オルタナティブ・ブログ > 路の上で >

日頃考えていることをぽちぽち書きます。

SwiftyでSwiftを勉強

»

iOSのアプリを開発できるようになろうと思って何年も経ってしまいました。その間に環境がどんどん変わります。
最近の最も大きな変化は開発言語のSwiftの登場。The Swift Programming Languageを読んで、ゆったりと勉強していると、Swiftもどんどん進化して、既に2.1。
ここしばらく時間が取れず何もしていませんでしたが、これではいかんと再開。
以前入手していたSwiftyというアプリを試すことにしました。

Swiftyは、ステップを追ってプログラミング言語の基本からインタラクティブに教えてくれます。したがって、CやJavaを知っている人には最初は物足りないはず。
最初の章のみ無料で、全てを学習するにはApp内課金(今は360円)の支払いが必要ですが、僕は徐々に進めてきて、今はFunctions。この後、Classes、Structs、Optionals、Enums、Closuresと続きます。
真面目に言語仕様を読んでいても終わらないので、この程度にしておいて、次はiOSの方に移り、さっさとアプリ開発を試す方がいいのかもしれないですね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する