オルタナティブ・ブログ > Chris Dingの思惑ブログ >

Think Smart/ do what computers do not

インサイドセールス:“コーヒーを飲ませよ”

»

米リサーチ会社のAberdeen Groupが「Inside Sales Enablement:Let Them Drink Coffee!」というタイトルの企業のインサイドセールス実態調査レポートを発表した。

調査レポートによると、販売業績でトップクラスに居座る企業は、フィールドセールスへのインサイドセールスからより高品質なリード情報が供給されている。そして、インサイドセールスによる効率的なサポート及びエネーブルテクノロジー(Enabling Technology)の採用が必需だとされている。

調査レポートは、エネーブルテクノロジーの一つは、ライブチャットであるとしている。ライブチャットの利用状況について、トップクラス(Best-in-Class)企業の利用率は29%、調査対象企業の平均利用率は20%であり、出遅れの企業(Laggards)の18%にとどまっている。

フィールディングセールスだけではなく、インサイドセールスも重視すべき(コーヒーを飲みながらにしてチャットで顧客対応してもよい?)という見解のようである。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する