オルタナティブ・ブログ > In the looop >

海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

ツイッター社によるワールドカップ総括。日本デンマーク戦が秒間ツイート3281回で世界最高記録

»

iPhone上のソーシャルゲームが熱いようだ。Twitter社から,自身のブログでワールドカップ期間のツイート状況まとめが発表された。

The 2010 World Cup: a Global Conversation (Twitter Blog)

 
Twitter_worldcup2010_timeline


Twitter社分析によるこのインフォグラフィクスはなかなか迫力がある。全体のツイートが背景にあり,その中でスペイン,オランダ,ブラジル,アメリカが関係した10試合における両国のツイート状況をわかりやすく色分けしてピックアップしている。

ちなみにTweet Sentiment(Twitter社発表ではない)による最新の国別ツイート分布はこちら。

Tweetsentiment

前半戦で目立っているのは黄緑系であらわされたブラジル,後半戦で波が大きくふれているのが赤系で表示されているスペインだ。特にスペインはそれほどツイッターが普及しているわけではない(上記ベスト10に入っていない)ので,一部ファンが相当な興奮状態にあったのだろう。

ツイッター利用者トップの米国ツイート(紺系)が非常におとなしいのも面白い。サッカー人口の少なさが一目瞭然だ。

そして誇らしいのは全シリーズを通じて,瞬間ツイート数でトップだったのが,日本-デンマーク戦の秒間3283回だ。タイミングは試合終了を告げるホイッスル直後。もちろん世界二位のツイート大国日本が支えているものだが,上記表を見るとデンマークが世界四位に入っており,両者のコラボレーションによる記録と言えるだろう。

なお,2010年ワールドカップ期間におけるTwitter社の総括は以下の通り。

  • ワールドカップ期間はツイッターの歴史上でも最大のイベントだった
  • 特に試合終了前15分間はツイート数が跳ね上がり,平均で2000TPS(秒間ツイート数)を記録した
  • この期間中,172ヶ国の人が27言語でツイートした
  • スペインのウイニングゴール(3051TPS)の瞬間には81ヶ国,23言語の人が同時ツイートしている

 

【Twitter関連】
ツイッターは 世界で最も急成長している検索エンジン - 1日8億回,2ヶ月で33%増加 (7/8) 
つ いに月次訪問者でツイッターがmixiを抜いた!さらにツイート数で米国を逆転か? (6/1) 
Twitter とFacebook,自社公表された最新統計値のまとめ (4/16) 

 
 

斉藤Twitter,ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
斉藤Facebook,友人申請はお気軽にどうぞ。 http://facebook.com/toru.saito

最新の筆者著書です。 『Twitter マーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する