オルタナティブ・ブログ > 普通のおじさんとソーシャルメディア。 >

小さな会社のウェブマスターがパーソナルブランディングについてごにょります。

【読んでみた】あなたは残念な人になってないか?『悩めるリーダーの羅針盤』

»

早川書房さんより、ご本をいただきました。ありがとうございます。

同い年、美崎栄一郎さんの新しい本。

130513_12_09_55s

リーダー論の本ですね。美崎さんの本なので、「論」というか、「リーダー術」のほうがしっくり来るかもしれません。
短くて、グサっとくるTIPSが、いつものようにオンパレードです。

実はわたくし自身、41にもなってこれまでリーダー経験が一度もなく、これから先も部下をたくさん率いてリーダーシップを発揮!というイメージがまったくないので、実体験からの偉そうなことは一言も言えないのですが、やはり優れたリーダーの一番の条件は、「燃える集団」を作れるかどうかだと考えます。
無理やりやらされている仕事ではなく、また単にお金のための仕事でもなく、チームのベクトルがひとつになって、真の目的に向かってアツく邁進する、そんな部下を率いることのできる人が、「リーダー」だと思うのです。

そのあたり、第二章の「チームの力をアップするリーダー術」にありますね。
例えば、「認めて、任せる。」

どうすれば、部下が高いモチベーションを維持したまま、いい仕事をしてくれるのか?
先に申し上げましたように、わたくしはリーダーになったことがありませんので、部下としての経験しかないわけですが、今の職場ですと、とにかく好き勝手やらせてもらえていることに尽きますね。

渋谷の小さな文具店「つばめや」に転職してもう10年ちかくになりますが、以前の会社の元先輩である現社長は、わたくしのやることに関しては、一切口を出しません。
ものすごい我慢してくれていると思います。

入社当時なんて、毎日午前中いっぱいは、メルマガの原稿を書いていたりしましたからね。
元々はわたくしが社長に「これからは誰でも発信していく時代ですから、社長もメルマガくらい書いてくださいよ。」と提案したのですが、「いや、おれはそういうの苦手だから高木がやってくれれば。」ということで未知の分野に踏み込むことになったのです。

それで、いざ書くことになったら、わたくしも初めてで慣れないものですから、とにかく時間がかかるわけです。
でも、自分が「高木に任せる」と言った手前、絶対に口出しはしないということを、今のいままで頑なに守っているのです。

時は流れ、発信の手段はブログになり、さらにはソーシャルメディア全盛の昨今ですが、振り返って見れば、コツコツと書きためたメルマガやブログから何冊も書籍が生まれつばめや主催の大きなイベントもできるようになり、小さな会社のブランディングとしては、おかげさまでまあまあのところへ位置しているのではないかと思います。

しかし、仕事に関して、すぐ結果の出るものしか評価しない上司なら、まずこんな好き勝手はさせることはできないでしょう。

もちろん、部下の中にはわたくしのように「新しい仕事を作る」のが好きな人間もいれば、「与えられた業務を緻密にこなす」のが得意な人もいるでしょう。
適材適所と言ってしまえば簡単ですが、それを的確に見抜き、思い切って任せること。これは現代的なリーダーに、一番必要な資質なのではないかと、個人的には思っています。

あ、そういえば第三章「ソーシャルメディアを使えるリーダーだけが生き残る」の最後に、恐ろしいことが書いてありました。

(かつて)パソコンやメールが使えないリーダーがいたときに、残念な感じを受けたかもしれませんが、他人ごとではありません。
これからの時代では、「ソーシャルメディア」というツールを使えないだけで、残念だと思われることになるのです。

うーん、ソーシャル禁止!の会社も多いとは思いますが、それは上の方が実際に自分では使いもせずに「得体のしれないものはダメ」ということで決められた可能性が高いと思います。
そんなことしている間に、有能な社員がソーシャル文化から取り残されてしまう危険性、これをどうお考えなのかな?と思ったり。

以前の会社の同期のみんなも、もうそろそろ課長職など現場のリーダーになっている頃ですねー。
今度同期会があったら、このあたりのこといろいろ聞いてみよう。

さて、そしてこの美崎さんにご出演いただくイベントがこちら。
何と、朝活を映画館(有楽町マリオン)でやってしまおうという、画期的な試みです。今週4日間連続で、毎日、美崎さんと小山龍介さんが刺激的なトークムービーを展開します。
わたくしも主催の東京朝活読書会(通称「エビカツ」)のメンバーとしてほぼ毎日会場に詰めますので、ご興味ある方はぜひ足をお運びくださいませ。m(_ _)m

Iventcover130514_17_02

>>【小山龍介×美崎栄一郎対談】アナタの生産性を9倍上げる!仕事と生活の「設計」を劇的に進化させるワークライフデザイン エビカツby FILM METHOD
(フェイスブックイベントページ)

悩めるリーダーの羅針盤 (ハヤカワ・ノンフィクション)

        美崎栄一郎 早川書房 2013-04-10
        売り上げランキング : 110859
by ヨメレバ

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する