オルタナティブ・ブログ > 路の上で >

日頃考えていることをぽちぽち書きます。

Apple Watchが届いてしまった

»

使い道が思いつかないものの、興味はあったので、Apple Watch (以降は長いのでWatchと省略)の予約開始4月10日深夜にApple Storeを見ました。すると、既に6月の発送予定なので、他の人の評判を見てからキャンセルも可能と予約したところ、24日の発売開始日に届いてしまいました。

用途は思いついていませんが、届いてしまったものは確認します。普段オフにしていたiPhoneのBluetoothをオンにする必要があるのは、バッテリーのもちが気になりますが、この2日間では差はよくわからず。
僕は右利きですが、左腕には普通の腕時計をつけるかもしれないと思い、Watchを右腕につけています。すると、右腕にこのようなものをつけるのが慣れていないためか、いきなり柱に当てて、少し傷がつきました。
腕の位置によって、WatchのディスプレイがON/OFFされる機能はよく働きます。試しに、寝転がった状態で試したら、当然ながら駄目でした。

ペアリング後、iPhoneにはアクティビティAppが出てきて、Watchで取得した活動状況をiPhoneでも確認できます。
歩数はiPhoneでもWatchでもカウントするので、どのような関係になるかと思ったら...
iPhoneアプリで見れる歩数 < Watch (アクティビティApp)の歩数 <= ヘルスケアAppの歩数
になりました。WatchとヘルスケアAppの差はわずかでしたが、iPhoneアプリとは大きく違い、iPhoneアプリの取得では、Watchのみでカウントされた歩数は足されないようです。

iPhoneへの通知がWatchにも通知されますが、僕は外にいる時はiPhoneを尻ポケットに入れているため、出すことは容易です。一方、Watchは通知を一気に確認する手段が無いようで、面倒です。また、この2日間で通知が頻繁に届いた、InstagramとYahoo!乗換案内は、Watchで通知を見ても、iPhoneの方の通知が残ったままで、便利さがいまひとつ。
[2015/4/28追記]今日、通知を操作した時は、Watchで通知を見るとiPhoneからは消え、逆も同じでした。これなら問題ありませんが、土日にうまくいかなかった理由は不明です。[追記終了]

iPhoneのリモートコントローラーとして使うのは便利かと思い、いくつか試しましたが、Watch側のAppの起動に時間がかかることがあり、iPhoneで操作するほうが確実です。

今は文字盤を以下のように設定しています。フルに使った初日である25日は夜の時点でバッテリーは50%近く残っていて、問題なし。
my watch

総括すると、今の所、活動状況を記録するくらいしか用途が見つかっていません。意味もなく予約してしまった自分の間抜けを反省しつつ、平日には変化があることを期待しましょう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する