オルタナティブ・ブログ > 小池良次の米国情報通信ブログ >

米国の通信業界を主体に、最新ITトレンドを追う

On Vox: 息を吹き返す米国広域WiMAX建設プロジェクト、だが...

»

5月7日、米東部時間早朝、Sprint Nextel社はClearwire社とWiMAX事業の統合を発表した。SN社のWiMAX事業部をClearwire社に統合する一方、IntelやComcastなどから32億ドルのプライベート投資も集められた。事業継続会社はClearwire社で、株主承認、政府機関の審査が終わる来年春に、移行が完了する。

新規投資は、Comcast(CATV最大手)が10.5億ドル。Intelが10億ドル、Time Warner Cable(CATV2位)が5.5億ドル、Googleが5億ドル、Bright house(大手CATV)が1億ドルとなっている。

 

さてさて、これで破綻の縁にあった米国の広域WiMAX網建設プロジェクトは息を吹き返した。

しかし....

 

CATV3社は、AT&TやVerizon Communicationsとのトリプル・プレー/マルチ・プレー競争のために、モバイル網が必要だった。インテルはWiMAX搭載パソコンの普及に広域WiMAX網がどうしても欲しかった。Googleは次世代モバイル網ビジネスの多角化を狙っている。

Sprint Nextel社はこれでWiMAX投資の呪縛から逃れ、WiMAXベンチャーの夢をふくらませていたClearwire社は資金と電波免許を手に入れた。

これこそ「同床異夢」の集団。いまは八方丸く収まっているが、実際に事業を始めることになったら、各社の思惑がぶつかり合って動かなくなる可能性は極めて高い。LTEネットワーク建設を2010年以降に予定しているAT&T、Verizon Wireless社に先行するのは良いのだが、新生Clearwire社が、時限爆弾を抱えているように感じるのは僕だけだろうか?

 

小池良次(www.ryojikoike.com)

 

Originally posted on ryojikoike.vox.com

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する