オルタナティブ・ブログ > 小池良次の米国情報通信ブログ >

米国の通信業界を主体に、最新ITトレンドを追う

On Vox: ケーブルショーにマクネーリー氏、登場です。

»

 

いま、全米CATV業界の祭典ザ・ケーブル・ショー2008の取材で、ニューオリンズ・コンベンション・センターに来ています。

ショー2日目のゼネラル・パネルに、なんとスコット・マクネーリー氏(写真右から二番目)が登場しました。サンマイクロのCEOを辞めて会長に納まって以来、めっきり表にでてこなくなったマクネーリーさんです。懐かしいですね~。

なぜ、彼がケーブル・ショーに呼ばれたのか?

いま、米国ではTru2Wayという規格をオープン化して、CATV端末機器の開放と双方向サービスプラットフォームの統一化を進めています。このTru2WayのアプリケーションはJavaベース。そこでJavaコミュニティーを支援するサン・マイクロシステムズが、CATV業界で急に注目をあびたわけです。

久しぶりに間近に見るマクネーリー氏は相変わらずのジーンズ姿ですが、マイクロソフトの毒舌を吐いていた頃に比べると、今日は「借りてきた猫」状態で、静かなものです。

 

そろそろパネルディスカッションが終わりそうなので、ここで終わり。

小池良次@ニューオリンズNCTA

Originally posted on ryojikoike.vox.com

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する