オルタナティブ・ブログ > 小池良次の米国情報通信ブログ >

米国の通信業界を主体に、最新ITトレンドを追う

On Vox: 昔のInternet Expo、今のWeb2.0Expo

»

今日は、サンフランシスコで開催されたWeb2.0Expoに行ってきました。(原稿の締め切りに終われ最終日だけの参加となりました^^)

朝の講演はSun MicrosystemsのJonathan Schwartz CEO(写真左)とTim O'Reilly(同右)の対談。内容は、Schwartz氏のブログや同社がやっているクラウド・コンピューティング、ハイパワー・コンピューティング、ユーティリティー・コンピューティングなどの話。特に新しい発表もなく、聴衆へのメッセージもない「お手軽ばなし」に終始してました。

興味深いのは、初日に発表されたMicrosoft社のLive Mesh関連のセッションやプレゼンテーション。Meshと称していますが、通信分野のMesh Communicationとは関係ありません。内容はPCや各種ディバイスとのP2Pベースのファイル共有プログラムです。ベータ版ですから?今のところ各種ディバイスとして予定している携帯、STB、Gameコンソールにはのってません。

展示会場は、中小のネット系ビジネス・サイトのオンパレード。セッションを聴き、展示会場を歩いているうちに「この雰囲気は、なんか心当たりがあるな~」という気分。そう、数年前になくなってしまった“Internet Expo”の展示会場と同じ雰囲気、同じ内容なんです。

つまり、昔すごい人気を集めていたInternet Expoが、いまはWeb2.0Expoとなって復活したわけですね。

さて、来週はラスベガスでInterop(企業情報システム系の展示会)の取材です。

 

小池良次

www.ryojikoike.com)

Originally posted on ryojikoike.vox.com

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する