オルタナティブ・ブログ > 日本のITは世界を制す!? >

プロダクトマネジメントとイノベーション

Salesforce.comのビジネスモデルはうまくいくか?

»

ASPでCRMを提供するSalesforce.comは先ごろ、サーバアプリを自社用にカスタマイズできる言語、Apexを発表しました。

ASPで提供されるアプリケーションはカスタマイズに限界があり、それがユーザ企業全体への浸透を阻害してきたと言われています。したがって、サーバ側アプリを自在にカスタマイズできる言語を備えることで、そのハードルを超えようというものです。

たしかに、この発想と決断は素晴らしいもので、ASPのサービス品質をさらに高い位置に押し上げるものだと思います。非常に素晴らしいテクノロジーです。

ただ、私が思うに、エンドユーザから見たSalesforce.comの課題はそこではないのではないかと思います。それは、収益の7割を販売管理費に使ってしまう営業過多のビジネスモデルではないでしょうか。それによって、ライセンス費用が高いままになっています。

Rakuichirakuza_s 彼らの素晴らしいサービス品質は見習う点が多々ありますが、Matt Asayも言うように、もう一歩踏み出せたらP/Lもスリムになり、もっと面白いサイクルが回せるようにも思います。弊社はその面白いサイクルをもうすぐ日本で展開しようとしています。お楽しみに!

Comment(2)

コメント

ichihara

今の会社がSalesforceを営業で使っているようで、
ここにたどり着きました。
お久しぶりです、JDEではお世話になりました。

流れ流れて、今は、メリーランド州のボルチモアに住んでいます。

内田さんは相変わらず活躍されているようですね。
ではまた。

市原さん、
ご無沙汰です。まだ米国におられましたか!
コメントもらって大変嬉しいです。ぜひ情報交換しましょう。

コメントを投稿する