オルタナティブ・ブログ > Chris Dingの思惑ブログ >

Think Smart/ do what computers do not

ソフトウェア開発はサービス業なのか、製造業なのか

»

書店で新装刊の「月間アスキー」を見かけ、手にしてみたらびっくり。シリコンバレーにいた時に勤めた会社の社長の原丈人さんのロングインタビューが新装刊スペシャルとして掲載されていた。

インタビューの主旨は次世代IT技術への展望だったが、私が興味を持っていたのは、原さんのIT企業への定義。「IT企業とは情報通信技術の開発をする会社で、目に見えない知財を開発し製造する企業」。原さんは、日本にIT企業が非常に少なく、楽天やソフトバンクはIT技術を使ってサービスを提供している企業で、あくまでもサービス企業であることにすぎないという。

自分はいつも、ソフトウェア開発は、製造業なのか、サービス業なのか、考えている。オンサイト開発の時、技術者を派遣するのでサービス業で、中国でオフショア開発する場合、完成品を日本に届けるので、製造業に近いと思ったりする。当然、ソフトウェア製品を作る会社は製造業であることが間違いない。

Comment(3)

コメント

mohno

> 原丈人さん
おお。(前の勤務先の元出資者だった関係で)一度だけお会いしたことがあります。「IT企業」の定義は同感ですね。楽天やソフトバンクが知財を開発していないのか、という点はやや疑問もありますが。
> 月間アスキー
入手してないけど、まだあるかな・・・“月刊”アスキー:-)

chris ding

楽天やソフトバンクが知財を開発しているかも知れませんが、事業全体に占める比率は低いでしょう。

コメントを投稿する