オルタナティブ・ブログ > 小池良次の米国情報通信ブログ >

米国の通信業界を主体に、最新ITトレンドを追う

On Vox: FCCの新委員長にジュリアス・ゲナコウスキー氏

»

FCC委員長にジュリアス・ゲナコウスキー氏が内定したようだ。

同氏はオバマ・バイデン政権移行チームで共同リーダー(ポリシー作業グループの技術グループ)をつとめ、委員長候補の本命だった。
以前、リード・ハント元FCC委員長に仕え、彼を補佐している。

なかなかFCC委員長が決まらず、現FCC委員長のケビン・マーチン氏が2月17日に迫ったアナログ停波まで居残るのか?との噂もあった。その一方で、停波を数ヶ月先延ばしすべしとの移行チームの意見もでて混乱をきたしていいた。

                       
   
       
                
                        Kevin_atCES09                     
            
                            
           
   

延期の噂がでた先週、私はラスベガスでケビン・マーチン氏(写真左)の取材をしていたが「いまさら先送りは大混乱をおこすだけ」と彼は困惑顔だった。

しかし、ここに来てゲナコウスキー氏が決まったことで、FCC改革論は大きく進むだろうし、2月のアナログ停波も数ヶ月先延ばしになる可能性がでてきた。

いよいよFCCを舞台としたハイテク政策の覇権争いが本格化する。

小池良次(www.ryojikoike.com)

Originally posted on ryojikoike.vox.com

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する