オルタナティブ・ブログ > Alternative 笑門来福 >

ソフトウェアは私たちに幸福をもたらすことができるのか

Viper Night

»

060707vipernight037200 「Viper Night」というイベントが表参道で開催されました。Jazzあり、トークショーありの1時間。

 意外に感じる人もいるかもしれませんが、これはIBMが主催したDB2 Viperの出荷にあたってIBMのDB2パートナーを集めたイベントです。すでに報道されているようにDB2 ViperはXML Native + RDBのハイブリッド型データベースで、大きな注目を集めています。

 このイベントで、乾杯の挨拶を頼まれて次のような主旨ことを話しました。「うちの商品もXMLだけをやっていたときは花開かず、その後XMLだけでなく既存のシステムのデータも取り扱えるようにしたところから売れはじめて国産EAIでNo.1のシェアとなった。これまでのXMLデータベースはXMLだけだったが、XMLだけでなく既存のシステムで使うRDBとハイブリッドにしたことで新しい世界が開けることを期待している。」

 これまで、正直に言ってXMLネイティブデータベースはまだまだメジャーな存在とはなりきれていませんでしたが、「ハイブリッド」という新しいアプローチによってXMLデータベースの用途開拓が進み、他社のXMLデータベースも含めてXMLデータベース自体の市場拡大になればと思います。

 ちなみに、XMLネイティブデータベースはどういう製品があるのでしょう?以下のいくつを知っていますか?ベンダー名まで言えますか?(笑)

  • DB2 Viper
  • EsTerra
  • eXist (Open Source)
  • Karearea
  • Luxeon
  • NeoCore
  • Shunsaku
  • Tamino
  • TX1
  • Xpriori (Free)
  • Xindice (Open Source)
  • Yggdrasill (Open Source)

 ちなみに、渡邉事業部長の挨拶で「今日は『七夕』、ASTERIAはギリシャ語で『星座』の意味ということで、今日この夜にViperのイベントを行うことも何かの縁」と言っていただき、ASTERIAの意味までご存知いただいていたことを大変うれしく思いました。

[写真提供] ジャストシステム澤崎さん

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する