オルタナティブ・ブログ > 普通のおじさんとソーシャルメディア。 >

小さな会社のウェブマスターがパーソナルブランディングについてごにょります。

【初体験】出版社さんから絶版決定のご連絡をいただきました。

»

単著では最新刊になっております、2011年12月に秀和システムさんから出していただきました、「営業いらずのソーシャルメディア人脈術」がもうすぐ絶版になると、担当の編集者さんから連絡がありました。

絶版の通知というのは、生まれて初めてであります。((((;゜Д゜)))。

しかもまだ一年ちょっとでの結論。
まぁ、このご時世ですし、経営方針がそういう方向性(データでカツカツと判断していく)なのだと思いますので、それは仕方ないのですが、ぶっちゃけ「君の本はあんまし売れる見込みがないから、手を離します。」ということですので、やはりショックです。

逆に言えば、売れない本を書いてしまった、もしくはPRがうまくできなかった自分に情けなくなるのと同時に、出版社さんに申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまうのですが、具体的には、

・当然ですが今後の増刷はありえない。
・返品で戻ってきたものも、どんどん断裁処理してしまう。

ということになるのだそうです。全国に配本されているこの青い本、売り場の担当者さんが「もうそろそろ返品だな」と判断した瞬間に、この世からなきものになっていくのです。(TOT)

好きな人、いい仕事だけを引き寄せる!営業いらずのソーシャルメディア人脈術

高木 芳紀 秀和システム 2011-12-07
売り上げランキング : 16444
by ヨメレバ

なんだかセンチメンタルになってしまいますが、前向きに捉えれば、悪いことばかりではありません。著者に絶版の通知をすることで、版元さんの出版権は消滅するわけで、他社から刊行することが可能になります。

今でしたら、電子出版ですよね。
親切に編集者さんが教えてくださいました。

●他社からの刊行について
絶版後(絶版通知記載の日付以降)は弊社での出版権は消滅いたしますので、著者様ご判断での電子化等は可能です。

なお、本書刊行時に掲載許諾を得た取材箇所やインタビュー相手に関し、別の書籍として刊行する場合は再度掲載許可を得る必要があります。

また、絶版後も市中在庫として弊社版の書籍がしばらく販売される可能性がありますことを予めご留意ください。

こんな機会もめったにあることではありませんのでね、この機会に電子化というのにチャレンジしてみようかと!(←急に元気になってきたw。)

最終的なテキスト原稿を持っていませんので、そのあたりスキャン+OCRでどうにかなるのかなど、いろいろ調べていくことはたくさんありますが、出版後にいろいろ手直ししたかった部分や、他にも書きたかったことなど足しながら、楽しんでやってみようと思います。

あ、ネット書店さんでもこれから順次(新品は)買えなくなりますので、もし、もしご興味ある方はこの機会にお求めくださいませ。(この機会って!)

好きな人、いい仕事だけを引き寄せる!営業いらずのソーシャルメディア人脈術

高木 芳紀 秀和システム 2011-12-07
売り上げランキング : 16444
by ヨメレバ

Comment(8)

コメント

TanakaJunko

昭和な田中です。こんにちは。私も数年前絶版になった経験があります。初版絶版。その際、在庫を調べていただき、残っていた20数冊を全部自分で買い取りました。そして、大切にし、大切な人にちょっとずつプレゼントしています。わが子のようなものなので、破棄されるのが忍びなかったからです。まだ手に入るなら、ご自分で買っておく、という手もありますよ♪

>昭和の田中さん

コメントありがとうございます。
わたくしも講演先などで販売の機会はありますので、そこそこ買っておかねばと考えております。自分が思っていたより売れていなくて、やはり悲しいっす。
(いい本だと思うんですけどねー。やはり徹底的に地味なのかなーわたくしって。)

ふるかわゆいこ

ええええええっっっ??? 早すぎないですか? しかも、断裁じゃなく、「絶版」……。担当した本で、絶版はまだ経験したことがないですが、激しくショックを受けますね……>< 電子書籍でリトライです!!(版元に入稿時の最終データ残っていないんですか?)

私など何冊絶版になったことやら・・・
まあ、ビジネスですからね。仕方ありませんよね。。
でも、結構絶版になってから高値で新古品や中古品を売る業者もいるようで、しかもたまに売れているみたいで、思わず私も自分の本をプレミア価格で売ろうかと冗談で出版社の担当さんに話したら「それはやめて」と言われました。まあ、著者割引で買って転売はルール違反ですしね(^^)

>ふるかわさん

コメントありがとうございます。
会社の方針ですので仕方ないですね。上場目指しているとか聞いたこともありますので、シビアな経営は当然です。
でも、編集者さんとすごくがんばって作りましたので、「紙の流通ではあかんかったけど、電子出版ではこんだけ売れました!」って恩返しの報告したいんですよねー。
でも最終データはさすがにもらえないだろうなぁ、、、

>小俣社長

コメントありがとうございます。
「著者割引で買って転売はルール違反」
これは知りませんでした。講演などされる方の多くが(わたくしも含めて)講演会場で書籍を販売する場合はそうしていると思っていました。
どうしたものか、、、
(「講演用に手持ちが欲しい」旨、編集者さんに伝えましたら、「早めに注文していただければ~」というお返事いただいたので、むしろ在庫減らす意味でもウェルカムかと思っておりました。)
まだまだ知らない慣習がありそうです。(^^ゞ

すみません、転売はルール違反と言われたわけではないのですが、絶版になってそれを高値に売るのは駄目と言われました。。
講演の際の販売などは、大抵出版社か書店が担当している気がします(私の時はそうだったと思います)。
ということで、個人的に、著者割引で購入したものはプレゼント用(儲けては駄目)と勝手に解釈してました。
いずれにしても、ちゃんと確認してから進めれば大丈夫ですね!

>小俣社長

お返事ありがとうございます。絶版だからといって高値に釣り上げるのは確かにアカン警察認定ですねw。
わたくし程度の著者ですと、出版社の営業さんも書店さんも来てくれませんので、演歌のごとく手売りをしております。(しかもお釣りが面倒なので消費税カットで安く売ったりして)
再度確認して、在庫確保したいと思います。m(_ _)m

コメントを投稿する