オルタナティブ・ブログ > 新倉茂彦の情報セキュリティAtoZ >

~攻撃は最大の防御なり~正解のない対策を斜めから斬る

新倉 茂彦

新倉 茂彦

有限会社ティーシーニック 代表取締役 M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士 情報漏洩対策・情報セキュリティのコンサルティング、セキュリティ教育研修・演習の講師をしています。

プロフィール

イベントのコーディネーターを12年経験後、コンピュータネットワークセキュリティの論理的分野と物理的セキュリティ分野で経験を積み、リスクマネイジメントの視点から現在は情報漏洩対策、情報セキュリティ分野で活動中。

情報漏洩対策に独自思考と攻撃視点を持ち、攻める側の思考からセキュリティを徹底的に追求することで、必要な対策があると確信する。特に人的・非技術面から対策するコンサルティングと啓発セミナー活動を得意とする。
意識や行動に伴う「人のこころ」を仏教アプローチから研究し、情報セキュリティ対策に役立つ方法を常に模索すすることに没頭中。

有限会社ティーシーニック 【教育研修・セミナー・演習のご相談はこちら】

勉強&活動

文化の違いや宗教観、情報セキュリティと人のこころ・・・一見何のつながりもない中にぼんやりと、つながりが見え始めています。
最近は、東洋哲学をテーマに占い全般のお勉強をしています。奥深く広がりのあるところが面白いです。

研究テーマ:
多摩大学大学院:(2008)
・見えざる”情報監視人”「ミドルマン」とは何か ― ネット社会における”機密保持幻想”の解明 ―

高野山大学大学院:(2015)
・十住心思想の現代的実践 ― セルフマネジメントに生かす「こころ」の考察 ―

■ 情報セキュリティ啓発活動の一環として、振り込め詐欺防止「注意喚起標語」を無償提供中。