オルタナティブ・ブログ > 日本のITは世界を制す!? >

プロダクトマネジメントとイノベーション

頑張れNTT、「ひかり電話」は希望の星だ!

»

徳光和夫さんの箱根駅伝の応援のようなタイトルになってしまいましたが、今回はテクノロジーマネジメントの話題です。昨今、NTT西で相次いで「ひかり電話」が繋がりにくくなるトラブルが発生しました。

報道によれば、サーバの容量やソフトウェアの設計(仕様)に問題があったそうで、ほどなく改善され、安定しつつあるようです。

Ftth 日本のブロードバンドは世界一安く、それに伴い、FTTH利用世帯数も何と世界一です。しかも、他の国にまったく例がないほどのダントツですから、通信の分野において、「日本は世界で最も早く未来を体験している」といえます。ちなみに左図は総務省の「次世代ブロードバンド構想2010」が出典で、H17年3月時点のものですが、同年末には加入者は倍増の勢いです。

そうなると、おそらく、FTTH網を利用したIP電話の利用者数も世界一でしょう。NTT東西はこのような「近未来」世界のインフラをいち早く展開し、その課題に直面しつつ、着実に解決しているわけです。

特に特定のキャリアの肩を持つわけではありませんが、このような通信技術のノウハウは世界で唯一、日本が持っているともいえます。ぜひこのノウハウを世界へ輸出すべく、多少のトラブルがあっても引き下がることなく、どんどんチャレンジして頂きたいと思います。

Comment(7)

コメント

こんにちは。
おっしゃる通りです。光のインフラにしても、携帯のインフラにしても、日本は世界に先例がない状況をひた走っているわけですから、予期せぬ障害に遭遇してもひるまないことが大事だと思います。「課題先進国なのだから」ぐらいの態度でいるのが正しいと思います。

はじめまして。

おっしゃることは理解できますが、今回の通話障害では
想像以上に多くの方々が悪影響を受けました。

そのため
>多少のトラブルがあっても・・・
というような、安易な気持ちで導入して欲しくないのです。
「でんわ」は生活に必須のインフラです。人間の作ったも
のですから、「絶対」ということはありませんが、こと生活
に大きく関わるインフラについては、「トラブルはゼロ」を
目指して研究開発に邁進してほしいものだと思っております。

ココネ

NTTは焦って顧客を無視している
メタル回線は開放義務があり、ソフトバンクテレコムのおとくラインやKDDIのメタルプラスに取られるが、現在 光回線は開放せず独占的に営業できるため、技術的に信頼が持てないひかりを進めまくって、今回のトラブルは当然である様に感じています、さらにNTTの代理店の詐欺的営業にもあきれます、
突然事務所にNTTのメンテナンス会社ですと電話が有り、当社のビジネスホンの型番を聞くなり、お宅の地域は光化されますので、今お使いのビジネスホンは使えなくなります、今なら工事費無料で光に替えれます、とウソを並べ立て ビジネスホンを高いリース契約を迫りまくる会社は信用できません

デミアンさん、
おっしゃる通りで、電話は旧来(といってもまだ立派に存在しますが)の固定電話の時代から既に社会インフラであり、一本の電話が通じないことが命取りになることもあるでしょう。そんなに重要なインフラであるからこそ、どんどん前向きに取り組んで頂きたいと思います。日本以外にノウハウはないのですから、日本が解決しない限りなんともなりません。

kondo

前向きに取り組むことは大事ですが、今回の件はNTTの怠慢という気がしてなりません。ノウハウが無いからこそ、生活インフラであるからこそ慎重に事業を行って欲しかったというのが正直なところです。
利用者数の増加に対して設備の処理能力は足りているか、それすらまともに試算できないのか。しかもNTT東で同じような(厳密には違うのかもしれませんが)トラブルが起きたばかりです。もっとも起きてしまったことはもう仕方ないのでこれからNTTが失われた信頼をどうやって取り戻すのか見守りたいと思います。

yari

NTT代理店は、不正が多すぎます。
代理店は、丸紅テレコムの代理店は、契約だけあげさせて、
契約解除に人を落とし込み、支払いを拒否している。
9月に開通案件に対しても、半年たっても支払いはされないため、おかしいと感じております。
茨城の有限R社は、最低です。

yari

NTT代理店は、不正が多すぎます。
代理店は、丸紅テレコムの代理店は、契約だけあげさせて、
契約解除に人を落とし込み、支払いを拒否している。
9月に開通案件に対しても、半年たっても支払いはされないため、おかしいと感じております。
茨城の有限R社は、最低です。

コメントを投稿する