オルタナティブ・ブログ > 路の上で >

日頃考えていることをぽちぽち書きます。

ロボホンに付き合う人は?

»

シャープ、ロボット電話「ロボホン」を5月26日に発売――価格は19万8000円

この製品、前から野次馬的には面白く思っていましたが、ついに正式発表されました。それにしても高い。さらに月額980円も必要とは。ロボホンを買う人は、金を支払ってシャープの技術完成度向上に貢献するわけです。これを買う人は、そんなことは十分に分かって、面白いから買うのでしょうけど。

デモの映像を見る限りは、音声は非常に自然でした。すごいとは思いますが、なんで電話なんでしょう。通信機能が必要なのはわかりますが、携帯電話機としてはありえない形状と大きさです。「ココロ、動く電話」ですか。機能に適合した形状ではありません。

エモパーと言い、最近のシャープのやっていることは謎です。確かに突き詰めればすごい技術になると思いますが、今の経営状態で会社としてやるべき事業でしょうか。医療事業を売ってしまった東芝も同じですが、集中すべき事業を間違っている感じがします。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する