本が大きく変わり自殺率も下がったのですがそんな希望の成長期と今とで自殺の傾向は同じなのです。むしろ、1990年頃から1997年にかけてのバブル期とその名残の時代に一時的に自殺率が低い、より幸福な時代があって、それが終わったのだということが分かるでしょう。

それでも、戦後から豊かさを実感し始められる時期よりは低い自殺率が続いています。

データで見ると、そもそも自殺率が上がった理由を探すこと自体が間違い:

そもそも、1998年からの自殺率上昇が特別な現象だという認識が間違っているのでその、理由探しも大間違いになっています。消費税増税に理由を見つける人々は、データを読み理解する能力に欠けているだけでなく、問題設定からして間違っています。

一時的に自殺率が下がったのななぜかと、問題設定を変えるとそれはバブル景気という幸福な時代の一時的な現象だった、そう素直に分かることでしょう。反原発で、論理性を書いた論説がはびこり、その流れでいろいろな俗説が世間にあふれています。その流れで反消費税のデマがはびこっています。

自己の主張を通そうと人を驚かすようなグラフを出す人も増えています。TwitterやFacebookなどで似た主張の人だけで群れて「教義」を先鋭化させている人々の注意が必要です。

Comment(9)

コメント

こんな統計遊びをして、何の意味があるのでしょうか。
きちんと自殺者やその家族のを聞いてみましたか?
自殺者を救うために行動を起こしましたか?
情報を発信する者には、それなりの責任が伴うことを理解してほしいものです。

坂本英樹

幸福賢者さん:
事実を正しく認識することが大事ですよ。そして、私の情報が違うとおっしゃるなら具体的に指摘してください。

「消費税 自殺」と検索してみた者

これって裏を返せば年齢構成が本格的に高齢化してきて「もう将来がない」と絶望する人が増えてきたということも意味しているのでは?
実際、50歳代の自殺者数だけ突然大きく増えている。
このへんでリストラなどが本格化して、50代の絶望が爆発したのかもしれない。

HK

バブル景気の幸福な時代だから自殺率が下がったというのなら、バブルがはじけてから
自殺率が70年代前後と同水準に戻るまでのタイムラグは?
また、97年から98年にかけて全世代で自殺者が大幅に増えていますが、この辺りで自殺率が大幅に増加したか、人口爆発()でも起こったかどちらかですよね。
人口増加や少子化を問題にしているわりには、世代別のデータは人口比ではないですし、
大学の学部で習うような算数で一般国民を騙そうというのが見え見えです。
まるで自殺者が増えることを望んでいるかのような思想ですね。日本の近辺にそのような国があったかと思いますが。

坂本英樹

HKさん:
正しい事実認識から正しい理解と対策が可能になります。それで、タイムラグについては、不景気になってもしばらく自転車操業で回っていたけどそれが行き詰まるのに時間がかかるからとされています。ある自殺された元ダービー馬主の方は銀行融資が断られてから2年は手形で切り抜けられていたとか。間接的な影響なのでタイムラグがある程度あるとかんがえるべきでしょう。

単一のデータから物事を解釈した場合、正しい結果が導かれるのか検証が必要ですね。

私も消費税増税と自殺の関係は大変関心がありまして、分析を試みたことが何度かあります。
以下のブログエントリーはそのひとつです。
http://d.hatena.ne.jp/shavetail1/20131001
この中の図表2でなぜ1998年春に自殺数対前年同月比が6割増となったのか、消費税消費税以外の要因で説明ができますでしょうか?

シェイブテイルさん:
個々の自殺者にはそれぞれに事情がおありなです。個々の例をいくつか見ていくとその状況が分かるかと思います。例えば、1990年のダービー馬アイネスフウジンの馬主の小林氏はWikipediaによると、1996年頃に銀行からの新規融資を断られる状態に事業が不振に陥り、1998年2月下旬に資金繰りに行き詰まり自殺されたそうです。
そういう、自殺に至る痛ましい状況のを考えたときに、消費税率が3%から5%から上がったら即自殺が増えるというストーリーはあまり思い浮かびません。事業者でしたら納税のための預かり金が増えて手元現金は増えます。そして、給与所得者だったら、103円で買っていたパンが105円になって買えなくなったとかいうストーリーも無理があるでしょう。消費税増税のタイミングと自殺増のタイミングが一致しているのですがだからこそ、因果関係は考えにくいと思います。

シェイブテイル

自殺が6割も増えたという異常事態は無視する一方、自分(というか本川氏サイトの引用)は無批判に肯定する意味がわかりません。 返事不要です。

坂本英樹

シェイブテイルさん:
いやいや、1998年消費税増税で自殺者急増は全く説明できないということを食費を例に説明しています。消費税増税と自殺者急増のタイミングが一緒だから、原因が消費税増税だとおっしゃいますが、どういう状況で消費税増税を理由に人が命を断つのか、どういうストリーがありえのか教えてください。説得力のあるシナリオはまだ見たことがありません。

コメントを投稿する