オルタナティブ・ブログ > データイズム >

記録するジャーナリズムから、測って確かめるデータイズムへ

雑誌クロワッサンの「放射線で傷ついた遺伝子、子孫に伝わる」問題の本質

»

マガジンハウス社発行の雑誌クロワッサンの、放射線と遺伝子に関する表紙問題。「表紙タイトルに被ばくされた方々及びその関係者の方々に対して不適切で配慮を欠いた表現」があったという謝罪が編集長名で掲載されるに至りました。、

http://magazineworld.jp/croissant/808/read/http://magazineworld.jp/croissant/info/

マガジンワールド | クロワッサン - CROISSANT | お詫び via kwout  マガジンワールド | クロワッサン - CROISSANT | 808 | 立読み via kwout

確かに配慮を欠いて不適切というのは同意します。しかし、本質的な問題は違うところにあると思います。編集部に科学的知見が十分に無いことであり、他の専門家から否定的な意見も聞いたのにその矛盾をどうも理解出来ていないことです。

現役の研究者より、科学エッセイストの主張を根幹に据えたクロワッサン編集部
表紙で名前の出た、柳澤桂子氏は、三菱化成生命科学研究所副主任研究員を1971年から1983年まで勤められた方で、退職されてからは、生命やDNAをテーマにした啓蒙書やエッセーを中心に活動されている方です。クロワッサンという雑誌や読者層とは相性がいい方なんでしょうが、ここ30年弱の間の遺伝・DNA研究の進歩は目覚しいわけで、せめて現役の研究者の意見も聞いて併記すべきだったのではないかと思います。

柳澤桂子氏は、

「放射線に関して"安全だ"という言い方は改めていただきたい。放射線と人間とは相容れないものなのです。」

と主張され

「放射線によって傷ついたDNAは、子孫に伝えられていきます。何万年か後に、突然変異のおそれが。」

という中の見出しにつながります。こういった柳沢氏の主張が

放射線に安全値はないという。これからの「いのちと暮らし」は、どうなるのか。

という特集の見出しに繋がっています。

遺伝・DNAについて分からない事はまだまだ多いから、そういう可能性を指摘する説があっても分からなくはありませんが、現役の研究者の見解は違うようです。独立行政法人 放射線医学総合研究所 安田徳一名誉所員は2009年の著書「放射線の遺伝影響」で

放射線によって突然変異が生殖細胞に生じるとすると,子どもや未来の人類への影響が懸念されますが(遺伝性影響),現在のところ,それを示す確実な証拠は見つかっていません.

と紹介されています。また、原子力事典ATOMICA の「原爆放射線による人体への影響 (09-02-03-10)」では以下の通りです。

2.2.2 遺伝的影響
 原爆被爆者の子供に対する遺伝的影響を調べるため、1940年後半から胎児の流早産や死産、胎児・新生児における奇形の発生が調べられたが、統計的に有意な影響は検出されなかった。また、遺伝生化学的手法で血中の変異タンパクをマーカーとして突然変異の出現率を調べたが、影響は検出されなかった。さらに、DNAまたはRNA中の突然変異を直接検出する調査が1985年から行われているが、これまでのところ遺伝的影響があることを示す結果は得られていない。また、原爆被爆者の子供のがん死亡率、がん罹患率、がん以外の疾患による死亡率ともにリスクの上昇は認められていない(表4)。

広島・長崎での原爆投下という非常に不幸なできごとがあり、そこで被曝の影響が子孫に遺伝するのかは大いに心配された問題でした。
生命科学でいろいろなケースがあり、可能性はいろいろありえるのでしょうけど、一番知りたいことであり、気にすべきこと。今放射線をそれなりの量あびているとして、子供を産むべきか避けるべきか?結婚相手として被曝者を選んでいいのか?とかいう切実な問いに対して、今の定説ではそれを科学的根拠が無いと否定しています。

一方、柳澤説は、DNAの損傷は引き継がれるため遠い将来の突然変異が起きると想定されています。この仮説を全面的に採用すして、広めることの問題の重さを 雑誌クロワッサンは理解していないと思われます。詫びるべきは、「不適切な表現」ではなく、この説を採用することで起きる社会的影響を全く配慮していなかったこと、そしてそれは現在の主流ではないと伝えていないことでしょう。

こういう重い課題に対してクロワッサンはさらりと、紙面をめくった次のページに、矛盾する記述を記載しています。慶応大学医学部放射線科講師、近藤誠氏の説明に基づく見出しはこうです。

被曝は子孫に遺伝する?
遺伝子変異の可能性はごくわずか。

発がん全般についても不正確

ただ、問題はこれだけではありません。先の近藤誠氏の記事だけどもいくつか問題があります。

100mSV以下は本当に安全?
50mSv以下でも発がんします。

という小見出しは、しきい値なし仮説の、50mSvとかでも比例してリスクがあるという近藤氏の意見とは相違する、間違った見出しです。一方、喫煙については非常に甘い見出しをつけています。

がんになりやすいタイプは?
喫煙者はがん化の危険も大きい。

とだけありますが、国立がん研究センター 「わかりやすい放射線とがんのリスク」(PDF)で、喫煙は1000mSvを超える発がんリスクと指摘しています。 
Cancerradiation_2発がんリスクの上昇度を統計的には検出出来ていない、100mSv未満の放射線被曝を危険と断定しているのと比べて、この紙面の作りは大いに疑問が残ります。

飲酒、喫煙、肥満、高塩分食、運動不足、やせ、野菜不足、受動喫煙などなど多様な因子は自己でどうにか変えられるものに対して、東電福島第一に起因する放射線は避けがたいという性質が違うものではありますが、それでもなお、発がんのリスクを減らすための正確な情報発信はできていないと大いに反省すべきでしょう。

ビタミンCで発がん予防は俗説と退けていますが、だったらもっと重要なことを伝えるというか、編集部が知らないのに特集を出してしまったことを大いに反省し、訂正記事を出すべきでしょう。

※ 7/4 0:43に一部追記、修正しました。

Comment(12)

コメント

ardbeg32

「知らない」ことについて反省する事なんてあり得ないでしょう。
だって、この手の煽りをしたい人って、「怖い」から煽りたいんであって実は喫煙の方がより多く被爆するなんて事すら「理屈」は「どうだっていい」人たちなんですもの。
だからあれだけ「怖がっていた」ダイオキシンとか狂牛病肉なんてなんとなく「怖くなくなった」から欠片も話題に上がらないじゃないですか。
このあたりの、日本のマスコミの感情でしか物を考えられない伝統は、何とか打破できないものですかね?
某Yテレビの朝のニュースキャスターの「僕難しいこと解んないもん」と公言する姿や「宇宙へのパスポート:笹本祐一著」に出てくる某国営放送の失笑もの取材陣にイライラさせられます。

kitakaze

私は坂本さんが何をそんなに怒っているのか理解できません。
クロワッサンの記事を直接読んでいないので、それはそれで怒られそうですが、今回のエントリーを読んだ感想です。
抜粋されたタイトルを見ると、私は「放射線の人体への影響に関して、さまざま見解があって一概にこうだとは言えない」という印象を受けます。
このクロワッサンの特集では偏った意見だけを取り上げるのではなく、あえて色々な説を取り上げているのではないでしょうか?
だから「突然変異の可能性」→「その可能性は非常に少ない」という流れになっているのでしょう。

「喫煙者はがん化の危険も大きい」という事に対して「非常に甘い見出し」とおっしゃっていますが、一体どこが甘いのか理解できません。
喫煙者のがん化リスクを無視するのではなく、それを取り上げているにもかかわらずそれすらも叩くというのはちょっと理解に苦しみます。
これでは「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」です。
放射線に関する坂本さんのスタンスは分かりますが、反対意見に対して少々感情的な印象を受けます。

100mSv以下でも比例してリスクがあるという説も、それは一つの説で専門家の中でも意見が分かれています。
色々な説を取り上げたクロワッサンの記事は、私は公平だと思いますよ。

遺伝に関してですが、これはたぶん私も坂本さんと同じ考えで影響はないだろうと思ってはいますが、それでも
「今の定説ではそれを科学的根拠が無いと否定しています。」
と書かれた部分には違和感を覚えます。
「今の定説」に対して反論を唱えて何がいけないのでしょうか?
定説があれば、もう研究しなくも良いんですか?
世の中絶対なんてないと思います。
昔は健康のために日光浴をしようなんて言ってましたが、今じゃ皮膚がんのリスクがあるから気を付けようなんて言ってますし。

今回のクロワッサンの表紙に関しては確かに被災者への配慮が欠けたもので、一歩間違えば差別へと繋がりかねない危険性があると思います。
でも子孫への遺伝を心配する人の意見、それを否定する人の意見、その両方を記事にしているのですから、記事の内容に対してはそんなに怒る必要は無いのではないでしょうか?

坂本英樹

ardbeg32さん、
結局のところ非常に難しく分からないことも多いのが今の科学的認識なんですけど、分かりやすく単純化されたものが求められています。そこで、問題は目をつぶって単純化して言い切る方がもてはやされているのですが、目に余るものは批判していくべきだなと思います。

坂本英樹

kitakazeさん
科学に対する認識はいろいろあっていいと思うんですが、一番の問題は編集部が謝罪したように被曝者差別に繋がる見解を、それと理解せずに書いてしまったことでしょう。

この誤解が広まると、過去の差別が蒸し返されたり、またこれから新しく生まれうる命を断念する可能性もあります。センセーショナルに言うと、間違った科学で命が中絶で絶たれてしまうとか、不安になって流産の可能性を増やしたりとかいう実害すら考えられます。

そして、柳沢氏と近藤氏の意見は対立する多様な意見としては書かれていません。
柳沢氏は人類は原理力というものを捨てるべき という編集部の主張の語り部として登場したという位置づけで、近藤氏は医学的な観点での意見なんですが、編集部的には矛盾することが分かっていないようです。
表紙に書いたりしているように今回の特集の全体意見として柳沢氏の主張を採用しているわけです。臨床医学的な話と数万年後の突然変異とは矛盾なく収まっているから一つの流れとして入っています。


最新の研究で間違っているという説を雑誌が取り上げてしまうことはありえることですが、せっかく表現に問題があると謝罪されたのだし、クロワッサン編集部は最新の研究はどうなのか?とかちゃんと伝える義務があると考えた次第です。

kitakaze

放射線の影響に関しては、専門家の間でも諸説あるのはご存知かと思います。
よってこの雑誌が「リスクはあるよ」というスタンスを取ろうが何だろうが非難されるべきではないと思います。


>一番の問題は編集部が謝罪したように被曝者差別に繋がる見解を、それと理解せずに書いてしまったことでしょう。

であれば、その事だけを指摘すればいいだけで、柳沢氏と近藤氏の意見や喫煙に関するタイトルを非難するのは行き過ぎだと思います。

このブログを読んでいる人全員がこの雑誌を読んでいる訳ではありません。
その事に注意しながら引用しないと、逆にこの雑誌や柳沢氏と近藤氏に対するミスリードになってしまう可能性もあるかと思います。

坂本英樹

>放射線の影響に関しては、専門家の間でも諸説あるのはご存知かと思います。
第一線の研究者では、放射線の障害は遺伝しないことが、大量のマウスを使った実験などで確かめれれています。そういう中、進歩が目覚しい生命科学というジャンルで、一線の研究から離れて科学エッセイを書いている柳澤桂子氏の主張のみを主張たクロワッサン編集部の罪は重いと思います。

そして、柳澤桂子氏の主張は、被ばく者差別を助長する非常に社会的影響の強い意見です。
指摘されてやっと気づいたマガジンハウス社は猛省し、Newtonなどより科学が分かる雑誌社に検証記事を委託し、紙面に載せるべきだと思います。

とはいえ、これは私の意見です。その意見を批判される自由もあるわけですけど、そこを指摘できるのが今のオンラインメディア時代のいいところだと思います。

また、「50mSv以下でも発がんします。」とかいう論外な間違った見出しは批判を受け、今一度マガジンハウス社とクロワッサン編集部は正しいと思っているのか改めて述べて欲しいと期待しています。

雑誌クロワッサンは、以前、ペット関連で職業差別記事を掲載し、自主回収したことがあると報道されています。報道の自由に付随する責任を今一度自覚し、自分が傷つけたものの大きさを改めて思い知るべきでしょう。

Naoki_O

遅コメ気味で失礼します。
クロワッサン、立ち読みしました。
まぁ、一言で言って酷い。酷いですね。全体として悲観論にバイアスしてますが、特に最初の2ページの柳澤氏へのインタビュー記事は、論理が飛躍しすぎて、もはや意味不明でした。書いてあることの意味がわからなくて、現実に平衡感覚を失うという貴重な体験ができました。いや、最終的に、日本語の意味は理解しましたが、内容は天然ボケでなければ意図的なミスリードを狙っているとしか思えません。
いちいち内容に突っ込み出すとキリがないので、止めておきますが…
読者層を考えれば、論理もへったくれも必要なくて、風水やサプリのCM程度の根拠と、放射線は有害だ言う結論だけあれば、編集としては充分なのだろうと思います。
当人達は危険を警告するだけのつもりかも知れませんが、あのような表現で一番被害を被るのは、特定の地域に居住しているだけで奇形児を産むとか言われるであろう人たちだと言う事くらいは、想像力を働かせるべきだったろうとは思います。

坂本英樹

Naoki_Oさん
メインの特集では「いつから白いご飯、白いパンだけを食べるようになったのでしょう。精白したものばかりでは、判断力もなくなります。」とか書かれている雑誌なので、違う価値観から批評するのは野暮なんだなぁとは思い知っているのですけど…。でもなお、そういうノリで放射線問題を中途半端に科学的に扱うのはだめだし、せっかくだから指摘しておくべきだと思うんです。

どうもけっこう信じられている雑誌のようですから。

レシピで美味しそうな料理とか、干し野菜の薦めとかもあって悪くはないと思ったんですが、減塩は大事とか、医師が登場するなら食についても助言があればなと思いました。

とはいえ、クロワッサンの表紙に「東電福島第一も怖いけど…喫煙と大量の飲酒は1000mSv以上危険」とか載っていたら、雑誌が売れないでしょうし、いろいろ難しいのでしょうね。

kitakaze

>「50mSv以下でも発がんします。」とかいう論外な間違った見出しは

100mSv以下でも比例的にリスクはあるという見解は専門家の間でもあるんですよね?
これ「論外な間違った見方」なのですか?
専門家でもない坂本さんが、こう断言することはあなたの言う「罪」にはならないのですか?

私は坂本さんの放射線に対するスタンスについては、何も問題とは思っていません。
ご自身の持論に対する反証に対する少々感情的な攻撃が、読者として不快な気持ちになるのです。

ここは坂本さんのブログですし、表現の自由はあるし、嫌なら見なければいいだけの話なのですが、ご自分が嫌悪されているような記事の書き方を坂本さんご自身がされているようでちょっと気になるんです。

個人名を挙げて直接個人を非難するのは止めましょうよ。
その人ここにいないんですよ。
どうしても一言言いたいのであれば直接対談でもされて、それを記事にされたらどうでしょうか?

もし私が同じここのブロガーであったら、坂本さんの主張と反対の説を取り上げるのは怖くてできません。
だって罪人扱いされてしまうかもしれませんし。。。

坂本英樹

kitakazeさん、
"50mSv以下でも発がんします。"という表現と”100mSv以下でも比例的にリスクはある”という表現は全く違うものです。このことが御理解いただけないようなので、もう続ける意味が無いと思います。

"50mSv以下でも発がんします。"ということは、”50mSv以下でも放射線を受ければ確実に発がんします”ということであり、うけた放射線量に比例したリスクがある とはまったく違うことです。こんなうかつな見出しをつけるクロワッサン編集部とそれが分からない、方には繰り返し説明せねばならないのでしょうがあまり続ける意義もないかもしれません。

また、個人名を挙げることを躊躇されていますが、「生命科学者」と柳澤桂子氏は名乗られているのですから、その学説について批評を受ける覚悟があるはずです。科学を取って、「エッセイスト」と肩書きを変えたら、また違うのですけど。

Naoki_O

そっちは見ませんでしたが、そのメイン特集もまた凄い煽りですねw
ただ、それも価値観だからしかたないと言って良いのかどうか。
「体に良い」筈の何かも状況や用法用量によっては毒にもなるし、毒もまた薬になることもあります。また、「病は気から」と言うとおり、ヒトは気分だけで、程度の差はあれ、病気にも健康にもなれます。
そうした事実を正しく認識しないと、良かれと思ってした事が、逆の結果をもたらすことにもなりかねないわけで。
紙メディアは今でも大きな力を持っているのですから、そう言う責任感を持って欲しいとは思いますね。「偉い先生に聞く」だけではない検証方法があるのですから。「安心して心配」はできないと思いますけど。
ちなみに、見出しだけじゃなくて、近藤氏のゆってることも変で、突っ込みたくてしょうがないんですが、まぁ、やめときますw

ご参考

> 一方、柳澤説は、DNAの損傷は引き継がれるため遠い
> 将来の突然変異が起きると想定されています。

では、過去のDNA損傷は、いかがですか?

人になっても、100万年以上たっているのに、突然変異は
人間全員に起こっているのですか?

なお、突然変異は、進化の過程での重要なファクターであることは
ご存知かもしれません。

コメントを投稿する