オルタナティブ・ブログ > データイズム >

記録するジャーナリズムから、測って確かめるデータイズムへ

新しいiPad という「代わり映えしない」新製品の意味と価値

»

結構世間からは、評価が辛い新しいiPad 尊敬する、イノベーター永江さんも、新しいiPad拍子抜けで大丈夫か? Appleの終わりの始まりじゃないかと心配されています。

http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=2359

Appleの終わりの始まり? 新しいiPad | More Access,More Fun! via kwout

結構世間からは、評価が辛い新しいiPad 尊敬する、イノベーター永江さんも、新しいiPad拍子抜けで大丈夫か? Appleの終わりの始まりじゃないかと心配されています。

CPUを上げて画像を綺麗にするかわりにでかくして重くするなら、中国のパチもんメーカーだって作りますよ。さらに言うと、CPUをバージョンアップして画像綺麗にする程度なら、発表会もいらないです。

この憤りは愛するからこそだと分かるんですが、Windows魂な私からすると、「実際に手にとって使って見ないと分からない」と思います。同じ画面サイズで解像度が2倍というか、画素で4倍というのは飛躍的変化です。「目に見えて革新的」というAppleキャッチコピーは確かにダメで、「百聞は一見に如かず、新しいiPadの良さはこのWebサイトでは伝わりません。実際に手に取って操作して体験ください。」ぐらいが本当のところじゃないかと思っています。

そして、この解像度は従来型のコンテンツと高い互換性を保っています。縦横比各2倍という扱いやすい拡張だからです。その一方で、密度が2倍という細密なディスプレイはきっとデジタル画面の概念を一新する可能性があると期待します。

雑誌の見開きを緻密に表現できて、マンガのルビが読めるとか、具体的なメリットがきっとあると想像しています。

ただ、Appleストアもあるとは言え、Web作っているのはオンライン売上というノルマを背負ったチームなのでそうもいかない というジレンマはあるでしょうが。

また、そもそも、iPad自体が破壊的(不連続的)イノベーションをもたらしたばかりで、成し遂げる途上の製品です。そして、iPadをめぐるエコシステム(アプリやWebサイト、サービスなどとの総合的付加価値)を育成する途上にあります。そういう発展途上にある製品は「ガラッと変わる」べきではないのです。初代も、iPad 2もそしてこの新しいiPadとで共同でエコシステムを作るには「代わり映えしないもの」であることが不可欠なのです。

ともかく、この代わり映えのしない、かと言って新しい世界を徐々に広げるAppleはすごいのじゃないか、今後もこの革命は続くのではないか、そう期待させられています。

Comment(4)

コメント

TETSU

思ったのですが、Appleにハードウェアの進化を求めること自体がちょっと違う気がします。
元々ハードウェアは市場にある使える技術を使っているだけで、Apple自体はそんなに新しいもの開発してませんから(A5XはApple設計だけど、基本的にCPUコアもGPUコアもAppleの設計ではない)

まぁそれでも、過去に素晴らしいハードウェアを出してきているので、どうしても期待しちゃいますけどw
取引先に多くの日本企業の中小企業が入っていたそうで、そこをどうやって発掘したのかな?そう考えると不思議な会社ですね(大手なのにベンチャーの企業文化がある感じ)

予想通りのハードウェアで、外すこともないし、きっと沢山売れるんでしょうね(自分は買わない、だってiPad2があるから)

坂本英樹

TETSUさん、
> Appleにハードウェアの進化を求めること自体がちょっと違う気がします。
iPad自体はイノベーションとして驚きがあったから発表への期待が上がっちゃうのは仕方ないかもという気はしますが、新味の無い発表を ジョブズの「芸」でカバーというのは過去何度もやってきたわけで、見せ方も含めた演出力への落胆なのかもしれませんね。

また、「旧型」を買い換えたくなるような新味を求める人が落胆発言しているけど、サイレントマジョリティは、
・手持ちのiPadが陳腐化せずによかったと喜んでいる
・良くなってはいるようだからそろそろ買おうかな?
という人たちでしょうしね。

Ifreeta

今度のiPadは、写真(電子書籍を含む) ためのバージョンアップと捉えています。重くなっているので、良さが相殺されています。
動画は綺麗に再生できる性能ではあるが、容量不足のため1080Pの動画でさえ変換して圧縮が必要。
高画質液晶のため、実機を見ないと判断できない機器ではないでしょうか。

坂本英樹

Ifreetaさん、「高画質液晶のため、実機を見ないと判断できない機器」だと私も思います。高画質液晶のiPhoneはもうあるけど、それは画期的じゃなかったと思う人もおおいのでしょうが、大きくなると全く違う価値が生まれる可能性はあります。
そして、それを生かすコンテンツが揃わないと真価が発揮しにくいかもなのですが、Appleが着実に周りを巻き込んで時代を動かしているとは実感します。

コメントを投稿する