オルタナティブ・ブログ > 学びの体験を創造する ~ セミナー事務局考 >

簡単そうで意外と細かい手順と心配りが必要な「事務局」。ビジネスセミナー、周年パーティ、小規模勉強会からPTAイベントまで、事務局の現場から、企画からスムーズな運営、場づくりの失敗と成功を紹介します。

ソーシャルメディアとビジネスの幸せな関係

»

最近「ソーシャルメディアはビジネスに効果があるか」というテーマの座談会を2件企画し、同席をしました。一方は、関西系のテーマパークのマーケティング担当者、もう一方は老舗の映画会社の広報担当者です。


いずれも最初に「現段階ではソーシャルメディアはビジネス的な効果がない」とばっさり。


この2社にとっての効果はいずれも「来場者数が増えたかどうか」ということ。短期間で多くの人に知ってもらい来場を促進するのは、やはり万単位の人にリーチする「マスメディア」が効果的だといいます。


ただし、決して2社ともソーシャルメディアに取り組まずに「効果がない」「今後もない」と話しているのではなく、取り組んだり、競合他社を調査した中における「現時点」での話をしています。


例えば、全国でロードショーする映画は、映画館まで足を運んでもらうためには、テレビなどマスメディアでの宣伝は必須で、ソーシャルメディアがきっかけで映画を見に来たというケースは割合としてまだまだ少ない。しかし、全ての映画に効果がないということではなく、単館ロードショーをするような小規模な映画館は、その箱(映画館)自体にファンがついているので、ファンとより深い関係性をきずいたり、イベントを告知するのはソーシャルメディアが力を発揮するとのこと。


映画クーポン共同購入サイト「ドリパス」では、映画館と映画を組み合わせた企画を提案し、一定人数に達したら上映します。そこで上映が決定する映画は、やはり映画館と映画の内容がフィットしているものだといいます。


映画会社の方は「映画やキャラクターで結局ヒットするのは、自社が費用をかけて心血注いだ作品。ソーシャルメディアというツールに追いかけられずに、何を伝えたいかをしっかり考えることが大切」と話します。


多くの企業が、ソーシャルメディアに対して試行錯誤しながら取り組んでいます。すぐに成果がでるものではないけれども、始めてしまうと人件費もろもろ結構コストがかかります。そして、はじめないとその特徴やメリット・デメリットはわからないソーシャル。迷ったら先人の知恵を借りる。先に取り組んでいる人の話を聞いてしまいましょう。


ということで、opnlab で企画したセミナーの紹介になりますが。


6月23日に、東映の経営戦略に携わる松本拓也氏が、東映のトリプルメディア戦略について語るセミナーがあります。冷静に現状をみながら、「ものを作る」企業として、どのように「マス」や「ソーシャル」のバランスをとって情報を外へ発信し、そして中の人(社内の人)たちとも会社のミッションを共有していくか、などをお話いただきます。率直で楽しい人柄で、なおかつスイーツ番長でもあります。(セミナーではスイーツの話はありません)


ツール活用から、コンテキスト伝達の時代へ 

「BtoC企業の戦略的トリプルメディア活用」

日程:6月23日、参加費:無料

https://www.ashisuto.jp/seminar/?id=5932



***
株式会社オプンラボ 小林利恵子
http://www.opnlab.com
ビジネスパーソン向けのゆるやかな食事会やカジュアルな勉強会を開催
http://corporate.opnlab.com/ (コーポレートサイト)
企業向けの広報的なセミナー・イベントの企画・運営をお手伝い


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する