オルタナティブ・ブログ > 酒井秀夫の「いろいろ」やってます! >

地域活性化+ビジネスの話が中心です。

将棋のお話(その2)

»

昨日の名人戦は、羽生名人が勝利し、
名人防衛致しました。
棋譜を見る限りは、あっさりとした勝負で、
羽生名人の完勝という感じですたね。
おめでとうございます。

で、昨日、何気なく書いた記事が、
梅田さんに取り上げられていただき、ちょっと恐縮なので、
もう一度、最近の将棋の話について、少し書きたいなと思います。

私が、また将棋に興味を持ち始めたきっかけは、渡辺竜王のブログ
ではないかと思います。(こちらこちらの記事参考)

トップ棋士が、自分の将棋の勝ち負けをほぼリアルタイムで
伝達し、解説をするブログ。
こんなに、質の高いものが見れるなんて、、、というわけで、
見続けているうちに、興味が再燃したということです。

自分が将棋に熱中していた小学生の頃は、
結果や解説については、月1回発売の雑誌(将棋世界等)と
新聞の将棋欄を見るしかなかった時代です。
どちらも、既に結果が分かった内容を追うものなので、ドキドキ感はなく、
「将棋の勉強」をするためのものだったように思います。

今や、タイトル戦はリアルタイムでネットで中継されます。
ブログを書く棋士も増えてきたため、
この棋士は、明日対局があるかどうかといったことも分かるので、
純粋に、ファンとなり、勝ち負けの応援ができます。
これが、ライトな将棋ファン(将棋を指すのではなく、見るだけのファン)を増やす
土壌になったのかなぁと思います。

今の将棋の世界は、新聞社さんがスポンサーになることで支えられています。
新聞社も厳しい時代に入っているので、将棋界も、
こういった新しいファン層を広げて、新しいビジネスを作っていかないと
いけないですよね。
個人的には、そういったビジネスを作る話は他の人に任せて、プロ棋士の方は
対局だけに専念できればいいなぁと思っています。
(私からすると、手の届かない天才の世界ですから。)

Comment(2)

コメント

いわぴー

酒井さま、御無沙汰しています。

梅田望夫さんの将棋ブログ拝見しました。また、週刊新潮の記事も拝見しましたよ。(すごいね。)

名人戦の感想はmixiの日記で載せていますので(ちょっと宣伝)、将棋界の話を。
ちょっと長文です。

ぼくも将棋をやりはじめて25年近くなってきたのですけれども、昔は、
・ 対局を楽しむ。(道場で指すとか、友達同士で指すとか。中には郵便将棋をやっている人もいました。)
・ 詰将棋、必至、次の一手を楽しむ。(無双、図巧に始まりスーパートライアルまで)
・ 観戦記などの文章を楽しむ。(山口瞳先生、倉島竹二郎さん、中平邦彦さん、福本和生さん、井口昭夫さん、加古さん、山田さんなど)
といった楽しみ方が主だったのではないかと思います。

 週刊将棋もあまり売ってなくて、勝った負けたの情報は、新聞のべた記事と将棋世界で知ることが多かったでしょうか。

 最近は、これらの楽しみ方に加えて、
・ 棋士のおやつや食事などの周辺環境を楽しむ。
(http://gesb4.hp.infoseek.co.jp/hiruyuuoyatsu/ とか結構面白いです。昔から加藤ピンさんのうな重伝説とかは聞いていたものの、これほどまでに凄いのか!!って感じ。)
・ ネット中継によって、リアルタイムで指し手の展開を楽しむ。(これまではNHK杯と早指戦しかなかったのが、タイトル戦はほとんどテレビ将棋みたいに生で楽しめる。)
といった楽しみ方が増えたのではないでしょうか。

 これまででも観戦記を楽しむ人は多くて、そういった人がライトな将棋ファン層を構成していたのだけれども、ネット中継やブログの普及で、ライトな層が更に拡大した、という印象です。
(渡辺明ブログはためになるけど妻の小言ブログも面白いですよ。)

 逆に、ライトな将棋ファンが拡大しているせいか、将棋にお金を落としてくれるファンというのは減っているように思います。
 毎月将棋世界を買っていますが、昇段コースの昇段者のリストとか、免状授与者のリストとか、以前の4分の1くらいになっちゃっているのをみると、免状の申請数も減っているのかなぁって想像するし、将棋連盟の出版物の編集が毎日コミュニケーションズに移行したと聞くと、こりゃ不振部門のリストラなのかなぁ、と想像したりしますし。

 道場も、将棋倶楽部24とかで無料で対局できるから、結構数は減っているように思われるし。
(一時将棋連盟道場の営業終了時間がかなり早くなったときがあって、とてもびっくりした。)

 棋戦の契約金も減っているものがあるようです。たとえば、棋聖戦は今やっている一次予選は、午前中1局、午後1局、といった感じで持ち時間を少なくしてやっています。囲碁の棋聖戦のタイトル料はアップしたみたいなのにねぇ、って感じです。

 だから、今後は、薄く広くファンの方からお金をとって、ビジネスにしていかないと、将棋もなかなか厳しいのではないかと思います。
 あと、将棋連盟は公益社団法人への移行を狙っているようなので、公益性を確保しながら商売しないといけない、という兼ね合いが難しいと思います。

 たとえば、
・ 今「名人戦棋譜速報」でやっているように、月500円くらいのお金をとってネット中継をみせるようにするか。(よっぽどコンテンツを充実させないとなかなかお客さんは集まらないと思う。2ちゃんねるもありますしね。)
・ ネット中継欄にバナー広告を入れる(これは柿木義一さんがそういうソフトを作ってくれれば可能)
・ タイトル保持者がもっと新聞社のためになるようなことをする(ミス別府が別府のお祭りとかに出てくるのと同じで、新聞社主催の購読者対象指導対局とか作ってもらって、そういうのに積極的に出るようにする。とか。)。
・ なにか新しいゲーム(どうぶつしょうぎとか)を開発して、ペアで売っていく。

くらいでしょうか。

 今は主に棋士によってビジネスの可能性が検討されているけれども、もっと幅広くいろいろな意見が出る場があってもいいのかもしれませんね。
 梅田さんの「シリコンバレーから将棋を観る」が、各国語への翻訳を自由にしたことで、新しい人の輪をつくって新しいものをうみだしたような、そんな動きができると面白いと思いますが・・・。

怡然

酒井さん
始めまして。
フューチャー今年の新入社員です。私は大分で4年間大学生活を送りました。
入社してから、御社を知っていて、とても親近感を感じました。
日々お忙しいと思いますが、もし上京する際にお時間がよろしかたっら、是非お会いにできれば幸いと思います。
宜しくお願いいたします。

コメントを投稿する