オルタナティブ・ブログ > テクノロジーと希望 >

開けてしまったらあふれ出すテクノロジー。そこには希望が残っていた!

あけましておめでとうございます

»

2010年になりましたね。

私をIBMに導いた、映画「2001年宇宙の旅」の続編だった、映画「2010年」。その年になりました。

2010年では、宇宙船ディスカバリー号に搭載されたHALの修理のために調査に同行させられるドクター・チャンドラが木星に行きます。まだ人間は、地球からまったく出られてませんね・・。

昨年はいろいろあって、いろいろなことを見直す年でした。今年、5月になるとエバンジェリスト10年です。そういった意味でも、今年は切り替えの年となりそうです。

2010年のブルーレイを買おうかと思っていたのですが、これからオンデマンドで観てみようかと思っています。画質がそれなりなら、買う必要ないかも。

「尊敬するひとは?」

ドクター・チャンドラです。フィクションですけどね。いーんですよ。私の夢そのものがフィクションなので。

もう人生の残りを消化する年代に入ってきました。今年から、もう少し自分の夢のために生きたいと思います。そのためのITテクノロジーのために活動したいと思っています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する