オルタナティブ・ブログ > 新倉茂彦の情報セキュリティAtoZ >

~攻撃は最大の防御なり~正解のない対策を斜めから斬る

迷い箸ならぬ、迷いマウス&クリックの解決方法がイマイチしっくりこない

»

最近インターネットを見ていると、コンテンツが豊富になったというか、魅力的なものが増えたというか。。。迷うのです。アレも見たいし、コレも見たいと・・・手の動き(マウス&クリック)と、脳みその回転があわないのです(笑)

結果として、迷い箸のような動きになっている。これヤバイです。私だけなのでしょうか?こういうのって、誰に聞けばいいのですかね?この挙動が自分でもアヤシイと思うのです(自爆)

この迷いマウスですが、迷ったままにリンクを辿ると、迷った前に行きたかった場所すら忘れてしまうのです。見たページから更に深くなっていくと、そこはもう・・・樹海のようなとこ。

この、見たい興味のあるものが、ページを開いた瞬間に何個も目に入って来るのです。フォトリーディングはやったことがないですが、同じ感じと思います。

しかし、見られるページも記憶も、そんなに多くないので、色々と考えました。

たどり着いた答えは、タブブラウザで別なタブで開いていく!ことでした。これ、とても快適だったのですが。。。開きすぎに注意!でした(笑)

Firefoxが、やたらと重く、度々に落ちるのです。原因は便利な拡張機能の入れすぎと、タブの開きすぎです。タブが常時50-60個開いているのです。もう病的な状態です。同じページが数個あったりしてます。

これ、インターネットエクスプローラの6など、タブになる前のブラウザだったら、絶対に落ちるのはわかるの(ある意味ブラウザクラッシャーと同じ)ですが、一つのウィンドウの中にあるタブだと、どうもそんな気がしないのです。同じはずなんですけどね。

より絞ったインターネットを心がけているのですが、どうもムリなようです(爆)

Comment(4)

コメント

冗句にはなりませんが、
マジメにお答えしますと。。。

小生は新倉さんと正反対で、
何でもすぐにウィンドウを閉じてしまうクセがあります。
昔、会社のWindows3.1で「コントロールパネル」もフォルダーごと捨ててしまい、元に戻らなくなった経験があります。

ということで、
閉じたウィンドウに戻れなくて困る毎日ですが、
FireFoxなら「最近閉じたタブ」というメニューがありますから、とりあえず閉じまくって、必要な時に復元する。
これが正解!

JRXさん、コメントありがとうございます。

>何でもすぐにウィンドウを閉じてしまうクセ
これ、エクセルなどで保存しなきゃならないのに、ついリズムにのってEnterキーをポンポンと押してしまい、とんでもないことになった記憶があります。

>FireFoxなら「最近閉じたタブ」
なるほど!確かにあります。が、私には必要ないものと思っていました。「最近開いたタブ」ないですかねぇ・・・って、そのまんま、ブラウザに表示されてました(自爆)

ハム

私はSleipnirを普段つかっているのですが、ナビゲーションロックを活用してます。(FirefoxならTab Mix Plusについてくるタブをロック機能ですね。)
あれをオンにしておくとリンクを片っ端から別窓で開いていくので、気になったものは片っ端からひらいていきます。
タブだらけになりますが、嫌でも目に入るのでお勧めですよ。

ハムさん、コメントありがとうございます。

>FirefoxならTab Mix Plusについてくるタブをロック機能
TabMixPlus使っています。便利ですね。ハムさんのやり方をしていたのですが。。。すべて別タブで開くとトンデモないことになってしまったので、今では手動で別タブを開いています。

>タブだらけになりますが、嫌でも目に入るのでお勧めですよ。
タブだらけになりました(笑)目に入る前に重くなり頻繁に落ちるようになっちゃいました。また動作が重くなった状態でタブを閉じるのが、まるで敵をインベーダーの名古屋撃ちしているような感じで。。。
そこそこの数のタブにしないと、つらいです。
まだまだ、使い方に改善の余地がありそうなので、探索してみます。

コメントを投稿する