オルタナティブ・ブログ > In the looop >

海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

Facebook、パーソナライズされたファンページ推薦機能を実装

»

 
Facebookが新たな機能、おすすめファンページを実験的に開始した。

新機能ページのURLは こちら、すでに日本でも利用可能になっているが、言語を English に切り替えないとページは表示されないのでご注意を。ちなみに言語切り替えは最下段にある。

表示されるのは下記のようなページだ。

Save_image

アルゴリズムは公開されていないが、おそらく自分が所属するコミュニティ(友人関係に最も強く影響される他、個人の傾向、日本の傾向、全世界の傾向を元に算出されているように見える)において、人気のあるファンページを上から順番に並べているのではと推測される。またすでにファンになっているページは青枠がついている。

私への推薦ページとしては、トップにFacebook Japan、続いてWindows Phone()、Lagy Gaga、TechCrunch Japanとなっている。私に対するトップ7を調べてみると次のような傾向になっている。()内の前の数字は全世界、後の数字は私の友人内でのファン数を示している。

1位 Facebook Japan (39,028人、197人)
2位 Windows Phone (263,315人、1人)
3位 Lady Gaga (17,560,331人、44人)
4位 TechCrunch Japan (2,319人、182人)
5位 Selena Gomez (8,905,977人、0人)
6位 Our Mother of Perpetual Help (673,059人、0人)
7位 In the looop (1,190人、162人)

 
正直言って、2位、5位、6位あたりがなぜ上位に入っているのかわからない。また右上に国を切り替える機能があるが、それほど大きく入れ替わるわけではない。おそらくアルゴリズムはまだ実験中で、これから精度を上げていくのではないだろうか。

また右側にあるのが、私の友人で、私とファンが重なっている友人ランキングが表示されている。私の場合は、広告系アルファブログ「アドマン」でお馴染み、サイバーエージェントの渡邊大介さんと一番かぶっているようだ。ちなみに友人をクリックすると、共通でファンになっているページが表示される。

オルタナブロガーの大元隆志さんが指摘している(Facebookの作戦が、考えれば考える程素晴らしいと思う件)通り、ファンページは、ブランドがFacebook内外からアクセスを集める呼び込みマシンの機能をになっており、Facebookにとってはありがたい存在だ。ファンページとユーザーのキズナをより深める支援をすることは、Facebookにとっても理にかなったことなのだろう。
 
 

Bookmark and Share

記事裏話やイベント、講演スライドDL、バイラルムービー集など、Facebookファンページは こちら



【Facebook関連】

Googleに衝撃か。FacebookがLikeボタンに基づく新検索アルゴリズムを実験中 (9/6) 
Facebookは日本に普及するだろうか? (9/2) 
FacebookがローカルSNSを逆転する時 (8/2) 
Facebookが新たなキラーコンテンツ,"Questions"を正式アナウンス (7/29) 
AmazonがFacebookと連動,ソーシャル・リコメンデシーションを開始 (7/28) 
Facebook最新統計。MAU5億人,オープングラフ連係100万サイト (7/24) 
米国でのFacebook浸透率はついに70%、全国民参加メディアへ驀進中 (7/14) 
FacebookのLikeボタンは毎日30億回プッシュされている! (7/8) 
世界のSNSマップ最新版。Facebookが131ヵ国中111ヶ国でトップ (6/15) 
Facebook2010年売上予測は1300億円,うちCredit効果は315億円か (6/3) 


 

斉藤Twitter,ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
斉藤Facebook,友人申請はお気軽にどうぞ。 http://facebook.com/toru.saito

Facebookファンページ In the looop はこちら http://facebook.com/inthelooop
最新の筆者著書です。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する