オルタナティブ・ブログ > 小池良次の米国情報通信ブログ >

米国の通信業界を主体に、最新ITトレンドを追う

On Vox: 固定電話は、ついに割引プランから外れた!!

»

米通信業界2位のベライゾン(Verizon Communications、VZC)社が、来週、固定電話なしの割引プランを発表するそうだ。

AP通信が米東部時間13日に伝えた。

米国では、固定電話、テレビ、インターネットを組み合わせたトリプル・プレー戦争が続いてきた。その一方で、従来のアナログ固定電話をやめて、携帯だけにする世帯が増えてきた。こうした現実を受け入れ、Flex Double Playと言う割引プランをVZC社は出す。これは携帯電話とDSLあるいはFiOS TV(VZC社の光CATVサービス)を組み合わせた割引で、固定電話ははいっていない。

このパッケージは、現実を受け入れると言う意味合いもあるだろうが「固定電話は、そろそろ引退させよう」との意図も感じられる。電話会社にとって「高いメンテナンス費用が掛かる固定電話よりも、より平均利用額が多い携帯電話に誘導した方が、相対的にはコストダウンになる」というターニング・ポイントが近づいてきたのかも知れない。(←まだ数年先と思うが)

さて、こうなると固定電話、携帯電話、インターネットとそれぞれ別会社にしているNTTのような事業者は、難しい立場に立たされることになる。

いずれにせよ、VerizonのFlex Double Playは、ちょっと気になる割引プランだ。

 

なお、来週は電話業界の祭典、Nextcomの模様をラスベガスからお伝えします。

小池良次(www.ryojikoike.com)

Originally posted on ryojikoike.vox.com

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する